経済界 定期購読・最新号・バックナンバー

経済界の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

経済界雑誌の詳細です。


経済界の公式サイトへ
本・雑誌 経済界
本・雑誌内容 「企業は人で決まる」という編集方針から、経営者の人物像に迫り、企業を分析する経済誌。 昭和39年の創刊以来、多くの経営者やビジネスマンに価値ある情報を提供し続けてきました。 時代を動かすキーマンの単独インタビュー、独自の観点で経済・社会事象を斬る巻頭特集、 企業の最前線を追うニュースレポートなど、欠かせない情報が満載。現代の羅針盤として、 必ずお役に立てます。
本・雑誌内容詳細 2019.4月号


「視点」 松本 晃 RIZAPグループ取締役


スペシャルインタビュー
未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる
星野晃司 小田急電鉄社長


第44回経済界大賞金の卵発掘プロジェクト2018
表彰式&祝賀パーティー


特集 日本の「食」最前線

総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業

「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割

全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生

上海で見た日本の「食」の未来

ぶれない7割、合わせる3割で和食の魅力を伝えていく
大森朗弘 オークラガーデンホテル上海「山里」総料理長

海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目

チキンラーメンから60年 即席麺が世界を席巻した理由

日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実

IWC脱退で日本人はクジラを食べるのか

消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争


総力特集 2019年注目企業30

孫 正義 ソフトバンクグループ会長兼社長

澤田秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長

三木谷浩史 楽天会長兼社長

IT+αで時代をリードする
◎アシスト
◎Abalance
◎ADVASA
◎CS-C
◎J&M HOLDINGS
◎ゼロフィールド
◎イノベーション・ロジスティクス

顧客第一主義を貫く
◎キャンディル
◎ミマコーポレーション
◎シニアライフクリエイト
◎キング
◎ゴリラソース
◎センチュリオン
◎パートナーズ
◎Best Delight Group
◎アイビーエス
◎CLOVER

「人材」で勝負する
◎ガネット
◎アレックス・ソリューションズ
◎ルナサンド
◎アカオアルミ
◎天真堂

オンリーワンの先見性と改革力
◎カーレントサービス
◎プラスプ/ワン・ダイニング
◎ASIA PROJECT SUPPORT
◎ディッジ
◎アポロクリエイトホールディングス


レポート

中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日


特別対談

ブックオフに続いて「俺の」で革命を起こした坂本流経営哲学
坂本 孝 「俺の」社長×松岡真宏 フロンティア・マネジメント代表取締役


政知巡礼「これからは地方首長の時代だと思っている」
山本一太 参議院議員


わたしの故郷「山形県」
◎斎藤 保 IHI会長
◎伊藤 守 アキレス社長


カンパニーレポート

オンデーズ マイナスからのスタートをバネに 世界展開を加速する眼鏡のSPA

クレオ 物流、製造の現場では欠かせない容器洗浄のトップメーカー


著者が語るほんのヒトトキ『魚が食べられなくなる日』 勝川俊雄


燦々トーク ゲスト 大友直人 指揮者


連載

WORLD INSIGHT●藤田 勉

中東を読む●高橋和夫

中国は今●柯 隆

ニューヨークレポート●肥田美佐子

ローカルファイナンス考

ひじりみち●松本紹圭

発掘!! 慧眼の士●加来耕三

永田町ウォッチング●山田厚俊

霞が関番記者レポート

女の選択●水無田気流

ゴルフここが聞きたい●中村龍明

心臓突然死を防ぐ12の掟●小川 聡

スポーツインサイドアウト●二宮清純

フォトレポート●東京會舘

クローズアップ●ファミーユ、コラボス、MJG、MACオフィス


企業EYE

HEADLINE

大学シリーズ名門の系譜●青山学院大学

書評

エンタメK

From EDITOR
プロダクトNo 637
出版社 経済界
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。