PHP(ピーエイチピー) 定期購読・最新号・バックナンバー

PHP(ピーエイチピー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

PHP(ピーエイチピー)雑誌の詳細です。


PHP(ピーエイチピー)の公式サイトへ
本・雑誌 PHP(ピーエイチピー)
本・雑誌内容 月刊誌『PHP』は、PHPの考え方を広く世に伝えるための、いわば機関誌であり、PHP研究所設立とともに創刊されました。 『PHP』では、人間とは何か、真に豊かな人生とは何か、幸福とは何か、といった、いつの時代にも変わらぬ人類普遍のテーマである「生き方」について、身近な角度からとりあげています。 多くの方々の体験にもとづく貴重な意見・提言をもとに、物の見方・考え方についてのヒントを小・中学生からお年寄りまで多くの読者とともに考える広場になっています。
本・雑誌内容詳細 2022/2月号の読みどころ
つまずいたり、困難にぶつかったりしたとき、
心を上手に切り替えてまた前を向ける人もいれば、
必要以上に物事を深刻にとらえる人もいます。
その違いは、どこにあるのでしょうか。
ときには、ラクに生きてみることも
必要なのではないでしょうか。

今号では、佐々木蔵之介さん、関取花さん、
久住昌之さん、東畑開人さんなどにご登場いただき、
どうすれば不安や悩みをひきずらずに、
心地よく生きていくことができるのか、
読者の皆さまとともに考えていきたいと思います。

━━━━  もくじ  ━━━━━

あなたの心の余裕度は?
ハート&マインド
16p

遠回りをしてもいい
佐々木蔵之介
18p

くじけながらも毎日は楽しい
関取 花
23p

肩の力を抜くと、見える景色が変わる
久住昌之
26p

私だけは私を甘やかす
町田そのこ
29p

リラックスは事前準備から!
山根一生
32p

人に頼ってもいいんです
東畑開人
35p


特別企画

「痛点押し」でひざの痛みが消える!
奥野祐次
48p


連載 ほか

世界は笑顔で結ばれる
ロシア
1p

続 藤城清治の影絵で訪ねる日本
(14)若水初音
藤城清治
2p

美しい日本語の風景
きさらぎ
柏井 壽
4p

愛の絵
(2)放蕩息子の帰還
中野京子
6p

ご当地自慢の絶品おみそ汁
(2)京風・白みそのおつゆ
瀬尾幸子
8p

生きる
「子どもたちに見せてやれ」
石川和巳
12p

藤城清治の影絵・特別頒布のご案内
39p

投稿募集のお知らせ
40p

いい言葉、いい人生
成長するには、負ける悔しさも勝つ喜びも必要
緒方孝市
41p

ヒューマン・ドキュメント
利用者の人生に寄り添う
千福幸子
56p

中高生のPHP作文甲子園 明日への希望
年齢差七十七の友情
弓塲那有太
66p

土屋教授のオタスケ!人生相談
「限定」に弱い
土屋賢二
68p

小さな勇者たち
ちかさんの「か」
西村 徹
70p

金澤翔子さん真筆・特別頒布のご案内

72p

魂の筆跡
「幸」
金澤翔子・金澤泰子
73p

ランドマークの面影
(2)札幌市時計台
北阪昌人
74p

呼吸体操でからだが変わる!
(2)脳の疲れを解消!
龍村 修
77p

僕の楽がき帖
(8)夜の散歩
矢部太郎
78p

心に禅語をしのばせて 
無事是れ貴人
横田南嶺
80p

アタマの腕試し
かんたんシークワーズ
81p

忘れられない 父のこと母のこと
真っ白なアルバム
中井治郎
82p

談話室
84p

ダジャレ工房
88p

第19回下田歌子賞受賞者発表
92p

ひと☆コト星占い
ネットワークを大切に
鏡リュウジ
93p

私の信条
人生のリスクをお引き受けする
高田幸徳
94p

PHP友の会インフォメーション
94p

連載小説 バナナ色の坂道
(八)シャッターの貼り紙
山口恵以子
102p

『PHP』年間購読のご案内
110p

松下幸之助・心温まるいい話
売れ筋を見抜く力
川上恒雄
110p

こころにひびくことば
俺たちのゴルフみたいなもんだから
しりあがり寿

------------------
以上でございます。
ぜひ本誌にてお楽しみくださいませ。
プロダクトNo 5763
出版社 PHP研究所
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。