機械技術 定期購読・最新号・バックナンバー

機械技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

機械技術雑誌の詳細です。


機械技術の公式サイトへ
本・雑誌 機械技術
本・雑誌内容 工作機械、工具、測定機器などの動向および最新加工技術を現場実務的視点から解説。また、FA、FMSなどを主体とした生産技術・生産システムの動向解説にも力点をおいています。
本・雑誌内容詳細 2022年1月特別増大号 Vol.70 No.1
特集 金属3Dプリンタ活用最前線

〔総論〕
●金属3Dプリンタに関する技術動向と実際の適用事例
近畿大学 京極秀樹

〔事例〕
●機械設計と3Dプリント事業で独自の価値を提供
㈱アビスト

●金属3Dプリンタの強みを活かしたモノづくりをアピールし、幅広い需要喚起を進める
伊福精密㈱

●研究開発型企業がAM技術を活用した新事業を開始
オーエム機器㈱

●公設試を効果的に活用して造形品の品質を評価
㈱タカノ

●金属3Dプリンタで部品初受注
㈱ダイイチ・ファブ・テック

●金属AM技術で革新的なモノづくりを提案
㈱日本精機

●金属3Dで日本のモノづくりを変える
日本積層造形㈱

●高精度加工と金属3Dプリンタによる次世代部品生産
タマチ工業㈱

〔解説〕
●金属積層造形技術に関するオープンイノベーション型プラットフォームの取組み
一般社団法人群馬積層造形プラットフォーム 鈴木宏子

●金属3Dプリンタを活用した樹脂製眼鏡フレーム用金型製造技術の開発
福井県工業技術センター 森下和幸

〔機能解説〕
●海外メーカー製の金属3 Dプリンタと関連技術
愛知産業㈱ 木寺正晃

●EOS M 290単体ならびに複数台における機械特性再現性の実証実験
㈱NTTデータザムテクノロジーズ 竹内典子

●「LASERTEC 3000 DED hybrid」の特徴と運用事例
DMG森精機㈱ 廣野陽子

●金属3D造形機「ZK」シリーズの特徴と効果
芝浦機械㈱ 藤巻晋平

●長時間高速安定造形対応金属3Dプリンタ「LPM 325 S」の特徴
㈱ソディック 齋藤強史

●工作機械技術とレーザ技術を融合した次世代のトルンプ金属3Dプリンタ
トルンプ㈱ 岡 寛幸

●金属3Dプリンタ導入のハードルを下げたMarkforgedのMetal X
マークフォージド・ジャパン・3Dプリンティング㈱ 小林広美

●金属3Dプリント部品を内部まで仕上げる高効率振動式バレル研磨機-ワルサートローバル社AMで手作業不要の鏡面仕上げを実現-
YKT㈱ 海瀬聖次郎

Topinterview 独自技術で光る日本の機械加工現場
●第22回 ㈱フォワード 代表取締役社長 堀内岩夫氏
きちんとしたことをやれば、本質がわかって良い加工が必ずできる
聞き手 芝浦工業大学 澤 武一

Special Interview
●オンリーワン製品を活かし、顧客の課題解決に応える
㈱ノア 代表取締役社長 髙橋文治氏、マネージャー松倉善浩氏

レポート
●高精度・難加工技術展2021が開催

連載
●工作機械の源流を探る 日本のモノづくりを支えた価値ある名機
第22回 数値制御ボール盤FANUC・DRILL
富士通ファナック㈱(現ファナック㈱)

●機械加工フレッシュマンが知っておくべき切削工具の基礎知識
最終回 穴あけ工具の選定目安とトラブルシューティング
㈱タンガロイ 古屋孝一

●お天気お姉さん穂川果音のほかほかタイム
第13回 気候変動とこれから 穂川果音

●伝統の技と最新技術で進化する~工業彫刻の匠たち~
第14回 効率的な量産技術で顧客満足を向上
㈲本橋精密彫刻所 常務取締役 本橋昇達氏

●少年の目(183)
はんこ文化
㈱ツールバンク 谷 泰弘

●伝統DX-進化する伝統文化-
第9回 ザ・能面~室町から令和へ~
上島カンナ

●晴のち曇り 時々雨
小惑星、隕石、宇宙塵
数巧社 笹野幹夫

●ステンレス鋼/耐熱鋼の上手な削り方
第14講 旋削加工の基礎技術②
難削材切削技術研究所 狩野勝吉

●NEWS of NEWS
●TECH INFORMATION
●特許情報最前線
●スタッフ通信
プロダクトNo 475
出版社 日刊工業新聞社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。