歴史街道 定期購読・最新号・バックナンバー

歴史街道の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

歴史街道雑誌の詳細です。


歴史街道の公式サイトへ
本・雑誌 歴史街道
本・雑誌内容 「いま、歴史がおもしろい」 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供する歴史雑誌です。
本・雑誌内容詳細 2022/2号の読みどころ

今月の特集1は、
〈北条義時 源頼朝を支えた男
――鎌倉幕府はかくして誕生した〉です。
2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の
主人公は、鎌倉幕府の二代執権・北条義時ですが、
武家政権の確立に貢献したキーマンで
あるにもかかわらず、その実像はこれまで、
あまり取り上げられてきませんでした。

義弟、そして側近として源頼朝を支えて
平家を打倒するも、幕府ができて間もなく
頼朝が急死。

二代将軍・頼家、三代将軍・実朝と続くなか、
頼朝の志を継いで、抗争を続ける御家人たちの
狭間で幕府の舵を取り続けた義時は、
源氏将軍の断絶、承久の乱と幕府最大の
危機が迫るも、それを見事に
乗り越えていきます。

本特集では、北条義時の生涯を紹介すると共に、
彼がどんな想いを抱いていたのかに迫りつつ、
武家政権の確立において果たした役割を
解説していきます。

特集2は、
〈シリーズ◎太平洋戦争80年 蘭印作戦
――電撃的勝利の実相〉です。
広大な蘭印(オランダ領東インド)を短期間で
攻略した蘭印作戦はまさに、電撃的勝利と
称するに相応しいものでした。
80年前の昭和17年(1942)に実施された
この作戦は、なぜ驚くべき成果を残すことが
できたのか――。

特別企画は、〈“文化系”戦国武将列伝〉です。
戦さでの活躍こそが華とされ、武功を
挙げた人物が注目されることが多い戦国武将。
しかし、合戦での功績は少なくとも、文化面で
大きな足跡を残した武将たちもいました。
時代が違えば、より評価をされていたかも
しれない人物も……。文化面で名を残した
七人の武将を紹介します。

━━━━  もくじ  ━━━━━
鎌倉の扇面
黒鉄ヒロシ
3p

この人に会いたい
vol.178
小栗 旬
7p


特集1 北条義時 源頼朝を支えた男
 ――鎌倉幕府はかくして誕生した

【総論】
「武家政権確立」にいかなる役割を
果たしたのか
河合 敦
14p

ビジュアル
「鎌倉殿の13人」人物相関図
20p

Q&Aで読み解く 「鎌倉幕府」の最新研究
坂井孝一
22p

一条の光に導かれて
――頼朝との出会い、そして兄の死を経て
嶋津義忠
28p

父時政との確執を乗り越え、
鎌倉の実権掌握へ
奥山景布子
33p

実朝暗殺、承久の乱…危機に際して
心に宿していたものとは
谷津矢車
38p

「鎌倉殿の13人」はこんな男たちだった
中丸 満
44p

インタビュー
北条義時は、こうして大河ドラマの
主人公になった
清水拓哉
52p


特集2 シリーズ 太平洋戦争80年
 蘭印作戦 電撃的勝利の実相

点で面を制す
――卓越した三次元作戦
大木 毅
102p

「空の神兵」はいかに生まれ、
何を成したか
長南政義
110p


特別企画 

茶道、造園、和歌、絵画…
“文化系”戦国武将列伝
橋場日月
71p


連載 ほか

上杉謙信を奇怪な面の一団が撃退
 ――御陣乗太鼓秘話
秋月達郎
54p

アメリカ独立、フランス革命へと
つながる「七年戦争」とは
祝田秀全
60p

今年の干支は寅! 知っているようで
知らない「虎の日本史」
奈落一騎
66p

連載 万、已むを得ず
第七回
幸田真音
82p

歴史街道伝言板
90p

BOOKS・CINEMA
92p

この著者に注目!
岩槻秀明
94p

連作読切小説
戦国武将×四十七都道府県
第三十回
足利義昭×京都府「旅人の家」
今村翔吾
96p

盲目の琵琶の名手、天皇の皇子
…小倉百人一首の
「蝉丸」っていったい何者?
鷹橋 忍
118p

歴史散歩 “明治の面影”を
札幌に訪ねて
122p

年間購読のご案内
125p

次号予告!
126p

歴史街道脇本陣
127p

ニッポンの「巨石」をめぐる
第五回 沖ノ神島神社の王位石
写真・文 須田郡司
130p

------------------
以上でございます。
ぜひ本誌にてお楽しみくださいませ。
プロダクトNo 5765
出版社 PHP研究所
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。