月刊剣道時代 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊剣道時代の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊剣道時代雑誌の詳細です。


月刊剣道時代の公式サイトへ
本・雑誌 月刊剣道時代
本・雑誌内容 「剣道時代」は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けています。剣道の真の良さを読者の皆様に訴え、本物の剣の心に触れていただきたいというのが私たちの編集方針です。「剣道時代」は剣道の精神・理論・技術の紹介はもちろんのこと、杖道や居合道さらには刀剣まで幅広く盛り込むことにより誌面に幅を持たせています。技術面においては連続写真やイラストで誰にでも分かりやすい解説に心掛け、初心者からベテランの指導者まで自信を持ってお勧めできる誌面内容になっております。
本・雑誌内容詳細 新・剣道の技術第68弾!…「打つぞ、突くぞ」の気構え、身構えで打突の好機を作り出す 
徹底特訓仕かけ技
亀井  徹 いつでも打てる左足をつくる 攻めて相手を動揺させること 
坂田 秀晴
清野  忍 対談 仕掛けるための準備ができているか 
武井 幸二 左手・左腰・左足の決めで鋭い剣先 技前の充実を図り一拍子の打突を心掛ける 
小磯 仁徳 相手の反応に応じて技を出す 
荒川 隆史 上段の構えで考える 攻めて打つ仕掛け技 
内田 勝之 先を掛ける・仕掛ける 相手を動かして打つ 
林  豊大 仕掛け技を学ぶための三つの要素 
赤尾 和彦 打突の直前まで相手を攻めて崩す 
砂川  脩 「先」を意識した仕かけ技 
宮﨑 東平 上質な仕掛け技とは 距離感が得意技を生む 

特別企画……目前に迫った全国審査。しっかり対策を立てて稽古に取り組もう 
昇段審査対策2021(後編)
佐藤 成明 昇段審査を契機に自己の剣道の在り方を見直す 
小山 則夫 段位相当の雰囲気を纏うこと 剣道を正しく表現すること 
田中 宏明 自分も相手も生かすなかで先をとって打ち切る 

少年剣道の現場シリーズ16……伝え方をきちんと学べば、伝えたい内容が子供たちに響く 
心に響く言葉の伝え方
槌田 和博 100文字で子供に伝える剣道用語 
投稿 現場からの報告 私が心掛ける言葉の伝え方 
深江慎治・井下勝生・村上恵一・小宇佐尚志・長尾慎一朗・須藤浩・茂木賢崇

速報 第68回全日本剣道選手権大会/第59回全日本女子剣道選手権大会 
松﨑(茨城・筑波大4年)、諸岡(東京・中央大2年)初優勝

祝卒業! 陽春企画 中学・高校・大学あわせて約260人の進学進路大調査
2021年進学進路大調査 

第43回日本剣道少年団研修会
コロナ禍で剣道から学んだこと 

貧血・鉄不足では戦えないⅢ 鈴木陽介・大島京之助・渡邊茜 

宮崎史裕実戦剣道教室 実戦直結の稽古 素振り 

渡辺正行 剣道まっしぐら! 剣道界に貢献したいという気持ちでついに番組スタート! 
表紙&インタビュー
竹越 充 全日本選手権初出場 10回目でつかんだ初のビッグチャンス 
好評連載
剣道自分史 卯木照邦 羽賀凖一先生の教えをつなぎ六十年(中) 
山神眞一「剣道の魅力」 第23回 高齢高段者の打撃動作特性からみた生涯剣道 
剣談剣話第八十一話
田原弘徳の面を取ってもとまらない 企業戦士は紳士たれ。三井住友海上火災保険百練館道場の多士済々 

私の好きな言葉 事理一致 石堂倭文 
師を語る母を語る 東海大相模高校山﨑士先生「稽古は嘘をつかない」 飛知和利文 
電脳剣士Hide.の部屋 迎え突きの克服法 アドバイスをください 井上秀克 
剣道ブラックボックス 剣道に関するモノづくり 阿部晶人 
剣道で学び、剣道に学ぶ 野太刀自顕流発祥 鹿児島から学ぶこと 上 昌広 
東京大学発赤胴通信 コロナ禍でのキャプテン 川合淳也 

全日本剣道連盟より 対人稽古再開に向けた感染拡大予防ガイドライン 

剣道列島
春日部発 春日部剣道会50周年記念行事 
◎時代インフォメーション
剣道・居合道・杖道称号・段位合格者 
杖道コーナー 
剣道談義 
剣道12星座占い
剣道俳句/剣道川柳 
編集後記・次号予告 
コラム
市民剣士のトレーニング 今 有礼 
インターバル速歩と栄養
こころの強化書 矢野宏光 
コロナ禍の心と身体②
剣道食で強くなる 山田聡子 
コロナとストレス発散
コロナ禍の中学・高校生たちへ 杉能信介 
新渡戸文化中学・高校
プロダクトNo 689
出版社 体育とスポーツ出版社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。