芸術新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

芸術新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

芸術新潮雑誌の詳細です。


芸術新潮の公式サイトへ
本・雑誌 芸術新潮
本・雑誌内容 芸術愛好家だけでなく一般大衆にも向けた芸術総合誌です。
本・雑誌内容詳細
【特集】これだけは見ておきたい
2021年美術展 ベスト25

ご鑑賞は計画的に♪ 展覧会早見表

PART 1 Now Showing もうやってるよ!

EXHIBITION 01
平成、平成、応答せよ!

EXHIBITION 02
これがイギリスだ!
コンスタブルが描いた 理想の田舎

EXHIBITION 03
インタヴュー
佐藤可士和
僕の仕事は「現実の美術」

PART 2 Now Showing――Ancient Egypt 
もうやってるよ! 古代エジプト大お蔵出し

EXHIBITION 04,05
古代エジプト文明の最新知見と
神々のものがたり
選・文 河江肖剰

PART 3 Spring 美術展も春爛漫

EXHIBITION 06
マーク・マンダースの虚実の空間へ

EXHIBITION 07
狂気、妖艶、グロテスク……
あやしい美の沼にはまる

EXHIBITION 08
知ってるつもり?!のモンドリアン

EXHIBITION 09
花鳥画名人・渡辺省亭の栄光と忘却と復活

EXHIBITION 10
仏教の理想を追ったカリスマたちの遺産

PART 4 Golden Week 
ゴールデンウイークには何を?

EXHIBITION 11
モーゼスおばあさんのハッピー絵画ライフ

EXHIBITION 12
美人画だけじゃないぞ!
「キャバレー太郎」のお宝拝見

EXHIBITION 13
ここがスゴイよ
元祖イケおじイサム・ノグチの必勝5か条

PART 5 Prince Shotoku 
“パーソン・オブ・ザ・イヤー”は聖徳太子

EXHIBITION 14,15
古代史最大のスーパースター
聖徳太子の1400年

PART 6 Olympic Period 
オリンピックはそれとして

EXHIBITION 16
日本初となる大規模個展
×印の目で世界を沸かせるKAWSの軌跡

EXHIBITION 17
異色の日本画家
小早川秋聲の戦争と平和

PART 7 Autumn 
芸術の秋、注目はこちら

EXHIBITION 18
マティス 究極の「装飾」

EXHIBITION 19
ゴッホを後世に伝えたい――
蒐集家ヘレーネの情熱

EXHIBITION 20
蕭白、奇想とその先にある境地

EXHIBITION 21
外光から、内なる光へ
印象派がつないだ道

EXHIBITION 22
美は天台宗にあり

PART 8 Winter 
2021年の掉尾を飾るのは

EXHIBITION 23
毎度おさわがせします
Chim↑Pom“世界初”の大回顧展

EXHIBITION 24
なぜいま注目されるのか?
「民藝」の軌跡を徹底検証

EXHIBITION 25
メトロポリタン美術館から
最強の西洋絵画展がやって来る!


新会期決定!
帰ってきた2020的Exhibition
国宝 鳥獣戯画のすべて/アナザーエナジー展/
ファッション イン ジャパン 1945-2020/
揚州八怪/国宝 聖林寺十一面観音/
三菱の至宝展/京(みやこ)の国宝/
バンクシーって誰?展/クロード・モネ

COLUMN
ここ1年の美術展回顧
アフター・コロナを見据えて

2021年、これだけは見ておきたい美術展
番外編
[1]東日本大震災から10年
“災い”を見つめるアート
[2]伝説の60年代からコロナ禍の現在まで 
今年は貴重な海外現代作家展
[3]物語に引き込まれ、愛らしさに癒される 
イラスト、絵本、マンガ展続々!

もっと見たい!2021年展覧会50
日本美術/浮世絵・版画/歴史・考古/
西洋美術ほか/洋画/現代アート(日本)/
写真/建築・デザイン
プロダクトNo 692
出版社 新潮社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。