蛍雪時代 定期購読・最新号・バックナンバー

蛍雪時代の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

蛍雪時代雑誌の詳細です。


蛍雪時代の公式サイトへ
本・雑誌 蛍雪時代
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 【大特集】決めよう!理想の合格パターン 併願&受験校決定
・考えよう。大学へ行く理由、選ぶ理由。-受験校を決めるキミへのキムタツ先生からのメッセージ-
・ベストな結果を引き出す! 「成功する併願」5つのMUST! ポイント
・入試の全容を知る先生・先輩の提言 今、志望校のレベルを下げてはいけない!
・先輩の「併願」体験記 志望を貫く併願戦略!
・大予測! 2020年一般入試の難易変動はこうなる!?
・併願校決定に役立つ! 2020年国公立大・私立大 入試科目・配点パターン
・プロが伝授! 併願を成功させる受験データ活用法
・合格者タイプ別併願実例集
・ココロとサイフにやさしい受験プランニング!

[特集]秋だから、大学を楽しもう。
・大学生活をおもしろくする! サークル図鑑
・[特別企画]東京六大学の学園祭においでよ! (早稲田大・慶應義塾大・東京大・立教大・明治大・法政大)

[特集]秋の受験勉強お悩み相談所
・清水先生の 秋の受験勉強お悩みQ&A
・秋の受験勉強お悩み相談所[英・数・国編]
・緊急調査! “秋のお悩み”ホントのところ
・秋の受験勉強 先輩たちのお悩み解消体験記
・最新出題を詳細に分析! 難関国立9大学「英語」徹底研究(北海道大・東北大・東京大・東京工業大・一橋大・名古屋大・京都大・大阪大・九州大)


【好評連載】
・清水章弘の新・デキる受験生養成講座 考えるアタマのつくりかた
・外部検定利用入試を徹底解説![最終回]ひと目でわかる! 2020年一般入試 外部検定利用一覧(私立大編)
・ライブ講義が聴ける!鉄人講師のセンター試験傾向と対策ナビ
英語の鉄人 水野卓(駿台予備学校)
数学の鉄人 池田洋介(河合塾)
現代文の鉄人 竹内幸哉(河合塾)

【第1付録】
学部リサーチ! 経済・経営・商学部系統の総合的研究

【特別付録】
2020年 私立大学入試日程カレンダー早見表


《螢雪時代編集長コメント》
センター試験まで残り100日を切り、受験勉強も佳境に入ります。
実際の入試でいかに得点できるか、あるいは失点しないかという、
いわゆる「実戦力」の鍛錬が続くのです。

すなわち、過去問演習など、自分が受験する大学の入試を意識した訓練が
中心となってくるわけです。
となれば当然、その大学のラインナップはある程度決まっている前提で
演習の内容を決めたりしていくわけです。

とはいえ、この時期になっても受験校を決めきれない人は、意外に多いもの。
自分は大学で何をしたいのか、どんな場所で学びたいのか、
自分の学力に対してこの大学のレベルはどうなのか、など、
心の中にモヤモヤしている疑問をなるべく早く解消して目標を明確化し、
そこに向かって走り出したいところです。

この11月号では、志望校決定と併願プランの基本的な考え方から先輩たちの体験記まで、多くの誌面を使って、先輩たちが過去に組み立て、歩んだ併願プランを、
できる限り多くお見せします。
タイプ別の併願実例、進路指導の先生からのアドバイス、
お金の面から考える併願プランまで、あらゆる情報を活かして、
悔いのないプランを組み立てていただければと思います。
また、近年では首都圏にある大学の定員管理厳格化などの政策が、
入試難易度に大きな影響を与えています。
編集部が全国の進路指導の先生方からご協力をいただき、その動向を分析しました。
ぜひ参考にしてください。

後半の特集では、キャンパスライフを楽しくする「サークル」「学園祭」を取材。
全国の多くの大学がこれから本格的な学園祭シーズンを迎えますが、
学生のナマの姿に触れられる絶好の機会。
特に大学選びを考える高1・2生には、足を運んでみることをオススメしたいと思います。

さらに「秋の受験勉強お悩み相談所」と題し、
模試結果の伸び悩みや基礎力への不安、メンタルの問題など、
この時期の受験生にありがちな悩み・トラブルの解消法を、先生と先輩がアドバイスします。

みなさんの実力が伸びるのは、まだまだこれから。
それを信じて、前に進み続けましょう。

(編集長・倉賀野次郎)


プロダクトNo 650
出版社 旺文社
発売日 毎月14日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。