月刊クーヨン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊クーヨンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊クーヨン雑誌の詳細です。


月刊クーヨンの公式サイトへ
本・雑誌 月刊クーヨン
本・雑誌内容 子どもも大人も、みんな違ってみんないい!子どもの自然な育ちをせかさずに、家族の時間をゆっくりたのしめば、たいていのことは大丈夫……そんなスタンスの育児雑誌です。0~6歳の子育てをたのしんでいる家族や先輩家族がたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。話題の発酵食レシピ、自然派医師により健康ガイド、気になる子のためのわらべうたあそびなど連載も充実です。また、子育て中に知っておきたい国内外のニュースを豊富にお届け。大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考えています。
本・雑誌内容詳細 *特集*

子どもの発達のために家でできること

脳にいい運動、足育、視る力、食事



人間は、ほかの動物に比べてずっと未熟な状態で生まれます。
とりわけ「脳」は、生まれた瞬間からの周囲の働きかけや
環境からの刺激によって、ようやく人間らしく育ちます。
そこで、今回の特集では、
子どもの脳の発達によい環境や働きかけ、
そして脳に良質な栄養を届ける食べ方をご紹介します。


脳に働きかけるシェルハブ・メソッド

*高尾明子さん(シェルハブ・メソッド指導者)

…あかちゃんが自力で獲得していく「寝返り」「はいはい」「二足歩行」といった動きには、脳の発達のスイッチを入れる役割があります。
一方で、こうした動きが苦手なあかちゃんもいます。そこで、あかちゃんからのからだの動きを、自然な形に導いて発達を促すのが「シェルハブ・メソッド」。今回は、お家でできることをおそわります。


脳育ては、足育てから

*柄本亜紀子さん(「足と姿勢の相談室」代表)

…脳は、皮膚からの刺激、目や耳からの情報、手足の動きなどによって発達をうながされます。とりわけ、足の動きと連動して発達する部位が大きいことから、乳幼児期の自由な足の動きが脳の発達には欠かせません。脳育てに役立つ足の動き、そして靴の選び方を聞きました。



「視る力」から脳を育てるブレインジム

*神田誠一郎さん(ブレインジム・インストラクター)

…目は脳に近い感覚器官であることから、脳の発達と強い結びつきがあります。しかし、最近子どもの視る力が全体に低下しています。「ブレインジム」は、「視る力」を損ねず、脳によい刺激を送る「目」を育てる方法です。



かしこくなる本当の食べかた

*本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)

…腸と脳がつながっていることが明らかになってきました。あわせて、脳を働かせるのに必要は栄養をどのように摂るべきかについても研究が進んでいます。乳幼児期は、腸内細菌を整える最適期。脳によい、腸を健やかにする食べ方を、本間真二郎さんに聞きました。




★4月号には特別付録がついています!★

「子どものいいとこきろく手帖」

お誕生から6歳までの、子どもの「いいとこ」を、この手帖に残しましょう。
書くことを探しているうちに、
子どもを褒めるのがきっとじょうずになります。
そして「いいとこ」ばかりが記録された手帖を、
ぜひ子どもの入学や卒業、成人などのタイミングでプレゼントしてください。
たくさん愛されて育った記録を、嬉しく受け取ってくれるに違いありません。
絵本作家うちむらたかしさんの、オリジナルイラストです。



【 新 連 載 スタート!】

●道草の雑想/藤原辰史さん(京都大学准教授)

…農業の歴史や食にまつわる思想を専門とする藤原辰史さん。すべての研究の動機は「子ども」に関係すると言います。
最新刊は「給食の歴史」(岩波文庫)でも。そんな藤原さんが、[クーヨン]で連載をスタートします。
育児に「道草」するようなこころのゆとりを吹き込んでくれる。そんな読みものです。どうぞこれからもおたのしみに!


【 好 評 連 載 】

●「母」を、新しく生きる 13回目ゲスト 茂原奈央美さん

●子どもの居場所・つくるひと
 「こっこ広場」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「春野菜の味噌ラップサンド」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[揺れる]」/山下直樹

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「発達障がいを考える2」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子
プロダクトNo 578
出版社 クレヨンハウス
発売日 毎月3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。