激流 定期購読・最新号・バックナンバー

激流の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

激流雑誌の詳細です。


激流の公式サイトへ
本・雑誌 激流
本・雑誌内容 流通業界全般の専門誌としてスーパー、百貨店、コンビニエンスストア、生協、ホームセンターや無店舗販売、問屋業界、物流など広く小売業の全般を捉えています。小売業の業績や購買傾向を探ることで、景気、個人消費の動向、さらに消費者ニーズの変化を探っていきます。また、スーパーのバイヤーに商品情報あるいは消費者の嗜好や変化を取材、誌面化するものや、ある商品郡の売れ筋を調査、そこから市場動向、将来性を分析します。
本・雑誌内容詳細 特集
流通業界 デジタル化の進捗度

■業種業態を超えて走り出すアナログ経営からの脱却

■企業の総力を挙げた取り組みが真の「DX」へ辿り着く
(株)CaTラボ代表 オムニチャネルコンサルタント 逸見光次郎

■イトーヨーカ堂(GMS)
AIと人間力の共創で効率と効果を引き出す

■マルエツ(SM)
非接触と体験価値を盛り込んだ食品スーパーの新たな形

■ライフコーポレーション(SM)
モバイル版ネットスーパーアプリ導入で利便性を高める

■アークス(SM)
基幹システムのフル活用でグループシナジーを追求

■日本生活協同組合連合会(生協)
人生一〇〇年時代を見据え組合員に寄り添うサービスを構築

■コープさっぽろ(生協)
全職員を巻き込んだレガシー組織の一新

■ローソン(コンビニ)
店舗の効率化に向け各種施策を導入、社長直下の専門部署も設立

■トリドールHD(外食)
会社全体のシステムをシンプルにしシームレスにつなぐ

■くら寿司(外食)
都心進出と低価格を守るトータルシステムを開発

■ロイヤルHD(外食)
顧客との接点を作るデータベース構築に挑む

■大丸松坂屋百貨店(百貨店)
百貨店の強みの領域で新たな事業展開の可能性を広げる

■阪急阪神百貨店(百貨店)
「百貨店の接客」を極めるためのデジタル化を推進

■青山商事(アパレル)
デジ・ラボで創業以来のビジネスモデルを変革

■伊藤忠商事(サプライチェーン)
グループ間連携で示した製配販最適化の第一歩

テーマ別「この1年でどうなった?」

■キャッシュレス
非接触ニーズの高まりで還元事業終了後も拡大基調続く


■アプリ
それぞれの業態特性を生かす機能開発競争が本格化


■モバイルオーダー
注文・決済から顧客データと多様なサービスで存在感が高まる


■無人店舗
一般客対象の無人店舗の実用化が始まった


■RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
オフィスの働き方改革を後押しする自動化技術の広がり


■ロボット宅配サービス(米国事例)
コロナ下で活躍する多様な無人配達ロボット


■INTERVIEW♦この人に聞く
イオンディライト 濵田 和成 代表取締役社長
・新常態の施設管理を確立して企業価値を高める


■特別寄稿
DXへの無理解がビジネスモデル構築を阻んでいる

■中国レポート
・デジタル戦略を駆使、国美電器王者奪還を狙う


■流通トピックス
・コープこうべ、接待問題でトップ解職のお粗末

・徐々に見えてきた、ヤオコーの新業態「フーコット」の正体

・三越伊勢丹社長交代がスムーズに進んだ理由

・「家具や姫」が去って、あの大塚家具の黒字が見えてきた

・ヤフーの追撃をかわす楽天、物流強化の熾烈な戦い

・マツキヨ、ココカラ統合でシナジー創出会社の役割

●指標で読み解くスーパーマーケットの実像
・自粛生活緩和で問われる食卓サポート業態の競争力


■特別レポート
・人手不足が突きつける小売業雇用慣行の抜本改革


■激流レポート
・東日本大震災が伝える小売業の災害との向き合い方
●インタビュー  家坂有朋 イオン東北代表
・一次産業を後押しし東北の創生に力を注ぐ


■この一手にフォーカス
●PPIH
・お客と作るピープルブランドへの刷新は果たして可能か

●Zホールディングス×LINE
・統合シナジーの発揮で四年以内に国内EC首位を目指す

■新店舗情報
●イオンスタイル新利府
・分社化の真価が問われる東北のGMS旗艦店

●ライフグランシップ大船駅前店
・高質、健康を軸に独自性を打ち出し競合との差別化を図る

●サミットストア西荻窪駅南店
・物件の制約をはねのける店づくりで都市侵攻を加速

●フードマーケットカスミ三郷駅前店
・小型店の可能性を探る期間限定の仮設店舗


■展示会レポート
●スーパーマーケット・トレードショー 2021
・安全対策を徹底し変わる消費変わる店づくりの情報を発信

●緊急事態宣言下で展示会はなぜ開催できたのか


■コロナレポート
●国内
・1年経過で影響が一巡、宣言解除後に訪れる企業間格差

●英国
・コロナワクチンで支持率急上昇「見えない化」されるEU離脱の影響

●米国
・店舗に頼らない新サービス、新業態が相次ぎ登場


■バイヤーズ・アイ/「パスタ&パスタソース」 
●いなげや
営業本部 一般食品部 マーチャンダイザー 平方 伸吾

本格派の味と割安品の品揃えで内食消費を喚起


■ドラッグストア最前線
●クオールHD
・非対面のニーズに応えた処方箋薬のロッカー受け取りサービス


■展示会レポート
●日本チェーンドラッグストア協会
第21回 JAPAN ドラッグストアショー
・アフターコロナ時代も見据えた初のオンライン展示会の課題と期待




■情報ファイル
●三菱食品(社長交代)
・三菱商事の京谷裕氏が6月に新社長に就任

●ミニストップ(商品)
・2021年度商品政策発表会を開催


●ファミリーマート(周年記念施策)
・40周年を記念し「40のいいこと!?」プロジェクトを開始


●プレシア×俺の(商品)
・レストランで定番のデザートが自宅で楽しめるコラボスイーツ


●一般社団法人日本フードデリバリーサービス協会(業界団体)
・業界の課題解決を掲げフードデリバリーサービス協会が発足


●国分グループ本社(決算)
・20年度は減収増益で着地、新長計で「共創圏」の構築・拡大を推進


■海外情報
●米国
・DXの波に乗り遅れ事業を清算した家電量販店

●タイ
・日本ブランドだけでは集客できず日系小売業が相次いで撤退


●フランス
・廃棄ロス削減と生活困窮者支援の一挙両得を狙う食品ロス防止法

■商品戦略
●資生堂
「SENKA」

■商品戦略
●菊屋
「もち麦グラノーラ」

■商品戦略
●にんべん
「だしとスパイスの魔法シリーズ」「ソフトふりかけシリーズ」

■商品戦略
● イントレピッド スピリッツ/アイデイ商事
「コカレロ」

■商品戦略
● レイテック
「LIEBHERR(リープヘル)」


■商品戦略
● ホーユー
「シエロデザイニングカラー」
プロダクトNo 710
出版社 国際商業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。