おかずのクッキング 定期購読・最新号・バックナンバー

おかずのクッキングの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

おかずのクッキング雑誌の詳細です。


おかずのクッキングの公式サイトへ
本・雑誌 おかずのクッキング
本・雑誌内容 料理研究家の土井善晴さんをはじめ、コウケンテツさん、日本料理「賛否両論」の笠原将弘さん、和食界のプリンス柳原尚之さん、浜内千波さん、ウー・ウェンさんらによる、旬の素材を使ったシンプルで作りやすい家庭料理の数々を紹介。料理のちょっとしたコツから、プロの技、日本の食文化まで情報も盛りだくさん。雑誌や番組を“見るだけで料理上手”になれるはず!
本・雑誌内容詳細 おかずのクッキング 218号(2018年10月/11月号)

【 ※電子版には掲載していない画像や広告ページ等があります。また、付録はついていません。ご了承ください。 】

■巻頭特集
土井善晴先生の
おいしいご飯と秋のおかず

■今月の特集
五十嵐美幸さんの「根菜たっぷり肉料理」

■土井善晴先生のテレビテキスト
<おかずの教科書>
シュウマイ
エビとひき肉のポテトグラタン

<素材のレシピ>
れんこん
うずら卵

■大原千鶴さんの“見て作れるかんたん和食”
甘塩鮭としめじの炊き込みご飯、水菜と豚肉のハリハリ鍋、さっと和惣菜 他

■笠原将弘さんの“家族みんなが満足!ごちそうおかず”
肉じゃが風さつま煮、鮭・舞茸シュウマイ、かぼちゃの炊き込みご飯 他

■コウケンテツさんの“肉と野菜のおいしい関係”
梅ポテトコロッケ、鶏と焼きねぎの生姜南蛮漬け、豚肉と根菜のポットロースト

■ウー・ウェンさんの“フライパンひとつでひと味違う魚料理”
大正エビの豆板醤炒め、鮭の酒粕炒め、帆立貝と舞茸のオイスターソース 他

■浜内千波さんの“バランスおかず”
さつまいもと根菜のスープ、なすと厚揚げのトマト煮、きんぴらごぼうサラダ 他

■柳原尚之さんの“お料理歳時記”
赤飯

■思いっきり食べよう 大人の愉しみ 旬の味わい
「トゥーランドット臥龍居」オーナーシェフ脇屋友詞さん

■堀知佐子さんの“食材を生かす醤油味のおかず
■井上真里恵さんの“色々使えるがらスープ”
■関岡弘美さんの“パパっときのこレシピ”



◎テレビでの放送スケジュールは以下のとおりです。

2018年10月
第1週 <土井善晴>豚カツの味噌ソース煮込み/ <脇屋友詞>自家製凍り豆腐と鶏そぼろの煮込み
第2週 <土井善晴>里芋と牛バラ肉の煮もの、まいたけの焼き飯/ <柳原尚之>秋鮭の焼きびたし
第3週 <土井善晴>素材のレシピ れんこん/ <井上真里恵>エビ餃子、タラのレモン香菜鍋
第4週 <土井善晴>べーごぼ、クーブイリチー/ <浜内千波>ひらたけのカルボナーラ

2018年11月
第1週 <土井善晴>シュウマイ/ <五十嵐美幸>担々肉じゃが
第2週 <土井善晴>塩鮭の油炒め、煮干しの佃煮、洗い米/ <脇屋友詞>白菜と鶏団子のとろとろ煮
第3週 <土井善晴>素材のレシピ うずら卵/ <堀知佐子>和風焼き豚
第4週 <土井善晴>エビとひき肉のポテトグラタン/ <浜内千波>こんがりチキンの野菜たっぷり小豆あんかけ

●テレビ朝日 土曜日 4:55~ (関東地区)
●岩手朝日テレビ(IAT) 土曜日 5:25~ 7日遅れ
●チューリップテレビ(TUT) 金曜日 9:55~ 6日遅れ
●ABCテレビ  日曜日 5:25~ 1日遅れ
●琉球朝日放送(QAB) 金曜日 10:20~ 6日遅れ
●BS朝日       金曜日 5:00~ 6日遅れ
※放送日、時間、及び内容を変更する場合があります。ご了承ください。

●テレ朝チャンネル2ニュース・情報・スポーツ
※「テレビ放送スケジュール」と異なる内容で放送しています。
 放送スケジュールは、CSテレ朝チャンネルホームページ「http://www.tv-asahi.co.jp/ch/」をご覧頂下さい。
 ご視聴に関する問い合わせは電話:0570-0555-77※PHS・IP電話等は (03)4334-7593 「テレ朝チャンネル視聴者センター」まで。
プロダクトNo 301
出版社 テレビ朝日
発売日 毎奇月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。