rockin’on(ロッキング・オン) 定期購読・最新号・バックナンバー

rockin’on(ロッキング・オン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

rockin’on(ロッキング・オン)雑誌の詳細です。


rockin’on(ロッキング・オン)の公式サイトへ
本・雑誌 rockin’on(ロッキング・オン)
本・雑誌内容 ロックといえばロッキング・オン。1972年の創刊以来、日本の洋楽シーンの最前線で戦い続ける問答無用のロック指南書ここにあり!大物ミュージシャンの独占インタヴュー、質の高い紹介記事、評論文を提供。ニューヨーク・ロンドンに駐在する特派員のネットワークを駆使した、現地の最新音楽情報も充実しています。
本・雑誌内容詳細 FREDDIE MERCURY
クイーン結成50周年、そしてフレディ・マーキュリー逝去から30年。華麗なるフォト・ギャラリー、
USを制覇した1981年の唯我独尊インタビュー、ブライアンとロジャーがフレディの想い出を語る最新インタビュー、フレディの絶唱が熱い「クイーンの10曲」徹底レビュー、そして1992年の画期的な追悼コンサート完全再現レポート――今一度、ドラマティックな生をまっとうした稀代のロック・スターに迫る全54ページ! ロッキング・オン特製両面ポスター付きです。

THE FUTURE OF ROCK FESTIVAL 2021
海外アーティストの来日公演、そして洋楽フェスは、いつ、どのように復活するのか? 国内のコロナ事情、海外のアーティスト事情、国の補償制度などの壁を超えるべくひたむきに奮闘するプロモーターたち――その最前線のリアルと復活のゆくえを検証レポート

BILLIE EILISH
脆さも儚さもあふれ出す140分が明かした、ビリーの物語。あまりにもビビッドに、誰にも見せてこなかった素顔を差し出したドキュメンタリー
『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』徹底レビュー2本立て!

JOHN LENNON
ロック史上最も赤裸々なマスターピース『ジョンの魂』から50周年――1970年当時の音楽シーンから平和運動のリアル、プラスティック・オノ・バンドまでを語り尽くした秘蔵インタビュー発掘!

RED HOT CHILI PEPPERS
90年代以降のロックのグルーヴを決定づけた金字塔『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』から30年――LA出身の「ペニス・ソックス集団」が最強バンドへ化ける瞬間を捉えた決定的ドキュメント!

DAFT PUNK
解散総括特集:ダフト・パンク、衝撃の解散!
21世紀のポップ・ミュージックの座標を一変させた『ディスカバリー』に迫った本誌2001年インタビューを軸に、 飽くなき実験を続けたイノベイターの偉業に迫る

ALBUM REVIEWS
ラナ・デル・レイ、ジャスティン・ビーバー、グレタ・ヴァン・フリートの新作を筆頭に、今月も続く注目作リリース。ヘビロテ必至のマスターピースたちを徹底レビューで迎え撃ちます

GRETA VAN FLEET
何を言われようとお構いなし、超ポジティブにロックの王道を突き進むグレタ・ヴァン・フリート――進化作『ザ・バトル・アット・ガーデンズ・ゲート』を語り尽くした

ROYAL BLOOD
テン年代を代表する最新型ロック・バンド、ロイヤル・ブラッドが新作『タイフーンズ』でダンス・エレクトロに接近! その理由とは?

THE PRETTY RECKLESS
クリス・コーネルらかけがえのない存在の相次ぐ死。失意のどん底にいた彼らは、どう立ち上がり、痛みをどうロックにぶつけたのか? 5年ぶり新作を語る

THE OFFSPRING
9年ぶり快作『Let The Bad Times Roll』リリース! USパンクの揺るぎない覇者がこじ開けた新章を、デクスター&ヌードルズが語り尽くす!

[CHARACTER OF THE MONTH]
IMAGINE DRAGONS

[HEADLINE]
THE GRAMMY AWARDS, PAUL McCARTNEY, THOM YORKE, OLIVIA RODRIGO, JACOB COLLIER, MY BLOODY VALENTINE, SQUID, CHEAP TRICK, GARY MOORE
プロダクトNo 2872
出版社 ロッキング・オン
発売日 毎月7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。