教育美術 定期購読・最新号・バックナンバー

教育美術 定期購読・最新号・バックナンバー

教育美術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

教育美術雑誌の詳細です。


教育美術の公式サイトへ
本・雑誌 教育美術
本・雑誌内容 「教育美術」は造形・美術教育の理念を広め、子どもたちが豊かな情操と創造力を育むことができるよう、また指導者が実践をより深めることを目指しています。幼稚園・保育園から小・中学校の授業における取り組みの内容や指導者独自の工夫などを実践記事として紹介する連載コーナーの他、月替わりの「特集」では、アートや美術教育全般に関する広いテーマに沿って美術教育を考えます。 造形・美術教育の貴重な資料として、指導者を中心に研究者にも幅広く活用されています。
本・雑誌内容詳細 第53回 教育美術・佐武賞
 第53回教育美術・佐武賞は、3月末に募集を締め切り、選考委員会による厳選な審査により、
 優れた「美術教育に関する実践研究(報告または論文)」を選出いたしました。
 8月号ではその優秀作品を掲載いたします。


【特集】

《教育美術・佐武賞》
 生活の中の芸術と関わり、表現活動を通して楽しく豊かな生活を創造する題材の開発と手立ての工夫
  兵庫県 たつの市立御津小学校 教諭 古家 美和

《佳作賞》
 子供の成長を支える美術教育の実践 ~「マイ・イソップ物語」の制作と鑑賞活動から ~
  静岡県函南町教育委員会 潮木 邦雄

《教育美術・佐武賞とは》

《選考の経過》
 公益財団法人教育美術振興会 教育美術・佐武賞担当理事
 信州大学 名誉教授 橋本 光明

《選評》
 ゲスト選考委員:大阪樟蔭女子大学 教授 高橋 悟
 選考委員:埼玉大学   准教授   内田 裕子
      畿央大学   教授    西尾 正寛
      大阪教育大学 非常勤講師 福岡 知子
      嵯峨美術大学 教授    細谷 僚一
      鳴門教育大学 教授    山田 芳明


【連載】

第77回全国教育美術展特選作品より 作品紹介

スクールアート風土記Vol.14
  島根県教育センター浜田教育センター 研究・研修スタッフ 指導主事 松田 淳

[保育実践]
 カタツムリとの出会いを通して
  東京都杉並区 中瀬幼稚園 年少とまと組担任 関 麻理子
  《実践報告を読んで》  神戸松蔭女子学院大学 教授 奥 美佐子

[授業実践] 小学校 
 思いがつながる ~新聞紙を材料とした造形遊び~
  新潟県 小千谷市立東小千谷小学校 教諭 佐藤 優紀
  《実践報告を読んで》  京都府 京都市立西京極西小学校 校長 中下 美華

[授業実践] 中学校 
 身近なものが不思議なものに
 -これって美術? から始まる創造的鑑賞授業のかたち-
  奈良県 奈良教育大学附属中学校 教諭 長友 紀子
  《実践報告を読んで》  大阪府 堺市立美原西中学校 校長 田中 圭一

文献紹介 『子どものワークショップと体験理解』笠原 広一/著
 ふじえ みつる(愛知教育大学 名誉教授)

〔レポート〕
 第46回 つくる楽しさ、再発見! 図工・美術教材フェア2018東京
 さんもっくの会【作品も持ち寄ろう イメージが広がる「紙」】
 クレパスの生みの親 佐武林蔵のふるさとを訪ねて

教美インフォメーション(研究会・イベント情報)
プロダクトNo 530
出版社 教育美術振興会
発売日 毎月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。