現代詩手帖 定期購読・最新号・バックナンバー

現代詩手帖の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

現代詩手帖雑誌の詳細です。


現代詩手帖の公式サイトへ
本・雑誌 現代詩手帖
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 【特集】ケア――詩と災害Ⅱ

◎対話
吉増剛造+和合亮一 未来から差す光 石巻での対話
柳 美里+城戸朱理 私は既に死なのではないか メール往復書簡(上)
宮尾節子+佐藤幹夫 円を生み出す弧のことば
カニエ・ナハ+青柳菜摘 心を寄せる目

◎論考
瀬尾育生 疫学的な日々、数的な日々
宮地尚子 詩の「恥ずかしさ」について
西村ユミ ケア=詩の生成のかたち
清岳こう 心を開くことば 「ことばの移動教室」を通して
伊藤浩子 喪うということについて
駒ヶ嶺朋乎 パンデミックと人間
尾久守侑 stateを保存する
安住紀宏 巨魚にかえる Reborn-Art Festival――吉増剛造「詩人の家」/「roomキンカザン」 

◎受賞第一作
岬 多可子 遠足 第2回大岡信賞受賞第一作

◎連載詩
松浦寿輝 人外詩篇15
マーサ・ナカムラ やぶれ網子 柔らかな壁を押す

◎作品
糸井茂莉 フランス組曲 定住のための方法論(部分)
矢澤準二 笑ふ 他一篇
進藤ひろこ かれの
小野絵里華 わたしは詩を書きたかった

◎連続対談
豊﨑由美+広瀬大志 カッコいいし、難解詩 カッコよくなきゃ、ポエムじゃない!

◎クリティーク
金井雄二 詩の核となるもの 菅原克己の詩を読み返す(上)・詩集『手』

◎書評
鵜飼 哲 「災間期」の言葉の分解と官能 赤坂憲雄、藤原辰史『言葉をもみほぐす』
水島英己 何者かがやってくる 千石英世『地図と夢』
保坂健二朗 詩人の定義した家 海東セラ『ドールハウス』
竹内敏喜 声のありったけに耳をすます 白井明大・詩/カシワイ・画『いまきみがきみであることを』

◎連載
池田信雄 ゴムリンガーとジャコムッツィ いま、世界で[ドイツ]
福田若之 「野暮」の演技 井口時男『金子兜太――俳句を生きた表現者』 句がふるえるあいだ
藪内亮輔 ねじれ、歪む森の中で 『森岡貞香全歌集』 昏れてゆく短歌

◎レポート
松田朋春 まだまだつづく oblaatのコロナシフト

◎レビュー
宗近真一郎 「精神」=「労働」の過渡性をダンスする 笠井叡×高橋悠治「セッション」

◎月評
松尾真由美 こだわりから開かれの形象へ 詩書月評
奥間埜乃 象る手 詩誌月評

◎新人作品
4月の作品

◎新人選評
暁方ミセイ 漁火を灯して
時里二郎 言葉は私をどう映しているか

表紙作品=是恒さくら
表紙デザイン=戸塚泰雄
プロダクトNo 817
出版社 思潮社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。