七緒(ななお) 定期購読・最新号・バックナンバー

七緒(ななお) 定期購読・最新号・バックナンバー

七緒(ななお)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

七緒(ななお)雑誌の詳細です。


七緒(ななお)の公式サイトへ
本・雑誌 七緒(ななお)
本・雑誌内容 「七緒」は、ふだんの着物の楽しみを提案するまったく新しい着物の雑誌です。気軽に袖を通したくなるようなコーディネートを軸に、手入れの悩み、着付けの知恵、下着の裏技、価格の問題など、着物の本音にぐぐっとせまります。等身大の着物の楽しみを知りたい人、必見です。
本・雑誌内容詳細 [特集]

涼しい顔した、大人の定番

新しい「麻」の手帖
“甘口”fussaさんと“辛口”秋月洋子さんが提案

麻の甘辛コーデ術
麻と暮らす
麻と暮らす(1)

体に心地いいもん着るのが、本当の贅沢やと思います

大原千鶴さん(料理研究家)
麻と暮らす(2)

5月末から9月末まで。綿麻があればうまくいく

指田カナ子さん(着つけ師、「やわらか着付けシロップ」主宰)
麻と暮らす(3)

持っと気軽に着てほしくて夏は麻を染めるんです

松永恵梨子さん(型染め小紋作家)
着物店や工房に出かけちゃう? ネットで出会うのもいいかもね

麻を探しに
● 青山 ゑり華(東京・表参道)
● 坂本呉服店(東京・八王子市)
● きもの おがわ屋(埼玉・さいたま市)
● 大西新之助商店(滋賀・彦根市)
● 青土(京都・宇治市)
● おべべほほほ(神奈川・横浜市)
● えり新(兵庫・姫路市)
スラ~リ涼やか

“麻の困った”駈込寺
教える人=佐川由希さん(「おべべとにゃんこ」主宰)、木下紅子さん(「木下着物研究所」女将)
すうっと薄荷の夏物語
薄荷の暮らし 前田京子さん(エッセイスト)
薄荷のおやつ 甲斐みのりさん(文筆家)
薄荷のごはん スヌ子さん(料理家)
薄荷の時間 石田 千さん(作家)
ゆかたに、ひとさし。夏の色
スタイリング、着つけ=コバヤシクミ、着る人=宮脇よし子(「ギャラリーうとうと」店主)、星谷菜々(料理家、「apron room」主宰)
藍の名は
着る人=inori(バーク イン スタイル)、撮影=川島小鳥
松山・道後のぼせもん旅
旅する人=野村友里(フードクリエイティブチーム「eatrip」主宰)、撮影=濱田英明
[特集]

大丈夫。「汗」対策
進化系肌着、着つけ道具で涼しくなるの?

ウワサの“汗対策”試してみました
● 新素材肌着vs.自然素材肌着。その実力は?
● “汗取り肌着”の実力は…?
● 夏はステテコが快適ってホント?
● 麻やへちまの着つけ道具は、涼しいの?
● 洗えて涼しいじゅばんの“王者”はどれ?
● この組み合わせで夏を乗り切る!
試してみた人= 三砂ちづる(津田塾大学教授)、渡邉 愛(「佳か 肴こうみを木」女将)、クー(イラストレーター)ほか
夏を制する虎の巻

マイナス5℃をお約束?
汗もへいちゃら

ゆかたと、麻。“ぴしっ”と仕上げる洗濯のコツ
教える人=大久保信子さん(着物スタイリスト)、教わる人=佐藤文絵さん(ライター)
[連載]
新・手仕事ニッポン(16)

「飴細工」の金魚
文=つるやももこ、撮影=尾嶝太
文様のふ・し・ぎ(16)

「帆掛船」
文=長谷川ちえ、イラスト=山本祐布子
新刊紹介
スヌ子のキモノ交差点(4)

お客様=島本理生さん
辛酸なめ子の「着物のけはひ」(10)

『晩菊』林 芙美子
浅生ハルミンの銀幕のkimonoスタア(16)

『洲崎パラダイス赤信号』の新珠三千代
橋本麻里の日本美術ファッショニスタ(16)

「土偶 仮面の女神」
田中敦子の染め織りペディア(4)

「日本茜」が景色を変える?
野村友里の受け継ぐレシピ(3)

くずきり
えんぎもの(44)

「たこ」
イラスト=川口澄子
通販企画(39)

快適肌着、麻のプレタ着物……

天然素材で過ごす夏
◎つ・ぶ・や・きコラム
千代里のモテ仕草(4)
文=千代里
着物どんぶらこ(4)
文、イラスト=伊藤理佐
着物ことのは(4)
文=金田一秀穂
ほむほむ・まほまほ 短歌の花道(4)
詠む人=しまおまほ 評=穂村 弘
京都あんこ歳時記 その4・夏
文、選定=姜 尚美
七緒ブックスのお知らせ(1)
各種インフォメーション
七緒ブックスのお知らせ(2)
プレゼント、次号のお知らせ
バックナンバーのお知らせ
衣裳協力店一覧
プロダクトNo 3333
出版社 プレジデント社
発売日 3,6,9,12月の7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。