蛍雪時代 定期購読・最新号・バックナンバー

蛍雪時代の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

蛍雪時代雑誌の詳細です。


蛍雪時代の公式サイトへ
本・雑誌 蛍雪時代
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 【特集】現役合格のために [失敗]を[成功]へつなぐ術!
・「東京大学多浪交流会」のぶっちゃけ話 浪人は失敗じゃない!
・先輩たちの失敗&受験のタブー
・失敗に負けない行動&メンタル
・浪人経験者の合格体験記 浪人で知った 合格のために大事なこと
・転ばぬ先の杖! 科目別・失敗する受験勉強&成功への改善策
・進路の先生が教える! 失敗から学ぶ成功の極意

【特集】[ガクモン]との出会い方
・清水章弘の新・デキる受験生養成講座「考えるアタマのつくりかた」特別編・青山学院大学学長 三木義一先生インタビュー
・似ている?学問の違いを検証
・大学で「やりたいこと」が見つかるかも!? ガクモンに触れる夏のイベント!

[その他の記事]
・学費・生活費・奨学金マニュアル 大学進学“お金”の話
・ケイセツプレゼント
・読者のページ ケイセツ倶楽部
・螢雪ジャーナル 2019年入試 一般入試/合格者成績
・2021年、大学入試はこう変わる![第3弾]どうなる?大学入学共通テスト(理科、地歴・公民編)

《好評連載》
外部検定利用入試を徹底解説![第4回]入試に使える「英検CSEスコア」を徹底解説!
ライブ講義が聴ける! 鉄人講師のセンター試験傾向と対策ナビ
・英語の鉄人 水野 卓(駿台予備学校)
・数学の鉄人 池田 洋介(河合塾)
・古文の鉄人 望月 光(代々木ゼミナール)

【第1付録】
学部リサーチ! 家政・生活科学・栄養学部系統の総合的研究
【特別付録】
大学入試 英語長文問題 実力チェック×攻略ガイド


《螢雪時代編集長コメント》

もうすぐ夏。基礎学力の養成も中盤に入ってきますが、
実力がついている実感がなかなか得られず、焦りを感じる人も少なくないと思います。
みなさんご存知のように、センター試験は来年1月で最後。
今度の入試で失敗したら、取り返しのつかないことに…という不安もあいまって、
心が苛まれている人もいることでしょう。

ただ、私たちが大学受験を長年見つめてきた大人としてお伝えしたいのは、
みなさんの人生の中で、少なくとも大学受験において、
“取り返しのつかない失敗”など、存在しないということ。
もちろん、人間ですから多少の失敗はあるでしょう。
大切なのは、その失敗に打ちのめされないこと。
むしろ、それを成功への“踏み台”にすらしてしまうことです。

7月号では、受験においていわゆる“失敗”を経験した先輩や、
多くの“失敗”の例を見てきた先生たちから、
「失敗しない」あるいは「失敗に負けない」ためのアドバイスを目いっぱい集めました。
トップを飾るのは、東京大学のユニークなサークル「多浪交流会」の面々。
2浪、3浪、4浪と、今どき珍しい苦労を重ねて東京大に入学した先輩たちの、
多浪の理由とその明るさの秘密に迫ります。
併せて、他の難関大学に浪人を経て入学した先輩からも、
浪人経験から得られた教訓を伺いました。
さらに、仮に失敗してしまったとしても、
そこからうまく立て直す、あるいは失敗に心を折られない方法を、
「勉強のやり方」指導のエキスパートである清水章弘先生、
アスリートへの「メンタルコーチング」の一線で活躍する柘植陽一郎先生のお二方が
それぞれの立場から伝授します。

後半では、「[ガクモン]との出会い方」と題して、
大学で学べることとその魅力、そして「学びたいこと」の見つけ方を探ります。
青山学院大学学長の三木義一先生が語る学問のあり方、
理学部と工学部、教員養成系学部と教育学部など一見違いがわかりにくい学問分野の違い、
さらに、大学で夏に開催される学問イベントなどの情報を、
みなさんの「やりたいこと」へのヒントにしていただければ幸いです。

進路選びも受験勉強も、これからが本番。
悩んでいるみなさんは、伸びしろだらけです。恐れず走り続けましょう!

(編集長・倉賀野次郎)
プロダクトNo 650
出版社 旺文社
発売日 毎月14日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。