CAR and DRIVER(カーアンドドライバー) 定期購読・最新号・バックナンバー

CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)雑誌の詳細です。


CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)の公式サイトへ
本・雑誌 CAR and DRIVER(カーアンドドライバー)
本・雑誌内容 月1回発行。創刊は1978年。豊富な写真と美しいビジュアルにこだわり、クルマとその世界を応援する情報を掲載。複数のディーラーに行かなくても1冊でOK。カタログ以上に詳しくわかりやすい解説と試乗記で、国産・輸入車を問わず幅広い情報が手に入ります。自動車業界やアイテム・パーツの最新情報、歴史と文化、ルーツが把握できるクルマの芸術性を大切にしたページも特徴です。
本・雑誌内容詳細 大好評「大内誠の透視図テクニカルイラストカレンダー2022」も一挙公開!!巻頭特集はトヨタ/レクサスと日産の電気自動車戦略を解説。ハイブリッド新搭載のNEWライズ&ロッキーはライバル比較付き。PHEVを加えた新型レクサスNX、2.4リッターに排気量を拡大した新型トヨタGR86の走りを詳しく紹介

【トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開】
2030年までに総額8兆円を投入し、2030年のBEV世界販売はなんと350万台という大スケールの計画を発表したトヨタ/レクサスの電動化ビジョンを詳細にレポート。カーボンニュートラル時代にトヨタが示すBEVフルライン化、スポーツカーを含む16モデルが示す未来を展望する

【日産アンビション 2030 始動】
日産は2030年度までにBEV15車種を含む23車種の電動車を市場に投入。計画のコアになる新型クロスオーバーBEV、チルアウトをはじめマックスアウト、ハングアウト、サーフアウトのスタイリングを発表

【NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー】
人気コンパクトSUVが、シリーズ式ハイブリッドを新搭載してデビュー。クラストップ級のWLTCモード燃費28.0km/Lを誇る注目モデルの実力に迫る。ヤリスクロスや日産ノート・オーテック・クロスオーバーなどライバル比較も掲載

【新型レクサスNX】
レクサス初のPHEVモデルをラインアップに加え、すべてを刷新。新時代を告げる「レクサス・エレクトリファイド」の先駆け、新型NXはどのような新機軸をアピールしたのか。競合車メルセデスGLC/GLBとの比較コラム付き

【新型トヨタGR86】
排気量を拡大し、ファン待望のパワーアップを果たしたGR86。第2世代ライトウェイトFRスポーツの走りをライブに実感。SUBARU BRZとの一般道での違いを詳細レポート

【新型VWゴルフGTI/TDI】
新型8thゴルフのスポーツ性能を象徴する、GTIが日本デビュー。歴史を尊重したうえで革新を続ける伝統ホットハッチの実力

【新型トヨタC+pod】
【NEWボルボXC60リチャージPHEV】

【スポーツカーファイル】
フェラーリ812コンペティツィオーネ

究極のV12スーパースポーツ。あえてエンジンの魅力をアピールするプランシングホースの世界限定モデル。マルチシリンダーの存在意義を再評価

【特集 ワークスチューン車一気乗り 】
メーカー直系のカスタマイズカー、4ブランド8モデルに試乗。TRDヤリス/ニスモ・ノート/無限シビック/STI・BRZなど、各社が手がけた個性派モデルのパフォーマンスを紹介

【大内誠・テクニカルイラストカレンダー2022】
毎年大好評の精密透視図カレンダーは、テクニカルイラストの第一人者・大内誠の最新傑作集。トヨタ・スポーツ800、シボレー・コルベット(C3)、フォード289コブラなど、世界の名車セレクションで楽しい1年を!

【池田直渡「クルマのパースペクティブ」】
注目を集めるシリーズハイブリッド

【国産車+輸入車の新車価格表】
【岡崎宏司のCARエッセイ】
【EV一極集中のイノベーションは正解か。政府補助金の分配内容】
【Kカー販売比率が上昇。日本経済の実情を分析】
【安全第一で。冬季ロングドライブの要注意ポイントあれこれ】
プロダクトNo 342
出版社 毎日新聞出版
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。