経済界 定期購読・最新号・バックナンバー

経済界の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

経済界雑誌の詳細です。


経済界の公式サイトへ
本・雑誌 経済界
本・雑誌内容 「企業は人で決まる」という編集方針から、経営者の人物像に迫り、企業を分析する経済誌。 昭和39年の創刊以来、多くの経営者やビジネスマンに価値ある情報を提供し続けてきました。 時代を動かすキーマンの単独インタビュー、独自の観点で経済・社会事象を斬る巻頭特集、 企業の最前線を追うニュースレポートなど、欠かせない情報が満載。現代の羅針盤として、 必ずお役に立てます。
本・雑誌内容詳細 2019.7月号

「視点」 松本 晃 RIZAPグループ取締役


スペシャルインタビュー
長期的視点で開発するのが素材企業のDNA 日覺昭廣 東レ社長


特集 素材の底力~世界をリードする素材産業~
素材のイノベーションが日本経済をリードする

化学工場
企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材

車載用電池
電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争

炭素繊維
市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法

鉄鋼
「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力

経産省
日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題

非鉄
画期的な生産プロセスでレアメタルをコモンメタルへ

就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
「縁の下の力持ちの矜持」


特集2 お金の流れが地域を変える

地域で事業を生み出すための「社会的投資」
野池雅人 プラスソーシャルインベストメント社長

事例1 おかやまケンコー大作戦プロジェクト

事例2 小又川水力発電所更新プロジェクト

さるぼぼコインが地域を潤す飛騨信用組合の挑戦

完全キャッシュレス化を目指す舞鶴市をサポート


レポート

営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴


インタビュー

デジタル高度成長を続けるインド経済に投資する
佐藤輝英 BEENEXTファウンダー

「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年
常見陽平 評論家・労働社会学者


政知巡礼 特別編
積み残しの課題が山積 令和の政治はどうあるべきか



金の卵発掘プロジェクト2018グランプリ受賞

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション(第3回)
草木茂雄 エムアールサポート社長


わたしの故郷「山梨県」
早河 洋 テレビ朝日ホールディングス会長兼CEO
福田修二 太平洋セメント会長


カンパニーレポート

レジデンストーキョー マンスリーマンション、ホテルの運営で日本を快適にアップデート

e-flat 国内資源で再生可能エネルギーの普及を目指す高付加価値提供企業


特別対談

飽くなき挑戦で旋風を起こせ
近藤真彦 KONDOレーシング監督×今福洋介 リアライズコーポレーション社長


著者が語るほんのヒトトキ
『社会のしくみが手に取るようにわかる哲学入門』 萱野稔人


FACE 金 大仲 グローバル・リンク・マネジメント社長


燦々トーク ゲスト 立川談慶 落語家


WORLD INSIGHT●広木 隆

中東を読む●高橋和夫

中国は今●柯 隆

ニューヨークレポート●肥田美佐子

ローカルファイナンス考

永田町ウォッチング●山田厚俊

霞が関番記者レポート

発掘!! 慧眼の士●加来耕三

ひじりみち●松本紹圭

女の選択●水無田気流

人生100年時代の養生訓●富家 孝

ザ・税務「知って得しま専科」●金森 勝

スポーツインサイドアウト●二宮清純



経済界倶楽部 東京・横浜4月例会

フォトレポート
●良品計画
●ANA
●ワン・ダイニング

大学シリーズ名門の系譜
●東海大学
●京都大学
●同志社大学

企業EYE

イノベーター

HEADLINE

書評

エンタメK

From EDITOR
プロダクトNo 637
出版社 経済界
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。