建築技術 定期購読・最新号・バックナンバー

建築技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

建築技術雑誌の詳細です。


建築技術の公式サイトへ
本・雑誌 建築技術
本・雑誌内容 月刊「建築技術」は、激しく変貌する今日において、建築界におけるアーキテクノロジーのあり方を問うとともに、それらを通じて建築の本来の姿を捉えた建築総合雑誌です。計画・意匠・構造・施工・監理などを網羅し、建築に関する最先端の技術から、より実務的な問題までを幅広く取り上げ、読者のあらゆるニーズに応えるとともに、明日の建築におけるアーキテクノロジーを追求します。
本・雑誌内容詳細 建築技術2019年2月号
特集:設計者が知るべき木造建築物の腐朽・蟻害対策の勘所
監修:中島正夫

木造建築物の構造的安全性に大きな影響を与える腐朽と蟻害に焦点を当て,その実態や腐朽・蟻害のメカニズム,あるいはそれに対する材料面からの防止方法や考え方について解説する。また,雨水・結露水に着目し,その浸入や発生を詳細な納まりを主とした設計面から抑止する方法といくつかの実例紹介する。さらに,維持管理におけるコスト抑制策や劣化した構造体木部の力学的評価法などについて解説する。

Ⅰ.知っておきたい木材・木質材料の腐朽と蟻害│中島正夫……62
Ⅱ.木材・木質材料の腐朽・蟻害のメカニズムと構造性能
木材の腐朽発生メカニズムと腐朽リスクの現状│堀沢 栄……68
シロアリの加害習性とシロアリ分布の現状│大村和香子……72
木材の気象劣化メカニズム│木口 実……76
構造体としての木材の劣化と建物耐力│森 拓郎……80
Ⅲ.木材・木質材料の腐朽・蟻害を未然に防ぐ対処法
木材のもつ耐朽性・耐蟻性,乾燥,薬剤処理,維持管理│土居修一……84
保存処理,特に加圧処理による方法│桃原郁夫……88
塗料による対処法│石川敦子……92
木材の乾燥と腐朽の関係│栗﨑 宏……96
木造建築物における蟻害の現状とその防止法│吉村 剛……100
Ⅳ.設計からの腐朽・蟻害への対処法
雨がかり・結露と腐朽・蟻害の関係│中島正夫……105
屋根│宮村雅史……110
外壁(真壁)│輿石直幸……114
外壁(サイディング+通気構法)│齋藤宏昭……118
開口部│宮村雅史……122
バルコニーまわり│宮村雅史……127
木部構造体における劣化防止のための設計対処法│中島正夫……130
Ⅴ.木材の腐朽に配慮した事例
高湿度空間における木質構造のディテールと運用―太陽の郷│上田昭彦……135
富山県入善町木造建築群│米田正秀……140
Ⅵ.維持管理による腐朽・蟻害対策
メンテナンス・修繕コストを抑える設計上のポイント│中島正夫……144
外装木材の維持管理│荘保伸一……150
劣化した木材の残存性能評価│山口修由……154

※公益社団法人日本建築士会連合会・一般社団法人建設業振興基金のCPD単位取得について……158

【architectural design】
Overlap House│平田晃久建築設計事務所……12
重層する庭│青山 稔……24
Overlap Houseの構造│新谷眞人+佐尾敦宏……28
Overlap Houseの施工│大原 彰+菊池 聡……30

【特別記事】
冷凍冷蔵倉庫の断熱工法進化形「UEボード」│編集部……32

【連載】
RC造建築物の構造設計における変形モード・変位制御 第2回 限界耐力計算│勅使川原正臣……34
葬送のデザイン 第2回 火葬場の建つ場所│中野裕正……38
新時代を拓く最新施工技術 第112回 鉄道上空に跨る建築計画における鉄道近接施工 ダイヤゲート池袋新築工事│三栖健一……42
建築関連最新判例の解説 第62回 建築不祥事発生時に公表する「プレスリリース」の法的性質│秋野卓生……160
建築古今東西 第19回 建築の工学としての今後に向けて│神田 順……164
施工者に幸あれ 第87回 構造家・高橋一正 渡辺邦夫の軌跡とともに│朝倉幸子……174
一言居士 本当の安全性を見極めることが重要│城戸隆宏……159
ザ・ブックス 古代建築 専制王権と世界宗教の時代│中川 武 編,溝口明則 著,田所辰之助 評……162

【TECHNICAL View】
監視カメラの配置検討ツール「T-Sight simulatorR Security」……50
低エネルギー中性子による放射化抑制塗料材……51
繊維植込みシートを用いたタイル剥落防止工法……53
最低コスト・最短工程の大空間建築「LCアリーナR」……55
配筋チェックシートをBIMで自動作成プログラム……56
既製杭の支持層検出システム……57
地盤改良リアルタイム施工管理システム……58
高強度プラスチックを用いたPC緊張材の定着システム……59

【MACRO & MICRO】
Column 建築技術の組織化と設備技術者への期待 デザイナーとエンジニアの協働の観点から│佐藤信孝……170
Column 地盤に対する理解を深める 第19回 司法支援建築会議講演会│實成康治……171

【BRI news & topics】
国土技術政策総合研究所における最近の話題……176

【BUIL TECH】
もりだくさんのホットな製品情報……178

【表紙】
Overlap House
設計:平田晃久建築設計事務所
撮影:大野 繁
デザイン:箕浦卓(M’s SPACE)

通巻 829号
発売日 2019年1月17日
判型・頁 B5判・190頁
雑誌コード 03325-2
価格 1,759円+税

【次号予告】
建築技術2019年3月号(2月17日発売)
特集:鉄骨造の施工管理力UP術
監修:田中 剛(神戸大学大学院教授)
「施工計画」と「施工管理」の2本立てで構成し,見落としてはいけない施工技術のポイント,および概略はおおよそ知ってはいるが,正確には理解されていない施工技術のポイントを紹介する。「施工計画」では施工全体の計画,地上工事・地下工事・仕上工事の施工計画,施工計画へのBIM活用,「施工管理」では鉄骨部材の発注,地上工事・地下工事・仕上工事の施工管理を取り上げる。

【architectural design】
慶松幼稚園,eggg Cafe│原広司+アトリエ・ファイ建築研究所

※建築技術特集「設計者が知るべき木造建築物の腐朽・蟻害対策の勘所」は,公益社団法人日本建築士会連合会および一般社団法人建設業振興基金の継続職能開発(CPD)の自習型研修プログラムです。単位の取得を希望される方は,CPD情報システムにアクセスして本誌の設問に解答してください。
プロダクトNo 681
出版社 建築技術
発売日 毎月17日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。