航空ファン 定期購読・最新号・バックナンバー

航空ファンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

航空ファン雑誌の詳細です。


航空ファンの公式サイトへ
本・雑誌 航空ファン
本・雑誌内容 『航空ファン』は昭和27年創刊の歴史と、日本最大の部数を誇る月刊航空専門誌です。ステルスなど幅広い年齢層に人気のある最新技術満載の戦闘機から、マニアックなファンの多い第二次大戦機、旅客機、ジェネラルアビエーション、ロケットを含めたスペーステクノロジーまで守備範囲は広く、ビギナーから航空従事者までさまざまな読者の要望にお応えしています。とくに有名カメラマンによる、世界の最新軍用機の迫力あるフォトリポートは定評があり、海外にも多くの読者を持っています。ファンの方々が理解しやすいよう、分かりやすい記事・解説を心がけているほか世界の話題から身近なニュースまで、正確・迅速にお伝えすることをモットーとしています。
本・雑誌内容詳細 特集①●アメリカ海軍航空部隊の現状

前作の公開から36年の時を経て、待望の映画『トップガン マーヴェリック』が5月27日に日米同時公開となる。これにあわせて、『航空ファン』でも久しぶりにアメリカ海軍を特集、現状の全部隊、空母航空団、運用機種を紹介するとともに、近い将来の動向を解説する。また表紙と巻頭カラーでは海軍最後のレガシーホーネット飛行隊となった予備役部隊VFA-204の最新空撮を掲載、今後機種転換するアドバーサリー(仮想敵)機F-5NタイガーⅡとの編隊も紹介するが、前作『トップガン』で登場した敵機MiG-28を連想させるその漆黒の機体にも注目。さらに誌面上でも映画『トップガン マーヴェリック』の公開直前情報をご案内するほか、厚木と岩国での身近な在日米海軍関連ニュースも網羅する。

特集②●ブルーインパルス2022

新年度に入り、コロナ禍に対するコントロールも進むなか、新シーズンの活動を開始した航空自衛隊アクロバットチーム、ブルーインパルス。今シーズンは徳永克彦カメラマンがホームベース松島基地を訪れ、最新の訓練の模様をリポートするとともにメンバーのポートレートを撮影した。また昨年度末に新隊長に就任した名久井2佐のインタビューや今シーズン初展示となった高田城址公園観桜会での展示飛行のリポート、石巻市旧北上川での展示飛行なども掲載する。さらに元井英貴氏による好評不定期連載「写真を磨く」の特別編も、ブルーインパルスの作品がテーマとなっている。

今月の注目記事

●トンガ王国国際緊急援助活動に参加した陸自隊員
●陸自第1空挺団と米空軍374AWの空挺降下訓練
●飛行船がふたたび日本の空を飛ぶ~“新スーパードライ”号
●ロバート・ミケシュ氏追悼文寄稿
●特別インタビュー~芥川賞作家・砂川文次さんは元陸自AH-1パイロット

注目グラフィック特集

●オーストラリア空軍KC-30Aが小牧に展開
●ジム・ラーセンのビューファインダー③Early Jets
●あいち航空ミュージアム第4回フォトコンテスト受賞作品

好評連載群

極東の日本を目指して―大飛行時代に訪日した飛行家たち
航空救難団活動記録
ヒコーキおもちゃ箱
写真を磨く―あなたの写真はもっとよくなる
双胴偵察機Fw189の検証
最新・中国航空・軍事トピック
デジスカイ―フライトシムの世界
プロダクトNo 830
出版社 文林堂
発売日 毎月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。