昆虫と自然 定期購読・最新号・バックナンバー

昆虫と自然の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

昆虫と自然雑誌の詳細です。


昆虫と自然の公式サイトへ
本・雑誌 昆虫と自然
本・雑誌内容 月刊「昆虫と自然」ニューサイエンス社 1966年4月創刊 月刊「昆虫と自然」は北隆館から1948年4月に創刊され,アマチュアの昆虫研究に大きな刺激となった雑誌「新昆虫」を継承した月刊誌です。蝶,甲虫をはじめとした昆虫の様々なトピックスに焦点をあて,昆虫の研究者,愛好者を含め,わが国昆虫界における影響は大きく,本誌の役割は高く評価されています。特集アドバイザー委員<荒谷邦雄(九州大学教授)・石井実(大阪府立大学名誉教授)・三枝豊平(九州大学名誉教授)・平井規央(大阪府立大学教授)・矢田脩(九州大学名誉教授)・吉富博之(愛媛大学准教授)>
本・雑誌内容詳細 特 集・昆虫館の現状と課題
The current state of the insectarium and problems

◆総論:昆虫館は60年間に何を示したか
 矢島 稔
 General remarks:What did insectarium make in 60 years?
 Minoru Yajima

◆オオムラサキ館の現状と課題
 向井 栄仁
 Current status and issues of the Ōmurasaki-kan
 Hideto Mukai

◆足立区生物園の取り組み
 関根 雅史
 Efforts of Adachi Park of Livingthings
 Masashi Sekine

◆胎内昆虫の家
 遠藤 正浩
 Introduction of Tainai Insect Museum
 Masahiro Endo

◆多摩動物公園昆虫園の概要
 秋川  貴子
 Overview of Insectarium, Tama Zoological Park
 Takako Akikawa

◆群馬県立ぐんま昆虫の森の現状と課題
 金杉 隆雄
 Current status and issues of Gunma Insect World
 Takao Kanasugi

◆里山の昆虫館
 跡部 治賢
 Satoyama Insectarium
 Jiken Atobe

◆人と虫が集まるいつもの場所
 北野 伸雄
 The usual place where insects and human can interact anytime
 Nobuo Kitano

◆石川県ふれあい昆虫館の展示と取り組み
 石川 卓弥
 About exhibition and initiative of the Ishikawa Insect Museum
 Takuya Ishikawa

◆橿原市昆虫館の30年と連携事業
 木村 史明
 30 years of the KCMI and the cooperative programs
 Fumiaki Kimura

◆箕面公園昆虫館の取り組み
 中峰 空
 Endeavor at MINOH PARK INSECT MUSEUM
 Hiroshi Nakamine

◆伊丹市昆虫館の概要と活動について
 奥山 清市
 About the Itami City Museum of Insects and its activities
 Seiichi Okuyama

◆広島市森林公園こんちゅう館
 藤井 智展
 Hiroshima City Forest Park Insectarium
 Tomohiro Fujii

◆『私たちの役割』大淀川学習館
 日髙 謙次
 『Our role』 OYODO RIVER LEARNING CENTER
 Kenji Hidaka

◆日本最西端にあるアヤミハビル館
 杉本 美華
 Ayamihabiru-Kan Museum at the westernmost position of Japan
 Mika Sugimoto

〇報文〇改正:ムカシトンボの幼虫を追って― 羽化の写真撮影に成功するまで ―
 枝 重夫
 Observations on larva of Epiophlebia superstes just before emergence and Hanging Type
 Shigeo Eda

●INSECT REPORTS●
 東南アジアに侵入したキャッサバコナカイガラムシの生物的防除
 髙須 啓志・高野 俊一郎・松尾 和典・Dat Nguyen Tuan・Layheng Sam
 Biological control of cassava mealybug, an invasive pest in Southeast Asia
 Keiji Takasu, Shun-ichiro Takano,Kazunori Matsuo, Dat Nguyen Tuan,Layheng Sam


◎特集アドバイザー委員◎(五十音順)
荒谷邦雄(九州大学大学院比較社会文化研究院教授)
石井 実(大阪府立大学名誉教授)
三枝豊平(九州大学名誉教授)
平井規央(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科教授)
矢田 脩(九州大学名誉教授/九州大学総合研究博物館)
吉富博之(愛媛大学農学部准教授)
プロダクトNo 947
出版社 ニュー・サイエンス社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。