月刊クーヨン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊クーヨンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊クーヨン雑誌の詳細です。


月刊クーヨンの公式サイトへ
本・雑誌 月刊クーヨン
本・雑誌内容 子どもも大人も、みんな違ってみんないい!子どもの自然な育ちをせかさずに、家族の時間をゆっくりたのしめば、たいていのことは大丈夫……そんなスタンスの育児雑誌です。0~6歳の子育てをたのしんでいる家族や先輩家族がたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。話題の発酵食レシピ、自然派医師により健康ガイド、気になる子のためのわらべうたあそびなど連載も充実です。また、子育て中に知っておきたい国内外のニュースを豊富にお届け。大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考えています。
本・雑誌内容詳細 特集

泣き叫ぶあかちゃんを抱いて
夜泣きと寝ない子。
つらさ、改善したい!




産後の心身に堪えるのが、あかちゃんの夜泣きです。
なかなか寝ない子にも、こころが折れる日がありますね。
理由はさまざまですが、わが子に合う解決法、
見つかります!





眠れる脳の育て方

*成田奈緒子さん(小児科医)

…度重なる夜泣きをする子や夜寝ない子どもは、神経伝達物質セロトニンが不足している場合がある、と成田さん。分泌を促すには
早寝早起きの生活リズムと、朝日を浴びることと言います。




腸が元気なら夜泣き・ぐずりに悩まない

*本間真二郎さん(小児科医・微生物学者)

…あかちゃんの夜泣きは、腸内細菌のバランスで変化するという研究結果があります。ではどのようなバランスだとよいのでしょう?
あかちゃんのおなかの健康についておそわります。




安眠できるタッチケア

*山本加世さん(ママズ・ハグ主宰)

…生活リズムに加えて、やさしく子どものからだに触れるタッチケアが、ここちよい安心感とともに良質な睡眠につながります。
また、寝かしつける大人がリラックスしていることも大事です。そこで、大人のタッチケアもお伝えします。




わたしたちの夜泣き問題語ります!

*育児中の読者座談会

…子どもの夜泣きで飛び起きるおかあさんとおかまいなしのおとうさん。かとおもえば、夫婦で夜中じゅうあやし続けてヘトヘトというケースも。それぞれの家族にそれぞれの夜泣き対策。あらいざらい語りました!




わたしが「夜泣き小屋」を書いたわけ

*かねもとさん(シナリオライター)

…みずからの夜泣き時の孤独感から描いた漫画の「夜泣き小屋」が大きな共感を呼んだかねもとさん。その経験から「夜泣きで苦しんでいるのは自分ひとりじゃない」と勇気づけられたと言います。どんなふうに読者と共感の輪が広がったのか、うかがいました。



子どもも大人も泣きたいときに泣いていい!

*渡辺久子さん(世界乳幼児精神保健学会理事)

…おかあさんが泣く子にいたたまれなくなるのは、不寛容な社会のせいでも。子どもが泣くのは当たり前。むしろ泣きたいときい泣けないで育つ子は、思春期に混乱してしまうこともある。そう語る渡辺さん。泣くことを恐れない育児を堂々と。そんな応援メッセージです。





【 好 評 連 載 】

●「母」を、新しく生きる 11回目ゲスト 奥田浩美さん

●子どもの居場所・つくるひと
 「狭山おたがいさま里食堂」

●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「田楽なべ甘酒ごま味噌」

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[ぐるぐるまわる]」/山下直樹

●ぼくたちの子育て時評/西田亮介さん

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「子どものアレルギーの治し方6」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ/落合恵子


2019年も、書店で、ウエブで、facebookで
ぜひご購読をよろしくお願いいたします。
ご意見ご感想も、たのしみにお待ちしております!

編集長 戸来祐子
プロダクトNo 578
出版社 クレヨンハウス
発売日 毎月3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。