月刊薬事 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊薬事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊薬事雑誌の詳細です。


月刊薬事の公式サイトへ
本・雑誌 月刊薬事
本・雑誌内容 「月刊薬事」は病院、薬局、医療品関連企業で広く読まれている医療・医学の専門情報誌です。日々更新される医薬品情報、診療ガイドラインなど臨床現場での必須の情報をフォローアップし、ジェネラリストとして、スペシャリストとして医療現場での存在感アップに取り組む薬剤師を強力にサポートします。
本・雑誌内容詳細 モニタリングから介入まで 自信をもって対応できる 薬物相互作用

■特集にあたって
三浦 昌朋
■フルーツジュースとの薬物相互作用
赤嶺由美子、三浦 昌朋
■分子標的抗がん薬と胃酸分泌抑制薬との薬物相互作用
大神 正広
■抗血小板薬とPPIとの薬物相互作用
鏡 卓馬、古田 隆久
■抗凝固薬と抗菌薬・抗真菌薬との薬物相互作用
新岡 丈典
■HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の薬物相互作用
大野 能之
■抗精神病薬・抗うつ薬併用時の薬物相互作用
久保 一利、古郡 規雄
■抗てんかん薬併用時に注意すべき薬物相互作用
山本 吉章
■経腸栄養剤との薬物相互作用
伊東 弘樹
■造血幹細胞移植時に遭遇する免疫抑制薬との薬物相互作用
鐙屋 舞子、三浦 昌朋
■HIV治療時に遭遇する薬物相互作用
矢倉 裕輝
■疼痛治療薬使用時に注意すべき薬物相互作用
内藤 隆文
■抗不整脈薬併用時の薬物相互作用
土岐 浩介


取材

●フロントページ クロザピンの最適使用を目指す TDMの取り組み
岡山県精神科医療センター(岡山県岡山市)
●この人に聞く 薬剤師っていらなくない? から始まる成長ストーリー
荒井ママレ(漫画家)


連載

●メカニズムから理解する 救急・急変対応Basic Lecture[2]
ショック―初期治療編―
小原 章敏
●臨床ですぐに使える 薬学トリビア[11]
あれっ? ルギー?
宮川 泰宏
●薬剤師が行うこころのケア こんなときどうするの?[7]
「ずっと頑張ってきたのに、なんで私ばかりこんな目にあわなければならないの!」――怒りという感情の扱い方
清水 研、宇田川涼子
●考え方がわかれば解き方がみえてくる クリニカル・クエスチョンの解決への筋道[5]
持続低効率血液透析(SLED)導入中の患者へのバンコマイシンの投与量について教えてください
山本 武人
●購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[18]
フリーライダー問題を考える!
中野 一夫
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[28]
この「ショック」はボリコナゾールによるものですか?
白根 達彦、古屋 秀和
●ジャーナルクラブの広場
山本麻里子/中薗 健一/鈴木 義紀/桑原 秀徳/平田 純生、成田 勇樹/松山 千容、Jessica LeClair、鈴木 真也、Alexandre Chan、Lisa Holle/木村 友絵、木村 利美
●審査報告書から見る 新薬の裏側[26]
ローブレナ®錠25mg、100mg(ロルラチニブ)
佐藤 弘康


その他

●書評 薬の作用が手に取るようにわかる本
●書評 薬剤師のための 基礎からの検査値の読み方
●ニュースレター
●薬事セレクション
●次号予告・編集部より
プロダクトNo 802
出版社 じほう
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。