航空ファン 定期購読・最新号・バックナンバー

航空ファンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

航空ファン雑誌の詳細です。


航空ファンの公式サイトへ
本・雑誌 航空ファン
本・雑誌内容 『航空ファン』は昭和27年創刊の歴史と、日本最大の部数を誇る月刊航空専門誌です。ステルスなど幅広い年齢層に人気のある最新技術満載の戦闘機から、マニアックなファンの多い第二次大戦機、旅客機、ジェネラルアビエーション、ロケットを含めたスペーステクノロジーまで守備範囲は広く、ビギナーから航空従事者までさまざまな読者の要望にお応えしています。とくに有名カメラマンによる、世界の最新軍用機の迫力あるフォトリポートは定評があり、海外にも多くの読者を持っています。ファンの方々が理解しやすいよう、分かりやすい記事・解説を心がけているほか世界の話題から身近なニュースまで、正確・迅速にお伝えすることをモットーとしています。
本・雑誌内容詳細 特集●航空自衛隊F-4ファントム完全退役

新年度を控えた2021年3月、ついにF-4ファントムⅡが航空自衛隊から完全退役した。戦闘機型F-4EJ/EJ改と偵察機型RF-4Eあわせて154機が運用されたなかで、最後まで同機を飛ばし続けた岐阜基地飛行開発実験団を取材、最後に残ったオリジナルのF-4EJ 4機全機による編隊飛行訓練を紹介するほか、司令や飛行隊長、整備員に話を聞き、そしてラストフライトの模様もお届けする。また両面折り込みポスターを封入するほか、飛実団のF-4フォーエバー記念Tシャツとパッチの誌上販売も実施。関連記事として日本を含む海外で改修を続けながら飛び続けてきたF-4の状況の解説も掲載する。


今月の注目記事

●飛行点検隊とYS-11FCの退役―空撮/ラストフライト/機種更新記念式典&隊員インタビュー
●不定期連載―F-2後継機を考える〔F-5は双発機なのになぜ選ばれなかったのか〕
●ボーイングNMAを考える
●室屋義秀ニュース―空ラボ参加者募集と都内でのニコちゃんマークフライト
●個人としての航空戦史「多機種操縦と生存への運」(前編)

注目グラフィック特集

●東日本大震災から10年―航空救難団松島救難隊
●航空自衛隊防府北基地第12飛行教育団と第75期航空学生卒業式
●究極のスポーツアクロ機GB-1“GameBird”
●198X年の空―
●RAFファントム at Air Tattoo
●退役に向け記念塗装を施したドイツ空軍のトランザール

好評連載群

極東の日本を目指して―大飛行時代に訪日した飛行家たち「第6回シェスタコフ(ソ連)、スカーラ(チェコ)、ブロック&シュリー(米)」
空夢【ソラユメ】航空界でのチャレンジ
航空救難団活動記録
ヒコーキおもちゃ箱
ドイツ夜間戦闘機と新技術の検証
最新・中国航空・軍事トピック
デジスカイ―フライトシムの世界
プロダクトNo 830
出版社 文林堂
発売日 毎月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。