七緒(ななお) 定期購読・最新号・バックナンバー

七緒(ななお)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

七緒(ななお)雑誌の詳細です。


七緒(ななお)の公式サイトへ
本・雑誌 七緒(ななお)
本・雑誌内容 「七緒」は、ふだんの着物の楽しみを提案するまったく新しい着物の雑誌です。気軽に袖を通したくなるようなコーディネートを軸に、手入れの悩み、着付けの知恵、下着の裏技、価格の問題など、着物の本音にぐぐっとせまります。等身大の着物の楽しみを知りたい人、必見です。
本・雑誌内容詳細 [特集]

ムダを省いた、シンプルメソッド

誰でも「5分」で帯が結べる本
3日で達成できる、らくらくプログラム

誰でも「5分」帯結び
[初日]巻く・ねじる
[中日]帯枕をする・帯揚げをする
[最終日]たれを上げる・て先を通す・帯締めを結ぶ
で、深夜にやってみた。どきどきしながらやってみた
文=大宮エリー
後ろ姿、ふっくら軽やか。ちくちく、ひょいっ

憧れの「銀座結び」つくり帯
教える人=山下 悠(キモノスタイリスト)
布さえあれば、ぱぱっと結べる

あの布もこの裂も。大人の「兵児帯」作戦
教える人=木村智華子(「“大人の兵児帯”推進委員会」委員長)
ちょっと背伸びの旅

肌で味わう京都の冬支度
旅する人、文=小川 糸(小説家)
冬のおしゃれに欲しいもの

北風に。あったか“小物”語
着る人=Hesui(AMAZONE) 撮影=川島小鳥 スタイリング、着つけ=菊地咲絵
足袋と履き物選びで、ラクになる

もう、痛くない。「足元」研究
教える人=白記澄子(「ゑびす足袋本舗」)伊藤 実(「四谷三栄」)
[特集]

3万・7万・12万円

予算別。「買いもの」図鑑
~3万円 スタイリスト別 コーディネート
スタイリング=大川枝里子、コバヤシクミ、秋月洋子
・「kimono tento」のビーズバッグ
・「丸屋履物店」の下駄
・「Tokyo noble」の晴雨兼用傘――ほか
5000円以内! プチプラ天国
消耗品、みんなどう買ってる?
~7万円 スタイリスト別 コーディネート
・「銀座きもの青木」の織り帯
・「灯屋2代々木店」のフォーマル着物レンタル
・「菱屋カレンブロッソ」のオーダーバッグ“ポストーニ”――ほか
新店続々!! 予算別 スタイリスト推薦リサイクル店
買いものエッセイ(1)

どうしても譲れなかった憧れの緋色
文=朝吹真理子(作家)
~12万円 スタイリスト別 コーディネート(リサイクル編・お仕立て編)
・「創作きもの にしお」の手織り久留米絣
・「紫織庵」の錦紗長じゅばん地
・「總屋」きものレインコート――ほか
買いものエッセイ(2)

“買いもの熱”を上手に下げてくれたのは…
文=伊藤理佐(漫画家)
特別付録

オリジナルカレンダー“七緒ごよみ”
イラスト=深川 優
[連載]
新・手仕事ニッポン(18)

「江戸切子」の万華鏡
文=つるやももこ、撮影=尾嶝太
文様のふ・し・ぎ(18)

「雪持ち文様」
文=長谷川ちえ、イラスト=山本祐布子
スヌ子のキモノ交差点(6)

お客さま=清川あさみさん
野村友里の受け継ぐレシピ(6)

「ごぼう」
新刊紹介
辛酸なめ子の「着物のけはひ」(12)

『金色夜叉』尾崎紅葉
浅生ハルミンの銀幕のkimonoスタア(18)

『華の乱』の池上季実子
橋本麻里の日本美術ファッショニスタ(18)

「酒呑童子絵巻」
田中敦子の染め織りペディア(6)

「和綿」の味わい
通販企画(41)

シンプルコートや、“時短”をかなえるアイテムも

着物で過ごす、年末年始
えんぎもの(46)

「南天」
イラスト=川口澄子
◎つ・ぶ・や・きコラム
千代里のモテ仕草(6)
文=千代里
着物どんぶらこ(6)
文、イラスト=伊藤理佐
着物ことのは(6)
文=金田一秀穂
ほむほむ・まほまほ 短歌の花道(6)
詠む人=しまおまほ 評=穂村 弘
京都あんこ歳時記 その6・秋
文、選定=姜 尚美
各種インフォメーション
七緒ブックスのお知らせ
バックナンバーのお知らせ
七緒ごよみ&七緒ブックスのお知らせ
プレゼント、次号のお知らせ
衣裳協力店一覧
プロダクトNo 3333
出版社 プレジデント社
発売日 3,6,9,12月の7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。