ビジネス法務 定期購読・最新号・バックナンバー

ビジネス法務の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ビジネス法務雑誌の詳細です。


ビジネス法務の公式サイトへ
本・雑誌 ビジネス法務
本・雑誌内容 会社法・信託法・金商法など様々な法改正が行われ、内部統制やコンプライアンス強化が叫ばれている中、企業法務に対する意識は日々高まりつつあります。昨今の厳しい経済状況を乗り越えるためには、法律の正しい理解と実務知識が不可欠と言えます。弊誌はそうした企業法務担当者が今知りたい情報を提供しております。また、人気の「ビジネス実務法務検定試験」唯一のオフィシャルマガジンとして学習問題や本試験の解答速報等を掲載しております。
本・雑誌内容詳細 Vol.19/No.4 April 2019


【地平線】

◆“第四の法曹”としてのインハウスカウンセル資格の創設を  平野温郎


【Trend Eye 】

◆ アフィリエイト広告をめぐる企業対応の必要性  齋藤健一郎


【特集1 】

契約書審査効率化の要点

◆ 目的・プロセスをふまえた
契約書審査効率化の検討  飯田浩隆

◆ 依頼部門との情報共有・協業のコツ
  打合せにおける質問・検討事項  藤井 塁

◆ 民法改正を機に進める
  契約書ひな形のメンテナンス  梶谷 陽

◆「 電子契約」活用も検討
  AI ツールによる契約書審査の効率化  佐々木隆仁 

◆ 全体図を把握しポイントを絞る
  1人法務の契約書審査  小島好己

◆ つまずきやすい実務を押さえる
  契約書作成段階での注意点  伊達裕成


【特集2 】
eコマース法務の最先端

◆ ざっくり押さえる
  eコマース関連法と事業者の留意点  寺門峻佑

◆ EC 事業者への削除申請を意識した出願が鍵
  商標権侵害への対応  安田和史

◆ 侵害の悪質性に応じた検討とEC 事業者との協力
  著作権侵害への対応  関 真也

◆ 楽天株式会社
  最新技術を取り込んだEC 特許実務の進展  今枝真一

◆ 株式会社メルカリ
  権利者・官公庁と協力した不正出品物対策  上村 篤


【速報解説】

「会社法制( 企業統治等関係) の見直しに関する要綱案」の要点解説   小磯孝二/矢野 領/大江弘之


【実務解説】

◆ 役員給与関係や国際課税の各種見直しに注目
  平成31 年度税制改正のポイント  酒井 真/緒方 航

◆ 具体的事例で検討する
  日本版司法取引における役員の善管注意義務  木目田 裕

◆ 働き方改革で労使関係はどう変わる?
  社内労働組合交渉における企業対応の再点検  倉重公太朗

◆ 合同会社・株式会社の特徴比較と組織変更時の留意点  森本大介

◆ デラウェア州衡平裁判所で初の判断
  MAC 条項によるM&A 契約解除の実務  関本正樹

◆ 新規事業における競争力に資するための
  「ビジネスモデル特許」を活用した知財戦略  杉尾雄一

◆ 抵当権との衝突を考察する
  不動産が商人間留置権に含まれるとした最高裁判決の概要と影響  山下眞弘


【連載】

◆ 最新判例アンテナ
  第12 回 不動産の売主の署名がある媒介契約書の成立の真正の推定が覆された事例  三笘 裕/淺野航平

◆ 新連載 会社がすべきこと・しなくてよいこと メンタルヘルス不調者への対応実務
  第1回 復職・退職判定の勘所①  向井 蘭

◆ いまさら聞けない 登記実務の基本
  第3回 不動産登記:売買・担保権設定  鈴木龍介/石井知幸

◆ 新連載 第2 キャリアとしての弁護士
  第1回 前職での経験を活かし「営業」の得意な弁護士に  高橋喜一

◆ 会社法改正後の株主総会 電子提供制度への実務対応 
  第5回 Q17 ~ Q20(書面交付請求③――書面交付請求の時期)  伊藤広樹/中川雅博

◆ 若手弁護士への箴言
  第7回 別れから感謝を思う    髙井伸夫

◆ テーマ別 法務が主導するアジア子会社管理
  第2回 贈収賄防止体制の構築方法  栗田哲郎

◆ 企業結合審査対応の最新実務
  最終回 中国の企業結合審査対応――各 論  宇都宮秀樹/鈴木幹太/井上諒一

◆ スッキリわかる金商法の基礎
  第2回 開示規制  谷澤 進/和田卓也

◆ 海外ドラマ・映画で学ぶ法律英語——日頃からのちょっとずつ Season 3
  第5 回 SUITS(その2)  大島忠尚

◆ 法務担当者のための非上場株式評価早わかり
  最終回 DCF 法を理解する(下)  明石正道/山田昌史

◆ PICK UP 法律実務書
  『図解&ストーリー「資本コスト」入門』   門多 丈

◆ LEGAL HEADLINES
  内閣官房ほか,事業報告等と有価証券報告書の一体的開示の記載例等を公表  森・濱田松本法律事務所 編

◆ 試験関係
  ビジネス実務法務検定試験(1・2級) 演習問題

◆ OTHER ISSUE
  編集後記・次号のお知らせ  
プロダクトNo 3198
出版社 中央経済社
発売日 毎月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。