月刊トレーニングジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊トレーニングジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊トレーニングジャーナル雑誌の詳細です。


月刊トレーニングジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 月刊トレーニングジャーナル
本・雑誌内容 月刊「トレーニングジャーナル(Training Journal)」はスポーツ現場の人々を対象に、スポーツをわかりやすく伝えます。毎号特集のほか、トレーニングやコンディショニングの理論と実際、著名チーム・選手のトレーニングなどの情報、その他、スポーツ栄養、メンタルトレーニング、チームマネジメントなど、スポーツ現場で求められていることを実際的に紹介します。他にも、セミナーや新商品、書籍の紹介、HDセレクションズ(トレーニング用品などの通販コーナー)など、情報満載です。
本・雑誌内容詳細 特集/体力要素とトレーニング

育成年代を対象としたアカデミーのアドバイザーを務める小俣氏に、体力要素を考える基となる理論や、体力テストの概念図と実際のパフォーマンスのつながり、人間は要素還元的ではないという考え方をお話しいただいた。そして佐藤氏には、大学バレーボールチームにおける測定項目の検討やチーム内外でのデータの活用について、他の専門スタッフとの連携も含めて紹介いただいた。


1. 体力を要素だけで考えない
小俣よしのぶ・いわきスポーツクラブアカデミーアドバイザー

2. 測定で考慮する要素
佐藤裕務・早稲田大学男子バレーボール部ストレングスコーチ、CSCS、NSCA-CPT



今号では、スペシャルレポートとして「体育とスポーツの図書館」でのインタビューを掲載。さらに2つの新連載(脳振盪、投球障害)がスタートする。
Special Report
開設から10年、体育とスポーツの図書館
成瀬 徹・体育とスポーツの図書館館長
出原泰明・体育とスポーツの図書館理事


新連載 スポーツと脳振盪── 選手の未来をみんなで守る
脳振盪って何?
大伴茉奈・国立スポーツ科学センタースポーツ科学部研究員、Ph.D


新連載 投球障害からの復帰と再受傷予防
投球動作と肩・肘にかかる負担
牛島詳力・ATC、MS、柔道整復師


連載 初めての骨折 4
折れた状態での講師の仕事
沓脱正計・くつぬぎ手技治療院、手技療法の寺子屋主宰、あん摩マッサージ指圧師、修士(教育学)、認定心理士


連載 トレーニング指導に求められるコーチング戦略 5
全日本女子バレーボールチームに対するサポート
柴田昌奈・日本バレーボール協会全日本女子バレーボールチームストレングスコーチ
岡野憲一・帝京平成大学現代ライフ学部 講師、博士(コーチング学)


連載 臨床スポーツ鍼灸研究会 57
股関節について 1
~基本から治療まで~
鎌倉 一・ファーストステップ代表


連載 エッセイ・動き続ける 15
関係性の構築
森下 茂・拓殖大学ラグビー部トレーニングコーチ


連載 28
スポーツ医学検定練習問題


連載 トレーニング日誌(ベンチプレス競技) 32
質を高めるいい準備
木下進人・ストレングス&コンディショニングコーチ


身体言葉(からだことば)に学ぶ知恵 115
寝耳に水
辻田浩志・腰痛館代表


スポーツ医科学トピックス 105
睡眠習慣と骨
川田茂雄・帝京大学医療技術学部准教授


メールで語る井戸端会議──子育てと仕事 135
平成から令和へ
桜井(寅嶋)静香・北海道教育大学准教授
伊藤句里子・東京有明医療大学非常勤講師、アスレティックトレーナー


ある一日/プロ野球のピッチャーとして、中学校教諭として(鈴木 陸)
ON THE SPOT /現場から
資格取得関連講習会
話題の新刊/板井美浩・自治医科大学医学部保健体育研究室教授


TJ FORUM
TJNN:Training Journal News Network
SEMINAR CALENDAR/セミナー案内
FROM EDITORS/編集室から
定期購読のご案内
プロダクトNo 3139
出版社 ブックハウス・エイチディ
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。