型技術 定期購読・最新号・バックナンバー

型技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

型技術雑誌の詳細です。


型技術の公式サイトへ
本・雑誌 型技術
本・雑誌内容 「型」と名の付くすべての問題を自動車・電機・電子分野などの金型メーカー、ユーザー使用例を中心に、型の設計・加工に必要なCAD/CAMシステム、機械、加工工具、型材料、測定器などを取り上げ平易に解説。
本・雑誌内容詳細 特集
高精度金型を実現する 最新の研削加工技術

【総論】
研削加工の本質と高度化へのポイント
岡山大学 大橋一仁

【ユーザー事例】
最新の研削技術を活かした金型製作への挑戦
ハルツ 近藤大輔

売り型を専門とした金型メーカーにおける研削加工の位置づけとこだわり
南雲製作所 舟見 豊

高精度金型部品製作への取組み
エヌ・ティ・エム 竹町健一郎

ELID研削システム導入による鏡面研削加工の高精細化と生産性向上
ケイ・エス・ケイ 中山忠巳

【機能解説】
金型部品向け超精密平面研削の取組み
岡本工作機械製作所 西上和宏

金型の高精度加工を実現する研削盤の最新技術
ナガセインテグレックス 長瀬幸泰

高精度加工容易化のための技術
黒田精工 下川雅史

機上計測自動補正による研削盤の最新技術
三井ハイテック 松井孝幸

【企業レポート】
中小企業としての強みを活かし安定して高精度を出せる研削盤を提案
長島精工㈱

【Special Interview】
金型加工用工具を主軸に顧客の課題解決にとことん寄り添う
㈱MOLDINO 代表取締役社長 鶴巻二三男氏

【スペシャルレポート】
加工技術の知識で徹底サポート 企業と加工業者を確実につなぐ燕三条地域「マッチングサイト」の挑戦
燕三条地場産業振興センター

【TECHNICAL REPORT】
HSQを用いた試作用ナノ金型の検討
神奈川県立産業技術総合研究所 安井 学、黒内正仁、金子 智、三橋雅彦

レーザー再溶融処理による高速度工具鋼LMD層の内部欠陥除去
神奈川県立産業技術総合研究所 福山 遼、中村紀夫、薩田寿隆

3Dプリンタによる新しい金型製造技術の開発
新潟県工業技術総合研究所 平石 誠、須藤貴裕、青野賢司

プラスチック射出成形におけるガス対策に関する研究
山梨県産業技術センター 西村通喜、阿部 治

Interview
アイリスオーヤマ㈱ 専務取締役 研究開発本部長
大山繁生氏
×
トヨタ自動車㈱ 素形材技術部 基盤開発室 主幹
舟橋 徹氏
金型・成形の基盤技術を活かして製品メーカーに進展


【連載】
金型の未来を拓く技術者たち ■142
金属技研

リレーエッセイ・パンタグラフ
視点と気づき
佐々木正二

やわらか経営談義 押さえておきたい中小製造業の経営ポイント ■5
こんな時代だからこそホームページを活用しよう
遠藤康浩

基礎から学ぶMIM~金型設計から新事業展開まで~ ■6
MIMの不良を知る
八賀祥司

設計者・技術者の視点から考える射出成形の不良と対策 ■最終回
設計者・技術者にとっての成形不良と対策
加藤秀昭

ニューノーマル時代のDXを考える ■4
デジタル化はワイヤレス(無線)化から始める-工場の生産プロセス変革の「見える化」
竹井俊文

デジタルが拓く次代の素形材技術 ■5
ロボット、AIの導入で自動化と付加価値向上を図る
編集部

強い組織をつくる!チームワーク実践術 ■5
チームの成長痛を乗り越えよう
福富信也

生産効率アップ! 省人化の要! 失敗しない産業用ロボット導入の心得 ■20
産業用ロボットの間違ったデジタル化/効率化に注意 ソフトの違いを知らなければ失敗する!
山下夏樹

元・金型技術者の中小企業診断士が分析する 伸びる金型メーカーの秘訣 ■70
高レベルの分業化で稼働時間の増加を狙う
㈱京都製作所 村上英樹

【型技術協会から】
第4回 型技術Web基礎講習会「何度でも基礎から学ぶ金型加工~研削・放電・切削加工~」、「型技術者会議2022」講演論文募集、型技術リレーエッセイ、ほか

NewsFile
新製品ガイド
セミナー
イベント
本の案内
バックナンバー
編集後記
プロダクトNo 384
出版社 日刊工業新聞社
発売日 毎月16日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。