公衆衛生 定期購読・最新号・バックナンバー

公衆衛生の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

公衆衛生雑誌の詳細です。


公衆衛生の公式サイトへ
本・雑誌 公衆衛生
本・雑誌内容 地域住民の健康の保持・向上のための活動に携わっている公衆衛生関係者のための専門誌。地域保健、産業保健、環境保健などを「トピックス」「実践レポート」「研究動向」などにまとめて活動指針を提示。毎月特集テーマで、現場に密着した話題を提供。
本・雑誌内容詳細 ■特集 人獣共通感染症 獣医衛生領域から見た対策■
獣医師の社会的役割と現状(筒井 俊之)
鳥インフルエンザの発生状況と,その対策(伊藤 壽啓)
わが国における牛海綿状脳症(BSE)対策とリスク評価(大快 峻輝)
ウシの結核病とブルセラ病の特徴,およびその対策(山本 健久)
狂犬病とその対策-日本の狂犬病対策に必要な「One Health」の実践と継続(井上 智・堀田 明豊)
動物のサルモネラ症の感染状況と国内外の対策(江口 正浩)
野生動物の疾病とジビエ(野生獣肉)の安全確保対策(高井 伸二)
日本の動物検疫制度の変遷と現状(櫻井 健二)
国際機関における人獣共通感染症および薬剤耐性への取り組み-OIEの活動を中心に(村井 清和)


□視点
公衆衛生の裾野を広げるサイエンスとアート(秋山 美紀)


●睡眠と健康を考える・3
高齢者の睡眠-看護の立場から-(尾崎 章子)

●ヘルスコミュニケーションと健康な社会づくりを考える
 Dr.エビーナの激レア欧州体験より・5
外国人患者家族としてのスコットランド体験と学び・その2
 手術の場におけるヘルスコミュニケーション(蝦名 玲子)

●リレー連載・列島ランナー・118
総合周産期母子医療センター専従の社会福祉士として思うこと(藤原 久子)

●予防と臨床のはざまで・177
さんぽ会夏季セミナー2018 「女性の健康支援」(福田 洋)

●映画の時間
メアリーの総て(桜山 豊夫)
プロダクトNo 839
出版社 医学書院
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。