臨床画像 定期購読・最新号・バックナンバー

臨床画像の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

臨床画像雑誌の詳細です。


臨床画像の公式サイトへ
本・雑誌 臨床画像
本・雑誌内容 第一線で活躍中の放射線科医を対象に、画像診断の重要かつ最新のテーマ、話題のトピックスを取り上げて解説する総合画像医学雑誌です。毎号up to dateな特集のほか、「救急画像診断における私の教訓症例」「達人に聞くIVRの道具・器具選び」などの連載記事も充実しています。年2回(3月・10月)増刊号を発行しています。
本・雑誌内容詳細 臨床画像10月増刊号 vol.34 

■特集:救急放射線診断へのアプローチ  企画 江原 茂,編集 水沼仁孝
序説 水沼仁孝
Ⅰ. 脳神経・脊髄
脳血管障害/浅原涼子ほか
 くも膜下出血
 脳出血
 脳梗塞
 可逆性血管痙攣症候群
 Willis 動脈輪閉塞症(もやもや病)
 静脈洞血栓症
 椎骨動脈解離
 下垂体卒中

急性脳症・脳炎など
 髄膜炎/猿谷真二ほか
 脳炎/西岡友佳ほか
 脳膿瘍/会田和泰ほか
 硬膜下蓄膿/小原 雄ほか
 高血圧脳症・可逆性後頭葉白質脳症症候群(PRES)/太田義明ほか
 そのほかの脳症/猿谷真二ほか
 脊髄梗塞/浅原涼子ほか
 多発性硬化症,視神経脊髄炎/浅原涼子ほか
 亜急性連合性脊髄変性症/浅原涼子ほか
  
外傷
 総論:頭部外傷のCTの適応と経過観察について/高木 亮
 頭蓋骨骨折/高木 亮
 脳(皮質)挫傷・外傷性くも膜下出血・大脳半球腫脹/関根鉄朗
 急性硬膜下血腫/浅原涼子ほか
 急性硬膜外血腫/浅原涼子ほか 
 外傷性軸索損傷/安藤嵩浩ほか
  びまん性軸索損傷
  深部灰白質損傷
  脳幹部損傷
 椎骨動脈疾患/高木 亮
 外傷性内頸動脈損傷/浅原涼子ほか 
 慢性硬膜下血腫/浅原涼子ほか
 脊髄損傷/織田絵里香ほか
 脊髄引き抜き損傷/安藤嵩浩ほか
 脊髄硬膜外血腫/織田絵里香ほか

Ⅱ.頭頸部
顔面骨骨折/藤井裕之ほか
 眼窩骨折(吹き抜け骨折)
 斜台骨折
 鼻骨骨折
 鼻骨眼窩篩骨洞骨折
 前頭骨折
 上顎骨折(Le Fort)
 下顎骨折
眼窩軟部組織損傷
 球後部血腫・気腫/山内英臣ほか
 外眼筋障害/山内英臣ほか
 眼球損傷/山内英臣ほか
眼窩蜂窩織炎/山内英臣ほか
副鼻腔炎/山内英臣ほか
喉頭蓋炎/山内英臣ほか
耳下腺炎・頸部膿瘍/山内英臣ほか

Ⅲ.脊椎
外傷
 頭蓋頸椎移行部(C1-2)/山本麻子
 中下位頸椎損傷/山本麻子
 胸腰椎損傷/山本麻子
 椎間板ヘルニア/松田めぐみほか
 椎体椎間板炎・脊髄硬膜外膿瘍/松田めぐみほか

Ⅳ.胸部/松本純一ほか
肺挫傷・裂傷および危険な肋骨骨折
肺梗塞・深部静脈血栓症
市中肺炎と日和見肺感染症
誤嚥性肺炎(Mendelson 症候群)
気道異物
閉塞性肺疾患と急性病態の合併
ARDS
特発性食道破裂
ICU radiology

Ⅴ.心・大血管
心臓・心嚢/小徳暁生ほか
 心筋梗塞
 心破裂・挫傷
 心タンポナーデ
大動脈/小川普久
 大動脈損傷
 大動脈解離
 大動脈瘤(切迫破裂)

Ⅵ.腹部
急性腹症:診断の進め方
 腸閉塞/古川 顕ほか
 内ヘルニア・子宮広間膜ヘルニア/井上明星
 外ヘルニア・大腿ヘルニア/井上明星
 腸重積症/野坂俊介
 異物/亀井誠二
 感染性腸炎/谷掛雅人
 複雑性虫垂炎/高司 亮
 急性腹膜炎/谷掛雅人
 捻転/又吉 隆
 消化管穿孔/船曵知弘
 分節性動脈中膜融解/金﨑周造ほか
 非閉塞性腸間膜虚血/ウッドハムス玲子
 腸管気腫症/金﨑周造
 消化管出血/渡口真史ほか
 腹膜垂炎・大網捻転(梗塞)/又吉 隆
 内臓動脈瘤破裂/横山太郎ほか
 閉塞性黄疸・胆道感染症/小坂一斗ほか
 急性膵炎/高司 亮
 婦人科救急疾患/ウッドハムス玲子
  骨盤内炎症性疾患(PID)
  子宮筋腫赤色変性
  異所性妊娠破裂
  卵巣茎捻転
  卵巣腫瘍破裂
  卵巣出血
 腎・泌尿器救急疾患/山内哲司ほか
  尿路結石症
  腎盂腎炎
  腎梗塞
  尿膜管膿瘍
  精巣捻転
術後合併症
 経皮経肝胆道ドレナージ(PTBD)術後の胆道出血/三浦弘志ほか
外傷
 外傷パンスキャン 見落とし防止および速やかなIVR 施行をサポートする再構成画像/水沼仁孝
 腹部実質臓器損傷(肝・脾・腎・膵)/船曳知弘
 腸管・腸間膜損傷/一ノ瀬嘉明
 胆道損傷/川上 剛
 膀胱損傷/森本公平

コラム
 24時間,救急の画像診断を行うために/服部貴行
 救急における適切な画像検査とは?一般の画像診断と救急画像診断の違いについて/中島康雄
プロダクトNo 2788
出版社 メジカルビュー社
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。