旅行読売 定期購読・最新号・バックナンバー

旅行読売の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

旅行読売雑誌の詳細です。


旅行読売の公式サイトへ
本・雑誌 旅行読売
本・雑誌内容 1966年(昭和41年)の創刊以来、徹底した現地取材主義と実用性の高い記事内容で、幅広い年齢層の読者から大きな信頼を得て、旅の専門誌のリーディングマガジンとしてゆるぎない地位を確保しております。人気の温泉情報をはじめ、ハイキング、イベントやニューオープンの施設、話題のスポットなど、旅の最新情報が満載!まさに「読んで楽しく、すぐに役立つ」旅の情報誌です。
本・雑誌内容詳細 ◆第一特集 

この夏は海宿、島旅

・こんな景色に出会いたかった

・波穏やかな内房の海、夕膳にはアワビもビーチサイド
温泉リゾートゆうみ(千葉・鋸南町)

・水平線の向こうの富士山と海の幸
海のほてる いさば(静岡・沼津市)

・リアス式海岸の絶景を貸切露天風呂から
渚亭たろう庵(岩手・宮古市)

・白亜のリゾートホテルで大人の贅沢バカンス
ザ・ホテル リマーニ&スパ(岡山・瀬戸内市)

・日本百景・唐津湾の特等席で海の恵みを
唐津 網元の宿 汐湯凪の音(佐賀・唐津市)

・花れぶん(北海道)、ウェスパ椿山(青森)

・華夕美(宮城)プライベートホテル&スパレストラン

・森羅(千葉)こみなと漁師料理 海の庭(千葉)

・潮騒のリゾート ホテル海(静岡)伊豆
北川温泉 星ホテル(静岡)天空海遊の宿 末広(愛知)

・伊良湖シーパーク&スパ(愛知)賢島宝生苑(三重)ホテルこうしゅうえん(石川)

・荒磯亭(福井)、休暇村紀州加太(和歌山)ホテル川久(和歌山)

・絶景露天風呂の宿 銀波荘(兵庫)燧 -Hiuchi-(香川)休暇村瀬戸内東予(愛媛)

・蟹御殿(佐賀)、杉乃井ホテル(大分)日南海岸南郷プリンスホテル(宮崎)

●島へ 時間を忘れ、風土を感じる旅への誘い●

宮沢和史島唄を旅する

・ゆったりと水牛にひかれて島に渡る
西表島、由布島、竹富島(沖縄・竹富町)

・大自然が魅せるオブジェの宝庫
隠岐諸島(島根・隠岐の島町など)

・リゾート シーピロス(東京)寺田屋(東京)、民宿ゆきや(愛知)

・海のホテル 島花(兵庫)小豆島国際ホテル(香川)
海と星空の小さな宿WASSA WASSA(沖縄)


◆第2特集
「君の名は。」、尾道三部作…鉄道で〝聖地巡礼?
――あの名作の舞台へ

・ヒロイン三葉が暮らす〝糸守町?を訪ねて「君の名は。」飛騨古川(岐阜)

・コラム 「日本のアニメ聖地88」とは?

・今夏ドラマ化されるロングランの名作「この世界の片隅に」広島・呉(広島)

・映画と「自分らしさ」をつなぐ街「時をかける少女」尾道・竹原(広島)

・四姉妹が暮らす古都の庶民派グルメ「海街diary」鎌倉(神奈川)

・高野山麓、真田幸村の隠れ里「真田丸」九度山・高野山(和歌山)

◇ますます充実 連載ルポ

・海外特集 スペイン 
聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指して大平原をひたすら歩く

・昭和鉄道旅 国鉄分割民営化の頃「美しい唄」の駅で流れたあの曲

・旅する喫茶店 壱之町珈琲店/岐阜・飛騨市

・挑戦者たち 館山炙り海鮮丼〈上〉/千葉県館山市

・あの歌この街 橋本克彦「襟裳岬」(北海道)

・バリアフリーの温泉宿 ホテル海風土/宮城・松島温泉

・今日もドライブ日和 陶芸の街から久慈川へ納涼ドライブ
益子・大子・湯岐温泉〈栃木・茨城・福島〉

・美食の源泉へ 最終回 じゅんさい/秋田

・たびよみ目線
ジンベエザメが天井に・のとじま水族館/七尾・石川

◇読み物

・駅舎のある風景【青海川駅/信越線】

・畠山健二の東京回顧録

・城LOVE旅 松本城/長野

・たびよみ情報館

・観光ニュース 列島たび前線

・西へのいざないゆったり関西ご利益散歩
サムハラ神社(大阪)

・旅の本とテレビ&映画

・今月のプレゼント

・旅よみ俳壇

・旬感 旅だより 中国・四国編

・読者の皆さんと…

・ひらめき脳力クイズ

・読者の広場

・全国 おでかけ たびよみマップ

ほか
プロダクトNo 2782
出版社 旅行読売出版
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。