臨床病理 定期購読・最新号・バックナンバー

臨床病理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

臨床病理雑誌の詳細です。


臨床病理の公式サイトへ
本・雑誌 臨床病理
本・雑誌内容 日本臨床検査医学会の学会誌として,医師,検査技師,薬剤師,獣医師,歯科医師,看護師,企業の方々といった多くの医療に携わる人々に,最新の医療情報をいち早くお知らせしています。MEDLINEにも収載されており,インターネットでの検索も可能です。
本・雑誌内容詳細 67巻4号

■原著
 抗好中球細胞質抗体(antineutrophil cytoplasmic antibody: ANCA)測定試薬間差とANCA検査の臨床的妥当性の検討:後方視的横断研究 (大田俊行) 303
尿蛋白分画測定装置の比較検討 (青木絵美) 309
■短報
 臨床化学・免疫化学30項目の正確さ評価用試料「JCCLS 多項目実用参照物質-002(MacRM-002)」の有用性 (篠原克幸) 315
 凍結乾燥試料による精度管理で見つけることができなかったHPLC法によるHbA1c測定値の異常について (橋本佳明) 322
■症例
Kleihauer-Betke検査を用いて確定診断した母児間輸血症候群の1例 (五十川智司) 326
■総説
脂質の臨床検査医学の新機軸:リゾリン脂質 (蔵野 信) 331
■第65回学術集会
 シンポジウム3:WHO2016におけるHigh grade B-cell lymphomaの診断
-臨床検査と形態学の協調-
 司会の言葉 (塩沢英輔) 338
 病理医、臨床検査医と共に行うDiffuse large B-cell lymphoma、Double-hit lymphoma、Burkitt lymphomaの治療 (齋藤文護) 340
 B細胞性リンパ腫の細胞診-細胞検査士の立場から- (佐々木陽介) 346
 高悪性度B細胞リンパ腫の病理診断と今後 (百瀬修二) 351
 B細胞性リンパ腫診断における遺伝子・染色体検査の意義 (遠山 剛) 357
 委員会企画5:在宅臨床検査学の世界
 司会のことば (〆谷直人) 364
 在宅臨床検査学の世界 (小谷和彦) 366
 在宅医療におけるPOCT (坂本秀生) 369
 心不全の在宅管理・臨床検査技師の挑戦 (小針幸子) 375
 POCTを活用した在宅ケアの展望:在宅看護の視座から (畑吉節未) 382
 多職種連携と臨床検査 (丸田秀夫) 390

■資料
 平成30・31年より適用の新規保険収載検査項目の解説  395
■日本臨床検査医学会ニュース
 2019年度第1回理事会議事録  398
 2018年度に係る定時社員総会議事録  403
プロダクトNo 2802
出版社 克誠堂出版
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。