月刊剣道時代 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊剣道時代の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊剣道時代雑誌の詳細です。


月刊剣道時代の公式サイトへ
本・雑誌 月刊剣道時代
本・雑誌内容 「剣道時代」は剣道専門誌のパイオニアとして昭和49年に創刊され、多くの剣道愛好家にご愛読いただいています。本誌は、剣道がただ単に技を競い合うだけではなく、心を磨き、体を鍛え、豊かな人間形成を図るという理念のもと、日本の伝統文化としての剣道の伝承を心掛けています。剣道の真の良さを読者の皆様に訴え、本物の剣の心に触れていただきたいというのが私たちの編集方針です。「剣道時代」は剣道の精神・理論・技術の紹介はもちろんのこと、杖道や居合道さらには刀剣まで幅広く盛り込むことにより誌面に幅を持たせています。技術面においては連続写真やイラストで誰にでも分かりやすい解説に心掛け、初心者からベテランの指導者まで自信を持ってお勧めできる誌面内容になっております。
本・雑誌内容詳細 特集
構え。攻防自在(新剣道の技術 第47弾)
構えは剣道の基本、正しい構えが完全な打突を実現する 
濱﨑 滿 千変万化、攻防応変自由。常に攻撃を忘れず、捨て身で相手を圧する 
神﨑 浩 剣道は攻防表裏一体 その源は構えにある 
 立ち稽古と丹田の意識で正しい立ち姿を身につける/構えは下半身から上半身に渡ってつくりあげる…他
小関 太郎 丹田に力を込めた自然体の構えが攻防一致につながる 
 大きな木を抱くように角のない自然体の構えを求める/丹田に力を込めて構え丹田を中心に身体をさばく…他
橋本 桂一 左足を意識することで構えが変わり、剣道が変わった 
 左足と床の接地面を広くして指で強く床を噛む/上半身は腰の上に乗せるように、握りは軽くすることで打突に冴えを出す…他
吉成 正大 七段戦に学ぶ、一流剣士の構えと有効打突の関係 
岡田 守正 剣道の探求 構え 活きている状態とは何か 

特集
中学生初心者の育て方(少年剣道の現場シリーズ⑩)
中学校に入学して剣道を始める少年少女が多くいることがわかった 
東京都第10ブロック中学校冬季剣道大会 中学生初心者が輝く1日 
石原和彦×高山達也×大川洋×浅田勇樹 生徒、指導者の交流機会を増やしたい 
木村 孝治 小さい達成感の積み重ねで初心者の剣道は伸びていく 
佐竹 士 基本打ちと練習試合が両輪となって初心者の剣道をつくる 
阿久津 浩 栃木県公立高校・中学特別練習会…仲間と剣道ができる喜びを提供したい 
矢部勇介、千代田康仁 越谷市冬季剣道大会…中学高校。生徒・指導者の親睦と交流 

特別企画 
女子学生のための将来を考える講座
そもそも、就職や将来ってどう考えればいいの? 

特集
2019年進学進路大調査
祝卒業! 陽春企画 中学・高校・大学あわせて260人の進学進路大調査 

大会速報
第41回日本剣道少年団研修会 体験・実践発表会 
何のために剣道を?

第22回全日本実業団女子・高壮年剣道大会 
強化実った伊田テクノス 男女通じて初の日本一に輝く

表紙&優勝インタビュー
髙鍋 進 
自然体が勝利を呼び込んだ 文=栁田直子 

好評連載
剣談剣話第五十七話
田原弘徳の面を取ってもとまらない 
地域に剣道を。第一回美作警察署長杯少年剣道選手権大会 
小説中山博道  第107回  再生(中) ◆堂本昭彦 
剣道歴史案内  英国大使館(東京) 写真 西口邦彦 案内 石神卓馬 
私の好きな言葉  心正しければ、剣もまた正し ◆眞島和已 
師を語る母を語る  今も思い出す、味噌汁をつくる母の姿 ◆宮本忠一郎 
電脳剣士Hide.の部屋  感覚・感性・才能 剣道のセンスとは ◆井上秀克 
剣道で学び、剣道に学ぶ  剣道を安全にするために ◆上 昌広 
東京大学剣道部発赤胴通信  考える力 東大剣道部で感じたこと ◆水島武大 

大会レポート
内閣総理大臣杯防衛大臣杯第44回全国自衛隊剣道大会…北熊本4連覇 

剣道列島
1 福島 白川発 登龍杯争奪全国高校選抜大会 
2 群馬 前橋発 前橋市長杯赤城山中学生交流会 
3 千葉 野田発 第1回猫の妙術剣道大会 
4 東京 足立発 第55東京スポーツ祭典 
5 愛媛 松山発 第49回久枝剣道大会合 
剣道大陸
1 ブータン発 ブータン剣道事情 
◎時代インフォメーション
大会ニュース 
日本剣道少年団書道展入賞作品 
4月の行事予定 
剣道談義 
剣道12星座占い
剣道俳句/剣道川柳 
編集後記・次号予告 

コラム
市民剣士のトレーニング ◆今 有礼 
筋肉痛の比較をする
こころの強化書 ◆矢野宏光 
運動技能の発達
剣道食で強くなる ◆山田聡子 
疲労回復のポイント
プロダクトNo 689
出版社 体育とスポーツ出版社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。