形成外科 定期購読・最新号・バックナンバー

形成外科の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

形成外科雑誌の詳細です。


形成外科の公式サイトへ
本・雑誌 形成外科
本・雑誌内容 形成外科,美容外科,皮膚科,外科,耳鼻咽喉科,口腔外科の方々を中心に最新の情報を提供しています。形成外科草創期に創刊された形成外科臨床誌であり,臨床的な手技,経験を主体として,基本から高度な技術までを広範囲に収載し,臨床に携わる方々に提供しています。
本・雑誌内容詳細 第62巻第3号(2019年3月号)

●随想「出かけてみよう,外の世界へ」 (宮脇剛司)229
●特集:眼科・形成外科の双方から見た眼瞼下垂の機能再建
 企画にあたって (清川兼輔)231
 眼瞼下垂の機能再建とは (村上正洋)233
 眼瞼下垂症と視機能・眼瞼圧 (鄭 暁東ほか)237
 眼瞼下垂手術とオキュラーサーフェス (渡辺彰英)247
 先天眼瞼下垂と視機能 (根本裕次)257
 眼瞼下垂手術における術式の違いによる術後惹起乱視 (野間一列ほか)268
 形成外科医の考える機能面と整容面の改善を両立させた眼瞼下垂の治療 (山下 建ほか)279
 解剖学的再建を前提とした腱膜性眼瞼下垂症手術 (小泉正樹)288
●連載:みんなで考えよう!足病カンファレンス<AR動画>
[case 3]足底腱膜の壊死性筋膜炎は切開線のデザインに注意する (佐藤智也)298
●連載:形成外科NEXT─次世代の本音─
 多様性の時代を生きる (荒牧典子)304
●連載:教室だより北~南
 (51)北里大学 形成外科・美容外科学 (杉本孝之)306
●症例
 カテーテル穿刺部位から発症を繰り返し死に至ったガス壊疽の1例 (吉田智香子ほか)311
 カサバッハメリット症候群を合併せず,切除のみで治癒を得たカポジ肉腫様血管内皮腫の1例 (秋本倫太郎ほか)318
 Ehlers-Danlos症候群の外傷後瘢痕に対して組織拡張器を用いて治療を行った1例 (大守 誠ほか)324
プロダクトNo 648
出版社 克誠堂出版
発売日 毎月13日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。