建築技術 定期購読・最新号・バックナンバー

建築技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

建築技術雑誌の詳細です。


建築技術の公式サイトへ
本・雑誌 建築技術
本・雑誌内容 月刊「建築技術」は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広く取り上げ、読者のあらゆるニーズに応えるとともに、明日の建築におけるアーキテクノロジーを追求します。
本・雑誌内容詳細 建築技術2021年5月号
特集:木造住宅の劣化リスク要因+不具合事例と防水対策
監修:輿石直幸

木造住宅では,屋根や外壁などの外皮から浸入した雨水や外皮内部で発生した結露水によって,築後早期に木部が腐朽する事故が多発している。木造住宅における劣化リスク要因および想定される劣化現象・問題点の全体像と,代表的な不具合事例と対策を概説する。

Ⅰ.劣化リスク要因から考察する必要性│輿石直幸……76
Ⅱ.木造住宅の劣化リスク要因
 劣化リスクとしての水分│石川廣三……82
 劣化リスク要因の種類│西田和生……96
 設計にかかわる劣化リスク要因と劣化現象│宮村雅史……102
 施工にかかわる劣化リスク要因と劣化現象│手塚泰夫……120
Ⅲ.木造住宅外皮の設計施工に起因する不具合事例と対策
 屋根の不具合│近藤 肇……126
 [外壁の不具合]概要と事例│梅田泰成……136
 [外壁の不具合]事例│金澤光明……143
 バルコニーの不具合│山﨑 肇……146
 床下・基礎の不具合│芝 謙一……150

【architectural design】
宮崎県防災庁舎│山下・岩切・ごとう計画・設計 設計業務共同企業体……12
県民に開かれた防災の拠点│筬島 亮……28
CLTパネルを鉄骨造に耐震壁として適用した免震庁舎│塩手博道+藤井貴之+森 大+岸野泰典……34
防災拠点としての設備計画│小田切哲志+市川卓也……38
宮崎県防災庁舎建設工事における施工計画│嘉永岳司……40
歴史的建造物の改修・復元計画│山﨑貴幸……42
歴史的建造物の曳家に対する構造計画│塩手博道+岸野泰典……43

【新連載】
清水寺本堂の保存修理工事 第1回 文化財建造物の保存修理,そして「清水寺平成の大修理」の12年│小宮 睦……44
AIJ規準による柱梁強度比を踏まえたSABTEC指針検証報告 第1回 SABTEC指針検証報告の概要│益尾 潔……54

【連載】
日本の近代建築を支えた構造家たち 第10回 武藤 清│浜田英明……48
新時代を拓く最新施工技術 第139回 大分県産木材を使用した大型木造トラス屋根体育施設の施工│北野 敦+矢野五郎+桂 大輔……60
建築関連最新判例の解説 第89回 長期間にわたる指名停止措置を違法とし,措置を公表した行政に対し損害賠償を命じた最新裁判例│秋野卓生……156
建築 一期一会 第22回 建築技術者生活70年点描│阿部市郎……160
施工者に幸あれ 第113回 「社会基盤学」が作る未来 構造家・杉本将基│朝倉幸子……170
自走する構想 第2回 プロポーザルとは?│遠藤克彦……171
一言居士 森林環境が変化させる合板の品質│中田善久……155
ザ・ブックス 多様な論考によって浮かび上がる一世紀前の近代建築運動│田路貴浩 著,村田龍馬 評……158

【TECHNICAL View】
日本初の国土交通大臣認定燃え止まり型の耐火構造(CLT)耐力壁……68
鉄骨梁の横座屈補剛工法……69
BIMモデルで構造関連情報を一元管理……70
生産設備機器による床振動対策工法……71
建設現場の生産性向上AI配筋検査システム……72
1枚の写真で劣化箇所を認識点検作業の自動化支援……73

【MACRO & MICRO】
Column アーバニズムのこれから│村岡 卓……164

【BRI news & topics】
建築研究所で公表した研究成果資料概要など……172

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……176

【表紙】
宮崎県防災庁舎
設計:山下・岩切・ごとう計画・設計 設計業務共同企業体

撮影:大野 繁
デザイン:箕浦卓(M’s SPACE)

通巻 856号
発売日 2021年4月17日
判型・頁 B5判・182頁
雑誌コード 03325-5

【次号予告】
建築技術2021年6月号(5月17日発売)
特集:これだけは知りたい木造建築の設備設計のポイント
監修:野部達夫(工学院大学建築学部教授)
近年,中規模木造建築物が幼稚園・保育園などで数多く建てられている。構造関係は,研究などの成果が法整備などに反映されている。一方,建築設備に関する情報が整理されていないため,本特集では意匠設計,構造設計と設備設計とが協働するやり方を詳細に解説する。
[architectural design]
タクマビル新館(研修センター)│竹中工務店
TMB PROJECT│NIIZEKI STUDIO

※建築技術特集「木造住宅の劣化リスク要因+不具合事例と防水対策」は,公益社団法人日本建築士会連合会および一般社団法人建設業振興基金の継続職能開発(CPD)の自習型研修プログラムです。単位の取得を希望される方は,CPD情報システムにアクセスして本誌の設問に解答してください。
プロダクトNo 681
出版社 建築技術
発売日 毎月17日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。