臨床外科 定期購読・最新号・バックナンバー

臨床外科の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

臨床外科雑誌の詳細です。


臨床外科の公式サイトへ
本・雑誌 臨床外科
本・雑誌内容 消化器一般外科臨床のトピックスを毎号特集形式で解説するほか、厳選された投稿論文を「臨床研究」「臨床報告」「手術手技」などに種別して掲載。毎号、外科医必読の項目を満載。巻頭の「カラーグラフ」欄も充実している。年1回、時宜を得たテーマで増刊号を発行。
本・雑誌内容詳細 ■特集 ガイドラインには書いていない 大腸癌外科治療のCQ――妥当な治療と適応を見直そう■
「大腸癌治療ガイドライン2022」はどこが変わったか(橋口陽二郎・他)
TNM以外で本当に臨床的に有用な大腸癌の予後因子はあるのか――炎症性マーカー,栄養指標および遺伝子を用いた大腸癌治癒切除後 予後因子の検討(端山 軍・他)
T1大腸癌の追加腸切除の適応は縮小できないのか(梶原由規・他)
結腸右半切除におけるリンパ節郭清の至適範囲(山口茂樹・他)
蛍光ガイド下大腸癌手術は本当に有用か(石井雅之・他)
ロボット支援下直腸癌手術は腹腔鏡下手術よりも推奨されるのか (島野瑠美・他)
ISRは本当に有用な治療なのか――長期治療(腫瘍学的・機能的)成績からみたISRの有用性と問題点 (佐伯泰愼・他)
直腸癌に対してtaTMEは従来式の腹腔鏡手術よりも推奨されるのか (塚田祐一郎・他)
術前CRTを施行した直腸癌に予防的側方郭清は推奨されるか (安井昌義・他)
Watch & waitは直腸癌の標準治療の選択肢となりうるか(江本成伸・他)
治癒切除可能直腸癌に対するtotal neoadjuvant therapy(TNT)の推奨レジメンと臨床成績(秋吉高志・他)
高度進行大腸癌への術前治療を分子標的薬別に考える――Total neoadjuvant therapy・triplet時代における術前治療の最新エビデンス(小倉淳司・他)
大腸癌肝転移に対する局所治療はどのような場合に有用か(柳 秀憲)


●How to start up 縦隔鏡下食道亜全摘(第2回)
頸部直視操作(森 和彦・他)

●手術器具・手術材料――私のこだわり ②
手術用ヘッドライト(遠藤 格・他)

●FOCUS
「十二指腸癌診療ガイドライン」の要点――特に外科治療に関して(庄 雅之・他)

●病院めぐり
JA徳島厚生連吉野川医療センター外科(佐藤宏彦)

●臨床報告
根治切除から5年後に,多発骨格筋転移で再発した胃低分化腺癌の1例(北川祐資・他)

後腹膜myolipomaの1切除例(牧田直樹・他)

正中弓状靱帯症候群による前・後膵十二指腸動脈瘤同時破裂を動脈塞栓・血行再建で救命し得た1例(高橋利明・他)

胆嚢亜全摘術後遺残結石による膿瘍形成に対し瘻孔鏡を用いて治療した1例(日比野貴文・他)
プロダクトNo 2791
出版社 医学書院
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。