経済界 定期購読・最新号・バックナンバー

経済界の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

経済界雑誌の詳細です。


経済界の公式サイトへ
本・雑誌 経済界
本・雑誌内容 「企業は人で決まる」という編集方針から、経営者の人物像に迫り、企業を分析する経済誌。 昭和39年の創刊以来、多くの経営者やビジネスマンに価値ある情報を提供し続けてきました。 時代を動かすキーマンの単独インタビュー、独自の観点で経済・社会事象を斬る巻頭特集、 企業の最前線を追うニュースレポートなど、欠かせない情報が満載。現代の羅針盤として、 必ずお役に立てます。
本・雑誌内容詳細 2019.2月号

「亥年生まれの経営者」2019年を語る


「視点」冨山和彦 経営共創基盤(IGPI)CEO


スペシャルインタビュー
企業生態系を構築し20年で一大金融グループに
北尾吉孝 SBIホールディングス社長


第44回 経済界大賞
◆大賞
北尾吉孝 SBIホールディングス社長

◆優秀経営者賞
貝沼由久 ミネベアミツミ会長兼社長
星野晃司 小田急電鉄社長
分林保弘 日本M&Aセンター会長
河野貴輝 ティーケーピー社長

◆地方創生賞
笹原晶博 北海道銀行頭取

◆ベンチャー経営者賞
松下 剛 MTG社長

◆グローバルチャレンジ賞
猪塚 武 キリロム工科大学学長


金の卵発掘プロジェクト2018
◆グランプリ
草木茂雄 エムアールサポート代表取締役

◆審査員特別賞
井上進太郎 サティスフィル代表取締役
高橋未来 ハックシー代表取締役


特集 せとうち復興 被災地は観光でよみがえる

総論 せとうち版観光レジリエンス計画

「見せちゃれ広島の底力」自然、食、地域連携で魅力を倍増していく
湯﨑英彦 広島県知事

企業と地域の近い関係 ジャパンマリンユナイテッド

上海のテレビ制作会社上海日欣文化伝媒有限公司に聞く
「せとうち観光のポテンシャルは?」

晴れの国岡山の「事業」と「人」の育て方
松田 久 両備ホールディングス社長CEOO×大橋節子 IPU環太平洋大学学長


特集2 転ばぬ先の相続・事業承継対策

専門家に聞く最適な事業承継のあり方 神門 剛 みつきコンサルティング社長

不動産投資と賃貸経営のノウハウで顧客をフルサポート
後藤聡志 きらめき不動産代表

事業承継の一番の目的は会社を永続させていくこと 100年企業戦略の実践
天崎日出雄 ボルテックス取締役

人材、物件、ファイナンス力を武器に相続・事業承継対策をサポート
西川将史 センチュリオン社長


レポート

上場前に大規模システムダウン ソフトバンクの明日はどうなる?

ゴーン逮捕から1カ月 起こりうる日産「最悪のシナリオ」

LINEとのアライアンスに託す 苦境に立つみずほFGの一手


インタビュー

中国最大のメディアグループとエンタメ人材の教育機関を設立
──アジア進出を加速する吉本興業

人づくりは場づくり
大﨑 洋 吉本興業共同代表取締役社長CEO


激動の国際社会で日本に求められる構想力
寺島実郎 日本総合研究所会長


宿泊事業と収益不動産開発で安定した豊かな老後をサポート
高橋誠一 三光ソフランホールディングス社長


政知巡礼「まずやるべきは、日本人が働きたくなる職場づくりだ」
太田昭弘 衆議院議員


わたしの故郷「岡山県」
大橋洋治 ANAホールディングス相談役
小長啓一 弁護士


トレンドインタビュー

新生モッズ・ヘア始動。抜本的な経営改革で更なる事業拡大を目指す
朱峰玲子 エム・エイチ・グループ社長

日本経済が活性化する起爆剤は起業家を多数輩出することにある
千本倖生 レノバ会長


カンパニーレポート

ゼネラル・オイスター
オイスター界のフロントランナーとして“6次産業化”を目指す


燦々トーク
ゲスト 大倉正之助 能楽師 囃子方大倉流大鼓


連載

WORLD INSIGHT●藤田 勉

中東を読む●高橋和夫

中国は今●柯 隆

ニューヨークレポート●肥田美佐子

ローカルファイナンス考

ひじりみち●松本紹圭

発掘!! 慧眼の士●加来耕三

女の選択●水無田気流

ゴルフここが聞きたい●中村龍明

心臓突然死を防ぐ12の掟●小川 聡

100年人生マネジメント●藤田紘一郎

スポーツインサイドアウト●二宮清純

永田町ウォッチング●山田厚俊

霞が関番記者レポート


経済界倶楽部例会
関西11月例会 特別講演会
山中伸弥 京都大学iPS細胞研究所所長・教授


経済界札幌支局開設30周年記念祝賀会


イノベーターズ


企業EYE

HEADLINE

From EDITOR

[特別企画]謹賀新年 平成31年元旦
プロダクトNo 637
出版社 経済界
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。