化学装置 定期購読・最新号・バックナンバー

化学装置の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

化学装置雑誌の詳細です。


化学装置の公式サイトへ
本・雑誌 化学装置
本・雑誌内容 半世紀以上、発行を続けてきた化学工業分野唯一の専門技術雑誌。プラントエンジニアリング、化学機器装置の設計、施工から粉粒体処理技術、省資源・省エネルギー技術、環境保全技術(水、排水処理・排ガス処理・固体廃棄物処理)、食品・医薬品・化粧品製造技術までその内容は広範囲に及びます。時代の話題を先取りし、最先端の化学技術情報からネットでは得られない「使える現場技術」情報が満載です。機器・装置の選定決定者や工務担当者、装置開発・設計者必携の月刊技術雑誌です。
本・雑誌内容詳細 ■巻頭言■
「人新世」と「地球化学装置論」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京農工大学 堀尾 正靭・1
【特集】 最新化学プロセス機器・装置/エンジニアリングを追う
生分解性プラスチック、バイオマスプラスチックを取り巻く現状
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・カワサキテクノリサーチ 伏見 勝夫・17
IA2IA - プラント操業は「自動化」から「自律化」へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・横河電機加瀬 修司・25
ビーズ分離能力強化型湿式ビーズミル「ムゲンフロー®MGF」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アシザワ・ファインテック 石井 利博・33
「MU-SSPWエレメントの大型装置化の展望」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミューカンパニーリミテド 小嶋 久夫、他・38
気体・液体用樹脂製配管バルブ「UPバルブ(ユーピーバルブ)」
─ポリプロピレンを主原料とする、耐薬品性とコストパフォーマンス
に優れた配管バルブ─・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウシオライティング 山中 達彦・43
粉体プラントにおけるオートサンプラーの最適選定と設置方法
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・槇野産業 大和田 昌彦・47
卓上ケミカルオートクレーブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・AKICO 相澤 政宏・51
【一本記事】
ファインケミカルジャパンのみどころ・出展者リスト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16
一年後に迫るSDSの改訂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・HatoChemi Japan 宮地 繁樹・56
反応装置の設計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ものづくりAPS推進機構 小松 昭英・60
【コラム】
「脱炭素化」?(この“文言”は変だ!)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63
CO2還元“葡萄糖”合成は可能である!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・69
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・環境・エネルギー化学アドバイザー 村田 逞詮
【連載】
人類史的視野で考える技術と化学装置─2050年の設計
第1回 現代という時代のすばらしい面白さ・・・・・・・・・・・・・東京農工大学 堀尾 正靭・2
安全談話室(174)
化学反応による事故はどこにでも起こり得る!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・化学工学会SCE・Net安全研究会・9
図解 水処理技術 シリーズ水処理技術の要点(35)
─生物処理:生物処理:活性汚泥の生物阻害物質・・・・・・・・日本ワコン 和田 洋六・14
創造性思考による事業革新・進化への取組み
新技術・新製品・新事業開発・「モノづくり革新」への挑戦
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・露木生産技術研究所 露木 崇夫・64
仕事を革新するための見方・考え方(9)
 仕事とは人に感動をあたえること
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・飯田教育総合研究所 飯田 清人・70
プロセス工学におけるAIの活用を学ぶ(入門編)
第3回-1 AIの使い方:
AIはどのような使い方ができるのか(Ⅰ)Excelで体験してみる(上)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東洋大学 川瀬義矩・74



プロダクトNo 371
出版社 工業通信
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。