ランナーズ 定期購読・最新号・バックナンバー

ランナーズの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ランナーズ雑誌の詳細です。


ランナーズの公式サイトへ
本・雑誌 ランナーズ
本・雑誌内容 全国600万ともいわれるランニング、ジョギング愛好者のための月刊誌です。ダイエットや健康ジョギング、気持ちよく汗を流すためのランニングから、フルマラソンの記録向上、ウルトラマラソン完走のためのトレーニングまで、幅広いランナー層のための情報、トレーニング法、読み物などを掲載。
本・雑誌内容詳細 フル2時間20分切り100回達成
「川内優輝がギネス世界記録!」
3月2日にギネス世界記録の認定式が執り行われた。その時の挨拶という名の「独演」には、今の時代に相応しいスポーツの社会的意義や、新たなプロアスリートの在り方が込められていた。「人生を豊かにするために走る」「30代で自己ベストが出たのは楽しんで走ってきたから」などスピーチ内容を一部編集し、ほぼ全公開します。

特集ページ
勝手にスピードアップで気分爽快♪
「今春は坂を駆け下る!」
コロナ禍でレースが中止・延期になり早1年。スピードの出し方を忘れてしまっていませんか? 暖かくなるこれからの時期にお勧めなのが、「下り坂走」です。スピード走が苦手なランナーでも勝手に速く走れておまけに楽しい! 誌面ではおなじみ岩本能史コーチが箱根駅伝6区を走った親戚と対談、愛媛のイベント主催者も「下り坂で走りが覚醒する」と魅力を語ります。

特集ページ
「ランニングの力で我が社をもっと元気に!」
(Book in Book)
「社内駅伝に3万5000人が参加(トヨタ自動車)」「大会参加費は全額補助(イーバリュー)」など、社員の健康促進のためにランニング活動を行っている10社を紹介。企業クラブ幹事「10の極意」も必読です。

特別企画
市民ランナー猫ひろし「コロナ禍の今、絶好調だニャ〜!」
コロナ禍で仕事は減ったが練習では最高タイム(40km2時間19分)を連発。走り始めたころから今のトレーニングメニュー、そして(帰化した)カンボジアへの思いまで、現在絶好調の猫ひろしさんが自身のランニング13年間を振り返りました。

現存する日本最古のフルマラソンが終焉「さよなら、びわ湖‼」
・市民ランナーたちが語った「やっぱりびわ湖は特別」
・「君原健二さんとの競り合いが一番の思い出」(五輪3大会代表の宇佐美彰朗さん)
・今年はマラソン日本新記録が誕生! 恩師が4年前に綴った
 「鈴木健吾は、箱根駅伝予選会の翌日も30km走っていた」

凍った海の上を走るハーフや砂浜の50kmレースも! 海外マラソンレポート
気温マイナス9℃! 1000人が走ったウラジオストク・アイスランなど、世界5カ国で開催されたレースを紹介します。

カネカが昨年10月にオンラインで「ラン&ウォークイベント」
社員1560人参加で「在宅ワーク時代にピッタリ!」

みんなが元気になる Trial Marathon!
愛媛、高知、熊本大会のゴール写真を掲載

連載
金哲彦のランニング談義
エリートマラソンは、
好記録を出し続けなければ存続が難しい
文/金哲彦

イタリアからの熱血ランニング便り
厳しい雪の大地に立ち向かった
冬のレースの記憶
文/ジャンルーカ・ディ・メオ

鉄人「ガンツ」と超人「キタダ」の往復書簡
モチベーション維持法は「55時間無睡眠ラン!」
ひとりイベント自主開催です
文/岩立幸一・北田雄夫

弓削田眞理子に叱られたい
「故障を恐れちゃダメ!
週1回は全力スピード走」

報知新聞竹内記者の箱根ランナーたちの今
箱根2日後、新チームの練習に特別参加し、
笑顔で卒業した「補欠」の4年生
文/竹内達朗(報知新聞記者)

マラソンの源流「ペデストリアン」
徒歩競争は室内開催の賭博レース
入場料2000円で6日間ぶっ通し
文/武田 薫(スポーツライター)

ニューヨークのランナーは今
パソコンに向かって1時間熱弁!!
ニューヨーク・シティマラソンをオンラインでガイド
文/巌 真弓(ライター・観光ガイド)

オーストラリア通信
イルカのメダルが可愛い!!
人気レース、ドルフィンラン
文/田岡万由子

ニュース&トピックス 走る仲間のひろば
・びわ湖で川内兄弟が自己ベスト
・別大、ホノルル「オンラインマラソン」出走記
・コロナ禍で誕生した「熊本のトレイルレース」

鏑木毅の「失敗に学んだ」
月間900kmでも最後はスタミナ切れ
東京国際のゴール後に医務室直行
文/鏑木毅(プロトレイルランナー)

豊岡示朗の知っ得マラソンサイエンス
マスターズ世界記録保持者が4人!
日本の中高年ランナーは世界レベル!?
文/豊岡示朗(大阪体育大学名誉教授)

現役コーチたちのMY TRAINING
早朝から行うペース走「朝ぺー」
文/帆波圭斗(RDC RUN CLUBコーチ)

RUNNET CHANNEL
猫ひろしの20km走に密着
「近寄り難いほどの戦闘モード」
文/京谷和央
プロダクトNo 2757
出版社 ランナーズ
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。