月刊剣道時代 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊剣道時代の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊剣道時代雑誌の詳細です。


月刊剣道時代の公式サイトへ
本・雑誌 月刊剣道時代
本・雑誌内容 「剣道時代」は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けています。剣道の真の良さを読者の皆様に訴え、本物の剣の心に触れていただきたいというのが私たちの編集方針です。「剣道時代」は剣道の精神・理論・技術の紹介はもちろんのこと、杖道や居合道さらには刀剣まで幅広く盛り込むことにより誌面に幅を持たせています。技術面においては連続写真やイラストで誰にでも分かりやすい解説に心掛け、初心者からベテランの指導者まで自信を持ってお勧めできる誌面内容になっております。
本・雑誌内容詳細 特集 
新進範士指導剣道上達の問題解決 
佐藤桂生 無駄な動き、打突を減らし、筋良く稽古をする 
 つねに打ち出せる状態をつくり、動く方向の足と一緒に身体を動かす/突き技の距離を徐々に短くするイメージで攻める…他
東 良美 左手・左足・左腰 左半身に注目して一本を打ち切る 
 冴えのある一本を作るには左半身を意識すること/すり足で基本動作を確認して大きく面を打つ…他
香田郡秀 自分勝手な剣道から脱却し理合のある剣道を求める 
 鎬を使って理のある剣道を実践する/打突スピードよりも動作の切り替えを早くする/〝点〟と〝線〟で機会をとらえる
谷 勝彦 正しく美しい剣道を求めれば自ずと強さとなって現われる 
 稽古での掛かり方を工夫することが正しい剣道を身につける術となる/左拳を動かすのは打つときのみ。いかに剣先が振れるかを意識して構える…他
松田勇人 一方通行では相手を打てない。攻めて、読んで、隙に乗じて打つ 
 範士九段西善延先生「相手を打つときはノックして入ってきなさい」/攻めが通じたときに相手は動き、動いたときに隙ができる…他

特別企画 
明治年記念 剣道歴史検定(試合編・教育編・組織編)
武士階級の崩壊後剣道の命脈はどのように保たれて今日に至ったのか。クイズ形式で楽しく学ぶ剣道史

大会企画 
第回全日本東西対抗剣道大会宮城大会
東西対抗はここに注目せよ 吉成正大 
学び1 研究し尽くして狙いを絞る/学び2 引き出して打ち切る/学び3 心気力一致の攻防/学び4 早く作って圧力をかける…他

特報 
第48回全国中学校剣道大会 
九州学院中と淑徳巣鴨中が制す
男女団体決勝   男女個人決勝   男子団体戦   女子団体戦 男子個人戦  女子個人戦   団体戦全記録 

夏の特別企画 
2018年岡山全中への道
全中・全都道府県大会全記録・写真を一挙公開 

特報
寬仁親王杯第回剣道八段選抜大会
寺地賢二郎教士が兄弟決戦を制す 

表紙&インタビュー
山下和真 
茨城の新星教員剣士 初の全日本選手権出場に期待大 文=栁田直子 

好評連載
剣道自分史 ぼうや、気張いやんせ(下) ◆會田 彰 
剣談剣話第五十一話
田原弘徳の面を取ってもとまらない 全商社剣道大会。世界で活躍する商社マンの剣道魂 
小説中山博道  蛮カラの時代(中) ◆堂本昭彦 
剣道歴史案内 両国橋(東京) 写真 西口邦彦 案内 石神卓馬 
私の好きな言葉 楽剣創健 ◆藤原節男 
師を語る母を語る 剣道を続ける覚悟 鹿児島商業吉村正純先生の一言 ◆田原裕二 
電脳剣士Hide.の部屋 回転胴や三所避け 本当にそれでいいの ◆井上秀克 
剣道で学び、剣道に学ぶ 一連の報道に思う 居合道審査と東大医学部の体質 ◆上昌広 
東京大学剣道部発赤胴通信 剣道は精神的支柱 ◆森川莞地 

大会レポート
第回関東女子学生剣道優勝大会 
第回全国高校定時制通信制剣道大会 
第回日本体育大学剣友会全国高校剣道大会~山内旗・倉澤旗~ 

剣道列島
1 大分 日田発 第回近県少年剣道大会 
◎時代インフォメーション
大会ニュース 
居合道コーナー 
杖道コーナー 
月の行事予定 
剣道談義 
剣道星座占い
剣道俳句/剣道川柳 
編集後記・次号予告 

コラム
市民剣士のトレーニング ◆今 有礼 
筋グリコーゲン回復
こころの強化書 ◆矢野宏光 
剣道で育てる非認知能力
剣道食で強くなる ◆山田聡子 
秋冬には入念な風邪予防
プロダクトNo 689
出版社 体育とスポーツ出版社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。