国際商業 定期購読・最新号・バックナンバー

国際商業の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

国際商業雑誌の詳細です。


国際商業の公式サイトへ
本・雑誌 国際商業
本・雑誌内容 消費の個性化、多様化、高度化が急速に進み、化粧品、トイレタリーなどの産業に対して消費者は様々なニーズの具体的な働きかけを求めている環境の中、国民生活に直結する製品を供給する化粧品、トイレタリー等当該産業は生活文化創造の担い手としての役割と責任が大きくクローズアップされてきております。「国際商業」は化粧品・トイレタリー業界内部の問題にこだわることなく、広く経営問題やマーケティング、業界の流通問題に視野を向けた編集内容で最新の情報をお届けします。
本・雑誌内容詳細 [特集]ECで化粧品が売れている
主力販路に躍り出て早くも始まった過当競争
●アマゾンジャパン(Amazon)
ビジョンに沿って全方位で取扱商品を拡大
●楽天グループ(楽天市場)
ページデザインとお得感の掛け算で購買意欲を刺激
●ZOZO(ゾゾコスメ)
アパレルの成功体験を生かし万全の準備で進出
●コスメ・コム(アットコスメショッピング)
ビューティーに特化して正しく伝えるブランド価値
●三越伊勢丹(ミーコ)
店頭体験をネットで再現し客層の幅が広がる
●阪急百貨店(阪急ビューティーオンライン)
高級化粧品を時間とエリアを超えたサービスで売り込む
●イオン(イオンスタイルオンライン)
全国展開の店舗網を生かすリアルとネットの融合
●ノイン(NOIN)
遂には百貨店も利用するヒット商品連発の仕掛け

[有力アナリスト座談会]
化粧品・日用品メーカーの決算分析と業界展望
勝ち残りの必須条件となった内需獲得の構造改革
●佐藤和佳子
三菱UFJモルガン・スタンレー証券インベストメントリサーチ部産業・企業リサーチ課 シニアアナリスト
●大花裕司
岡三証券企業調査部第一グループヘルスケア、トイレタリー・化粧品担当セクターアナリスト
●角田律子
JPモルガン証券株式調査部 シニアアナリストマネジングディレクター

[業界動向]
●マツキヨ×ココカラ
経営統合で化粧品を強化
●NCC若手経営者の会
資生堂との絆を深めたオンライン会議
●メンズコスメ
百貨店で売れ筋商品に台頭
●第21回ドラッグストアショー
初のオンライン開催で見えた可能性と課題
●RFID
導入を阻むコスト負担の在り方
●中国市場異変
アリババの牙城を崩す競合台頭と政治介入
●フェムテック
女性特有の悩みをテクノロジーで解決

[理美容メーカー特集]
コロナに打ち勝つ戦略で競う
トップインタビュー
●佐藤龍二(ミルボン 代表取締役社長)
デジタル強化でヘアサロンの美と心のコミュニティ化を支援
●ステファン・ガー
(ウエラカンパニーグループ/HFCプレステージジャパン合同会社代表執行役社長)
“サロンさまとの共創”を掲げ、プレミアム戦略を加速
●中野孝哉(中野製薬 代表取締役社長)
尖った存在感に磨きをかけ業界に貢献
●田尾大介(アリミノ 代表取締役社長)
美容師のファン作りをメニューや製品開発でサポート

[企業情報]
●美研創新
ヘアケアブランド「OR」躍進の舞台裏
●資生堂「アネッサ」
新製品、コミュニケーション施策、店頭演出が連動する緻密な戦略がスタート
―ニューノーマルで重要性が高まる紫外線対策を重点訴求―
●化粧品ブランド「TWANY」
フェムテック分野での取り組み強化でブランドのファン創出を図る
●フィルムスタジオ「SK-Ⅱ STUDIO」
映像と物語の力で女性の社会的プレッシャーに立ち向かう
●資生堂「SENKA」
高級感あふれるパッケージ採用とアクネケア市場への参入で愛用者を拡大
●グローバルメイクブランド「KATE」
マスク着用下でも楽しめるメイクアップを提案
―七つの新商品で市場活性化をけん引―
●資生堂
誰もが驚く新事実の発見で男性化粧品市場に一石を投じる
●資生堂「SHISEIDO MEN」
男性肌特有の三大弱点を解決するメンズ版「アルティミューンTM」を発売

[新社長インタビュー]
小松俊之(ピエール ファーブル ジャポン代表取締役社長)
お取引先さまとのパートナーシップの強化でアベンヌブランドの価値を高めたい

[連載]
●新型コロナウイルスによる影響
化粧品・日用品業界、世界、日本、他業界時系列データ
2021年2月25日~3月29日
●中国最新リポート
持続的成長を目指す国産ブランドの課題
謝 憲文(国際評論家)
●巨龍点描(政治)
「14億総中流」を目指す中国政府の野心
朱 建榮(政治学者・東洋学園大学教授)
●ドラッグストア売れ筋ベスト20(2020年12月~21年2月)
化粧水/ドリンク剤/ヘアトリートメント・パック
●新連載 SNSマーケティングの処方箋
“インスタのグーグル化”―どう向き合うか
富井真歩(ホットリンク)
●美容サロンの経営塾(女性の髪悩み)
コロナ禍で顕在化した新たなニーズに向けた提案のチャンス
田中公子(ホットペッパービューティーアカデミー研究員)
●アート×ビジネスの交差点
倉庫業に眠っていた資産を生かし、美術品、芸術家、コレクターを巻き込む
ゲスト 堀川洋佑(寺田倉庫株式会社スペースコンテンツグループ)
ファシリテーター 菊池麻衣子(「パトロンプロジェクト」主宰)
●海外情報
・仏化粧品業界が海外の生物多様性保護策を強化
・危機に強い消費財メーカー
プロダクトNo 870
出版社 国際商業出版
発売日 毎月7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。