サッカークリニック 定期購読・最新号・バックナンバー

サッカークリニックの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

サッカークリニック雑誌の詳細です。


サッカークリニックの公式サイトへ
本・雑誌 サッカークリニック
本・雑誌内容 「サッカーがうまくなりたい、チームを強くしたい」をテーマとする選手とコーチのための本格的サッカー技術専門誌。個人技術・個人戦術の向上と、チーム強化に役立つ情報を中心に編集されている。ワールドカップをはじめ、多くの人が実際に観た試合をモデルにした技術・戦術セミナー、選手密着レポート、サッカーの町訪問、選手のための栄養と食事、海外最新情報なども掲載。
本・雑誌内容詳細 SPECIAL FEATURES
【特集】「3人目の動き」

PROLOGUE:「イメージ、リズムの共有から始めるといい」
小井土正亮(筑波大学蹴球部/監督)

PICK UP 1:「『3人目にボールを送らないといけない』。そう考えずに、4枚目、5枚目と幅を広げる」
川口修(静岡学園高校/監督)

PICK UP 2:「『味方と相手を常に見る』がとても重要。その要素を意識してトレーニングに組み込む」
村松明人(FC LAVIDA/監督)

PICK UP 3:「ギリギリまで待って判断できるように『フットサルの5つの動き』を意識させる」
安原成泰(東海学園大学/監督)

PICK UP 4:「『3人目の動き』のキーワードは『消す』。消えている選手を意図的に生み出せるのが大事」
有村圭一郎(神村学園高校/監督)

PICK UP 5:「ボールに関わる選手の様子を常に見て、パスが通ったあとの次のイメージを持つ」
小谷泰(FC.Liens/監督)

PICK UP 6:「『3人目の動き』自体を目的とせず、『別のプレー・パターン』の一部と考える」
吉田和史(サッカー指導者)

[スペシャル・ゲーム分析 SPECIAL ANALYSIS]
スペイン人指導者が見た
U-24日本代表 vs U-24スペイン代表(東京オリンピック2020)
「予想を可能にするトレーニングをすべき」

[リポート REPORT]
誌上セミナー再現
「自分が信じるサッカーを相手に伝える」
若き才能インタビュー
フィル・フォーデン(マンチェスター・C)
「ベストな環境で成長が止まったら、それは自分自身の責任だ」

連載 [SERIES]
サッカーがうまくなる「コンディショニングの教科書」
第11回:「方向転換操作」
GKの指示やコミュニケーションを状況別に学ぶ「勝利に導く『神の声』」第10回「味方がボールを持っているとき」
ジュニア年代クラブ訪問(第108回)大島マリンズ
Q&Aシリーズ 勝つための栄養セミナー
トレーニング・レビュー
バックナンバー&次号予告&編集後記
巻末コラム「フットボールと選手育成」第14回
プロダクトNo 5776
出版社 ベースボール・マガジン社
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。