計測技術 定期購読・最新号・バックナンバー

計測技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

計測技術雑誌の詳細です。


計測技術の公式サイトへ
本・雑誌 計測技術
本・雑誌内容 本誌は、工業計測の各分野について、1.基礎計測-物理・化学量等基礎的諸量の計測と分析。2.計測要素-回路、装置、精密機器。3.プロセス計装-計画、管理、プロセス制御。4.自動化機器-サーボ技術、NC、マテリアルハンドリング、自動倉庫。5.情報処理-データ処理、電子計算機及びその応用。以上5本の柱を編集の基本にし基礎理論から事例など実務応用面に至る諸問題をとりあげております。
本・雑誌内容詳細 ■特集:最近の超音波流量計とその応用
○超音波流量計における計測技術開発と試験設備/(国研)産業技術総合研究所/古市紀之・和田守弘・小野満里絵
本研究所においては、超音波流量計を用いたオンサイトキャリブレーションを実施するために、高精度設備を用いた実験的研究をこれまでに行ってきた。本稿においては、所有する設備の概要や、この設備を用いた高精度流速分布計測、また超音波流量計に対する開発概要を紹介する。

○電池式及び高精度型超音波流量計の活用事例/東京計器㈱/清水靖也
超音波流量計というとクランプオン式が一般的だが、低消費電力化を実現した電池式と測定精度±0.2%の高精度型という特徴的な2種類の測定管方式の超音波流量計について活用事例を紹介する。

○超音波せき式流量計の特徴と設置の注意点/超音波工業㈱/三枝福徳
空中超音波を用いたせき式流量計は検出部が非接液でメンテナンス性に優れていることから、上下水道局、火力発電所、化学プラントなどの各種工程において重宝されている。本稿ではリニアライズh-Q曲線を200ポイントの近似曲線データとして内部テーブルを持たせることで、メンテナンス性と高精度な測定を両立させた当社超音波せき式流量計と超音波せき式流量計の設置上の注意点を紹介する。

○気体の高精度計測に寄与する超音波流量計/㈱オーバル/磯田伸一郎
超音波流量計は、低圧力損失、ワイドレンジ、正逆流計測、大口径適用への容易さなど、他の流量計にはない大きな特長を持っている。本稿では当社の製品としてアプリケーション事例が多岐に渡り、高精度計測に寄与する気体用超音波流量計に焦点を当てて紹介する。

○半導体製造プロセスに最適な超音波流量計/東京計装㈱/松本匠平・石田剛之
微細な半導体製造プロセスに最適なクランプ形超音波流量計である。PFA配管の外側に取付け可能なため、流量計の設置や交換が容易であり、計測流体に接液しないため配管内はクリーンに保たれる。PFAの配管サイズは1/8”から1”まで対応可能である。

○最新の天然ガス/気体測定用超音波流量計/エンドレスハウザージャパン㈱/仁科好雄
気体測定に特化した最新の超音波流量計についてその仕様、アプリケーション、高度なガス分析ソフトウエア、Heartbeat自己診断機能などについて紹介する。

○最新型クランプオンタイプ液体用超音波流量計/フレキシムジャパン/小橋雅彦
クランプオンタイプ超音波流量計の計測原理、注意点を解説し、フレキシム社で販売された最新の液体計測用製品を紹介し、性能、診断機能、導入アプローチを説明する。

■製品と技術
○光学式トラッキングシステム/アキュイティー㈱/佐藤眞平
大規模なロケーションVRを実現する光学式トラッキングシステムの原理や運用上の留意点、トレンド等を説明する。従来の反射センサーから運用の安定性や事前の準備、ナレッジが不要であることからトレンド化しているアクティブトラッキングの紹介を行う。

○幅広い計測シーンに対応できるデータロガー/グラフテック㈱/松本 信
コロナ禍に於いて今後ニーズの変化が予想されるデータ収録業務等に対し、データロガー等記録計に求められる性能やセキュリティ対応について、当社新製品「GLT400」を用いて解説と製品の紹介をする。

○全窒素・全りん/COD自動測定装置/東亜ディーケーケー㈱/江原 徹
当社製全窒素・全りん/COD自動測定装置は、水質総量規制に対応した全窒素・全りん、CODの省試薬型3項目自動分析装置である。今回は、開発背景、装置の概要、特徴のほか、省試薬化の経緯や取り入れた技術について紹介する。

○省エネ支援システム/三菱電機㈱/中山大輔
当社のAI技術Maisartを搭載し、エネルギーロス抽出やエネルギーロス要因診断により省エネ活動のPDCAをトータルサポートする省エネ分析・診断アプリケーションの販売を開始した。本稿では、ユーザーの要望や市場の課題から開発したEco Adviser省エネ分析・診断アプリケーションについて主に紹介する。

■連載
○食品のトレーサビリティ 第46回/食品トレーサビリティシステム標準化推進協議会/大野耕太郎
森オリンピック組織委員長がマスコミの先導もあって石以て追われるように辞任した。日本中はジェンダー問題の欠如としてオリンピックの精神に逸脱すると声高に叫んだ。しかし人権問題に対する世界の目は中国に注がれている。あのBBCが映像と共に強制収容されていた女性のインタビューを報道した内容に世界は驚愕し、北京オリンピックボイコットの機運すら起きてきた。我が国の政治家から、未曾有の人権問題に対する声は聞こえて来ない。この日本人の劣化を食品安全に対する歪みから読み解いてみる。

■コラム
○第59回 計量から認識へ:計測の新しいパラダイム/山﨑弘郎

■製品ガイド
○湿度・露点計/粘度計

プロダクトNo 652
出版社 日本工業出版
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。