経済 定期購読・最新号・バックナンバー

経済の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

経済雑誌の詳細です。


経済の公式サイトへ
本・雑誌 経済
本・雑誌内容 “時代の課題に挑戦する科学的社会主義の経済誌”です。歴史的な激動の時代を目の前にしていますが資本主義経済の発展の中で生み出されてきた矛盾をどう解決するのでしょうか。不況・デフレ、失業や貧困、南北格差の問題という古くて新しい問題。地球環境問題やIT化、人間の存在にも関わる生命科学などの新たな解明の求められる問題、等など。今日の時代が提起する諸課題を、科学的社会主義の立場から分析、解明する意欲を持った雑誌です。同時に時代の課題を探求するには、それにふさわしく理論を発展させることが求められます。『資本論』などの古典研究とともに現代における科学的社会主義の創造的な発展にも果敢にも挑んでいます。あわせて、市場原理主義などの現代の支配的な思想・理論の批判と克服も大事なテーマにしています。最新号の目次は本誌ホームページでご覧いただけます。
本・雑誌内容詳細 <総特集> 多国籍企業・グローバル企業と日本経済
★48ページ増・196ページ 臨時定価 1130円(税込)
★米中貿易摩擦の背景・情報通信産業の熾烈な競争を解明
★GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)の実態に迫る
【座談会】
 小栗崇資(駒澤大学教授)×夏目啓二(愛知東邦大学教授)
 小阪隆秀(日本大学教授)×田村八十一(日本大学教授)
 多国籍企業の展開をどう見るか

【論文】
◎桜井 徹さん(国士舘大学教授)に聞く
 多国籍企業研究の視点について


◎米中ディジタル多国籍企業の覇権競争 
 ――米中貿易摩擦と日本企業…夏目啓二

◎多国籍企業の財務構造と会計・税制…小栗崇資

◎グローバル・バンクの動向と今後の展望…中野瑞彦

◎医薬品産業におけるグローバル化と現代医薬品企業…細川 孝

◎インターネット通販大手のアマゾンとアリババ…小信田八郎

◎アマゾンにみる流通分野の新展開と「反アマゾン法」…佐々木保幸

◎多国籍企業を規制する運動の新しい展開…筒井晴彦

◆コラム
 ▼デジタルな世界のプラットフォーム(夏目啓二)
 ▼国際会計基準(小栗崇資)
 ▼日産とルノーの関係(松田真由美)
------------------------------------------------
【連載】不破哲三
 マルクス弁証法観の進化を探る〔第2回〕
  ――『資本論』と諸草稿から
★『資本論』草稿の執筆過程からみる研究過程の弁証法

【論文】
◎公的統計と統計機関はどうあるべきか(下)
 ――「統計不正問題」によせて…伊藤陽一

◎官民ファンドによる投資市場の歪み
  ――産業革新投資機構事件の背景…大島和夫

●世界と日本
 中国全人代・経済対策が重点…平井潤一
 韓国・「労組破壊士」に有罪…洪 相鉉
 印パ、カシミールで軍事衝突…豊田栄光
●書評
 首藤若菜著『物流危機は終わらない』…石井まこと
 黒田兼一著『戦後日本の人事労務管理』…猿田正機
 牧野広義著『マルクスの哲学思想』…高田 純
●鰺坂真編『辰巳経世著作集』に寄せて…福田泰久
●随想
 グローバルな時代の「日本的経営」を考える
  …林 正樹(中央大学名誉教授)
プロダクトNo 635
出版社 新日本出版社.
発売日 毎月8日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。