油空圧技術 定期購読・最新号・バックナンバー

油空圧技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

油空圧技術雑誌の詳細です。


油空圧技術の公式サイトへ
本・雑誌 油空圧技術
本・雑誌内容 油圧技術と空気圧技術は、ともに流体のエネルギーを利用する動力伝達に関する技術です。油圧技術の本格的な導入は1950年以降で、この優れた生産性と経済性はあらゆる産業において注目され、その領域も広げてきました。空気圧技術は、経済性と機能性に優れた技術で、今日では生産ラインにおいて不可欠な技術であり、宇宙開発、海洋開発、医療、レジャー産業から工具まで幅広く利用されています。本誌は、この油圧・空気圧は勿論、電子技術、真空技術を含めた流体応用技術の専門誌として、実務面の解説、システムの設計、研究開発、機器の選定、メンテナンス、経済効率、技術資料等を提供します。対象読者は生産技術関係、設計者を中心に、開発、管理部門まで読者層の広がりがあり、30歳代を中心に安定した読者層を持っております
本・雑誌内容詳細 ■特集:フレッシュメンに贈る・場と空間の可視化技術
○巻頭言/横浜国立大学/佐藤恭一

○トライボロジーの可視化/九州工業大学/西川宏志
転がり軸受やピストンーシリンダ、オイルシールなど油潤滑下で作動する機械要素の摩擦・摩耗などのトライボロジー特性は、二面間の油膜厚さが大きく影響する。本稿では、油膜厚さ計測法として使用される光干渉法、レーザ誘起蛍光法について紹介する。

○サーモグラフィー、LIF法、感温液晶、感温塗料/山梨大学/舩谷俊平
気体の雰囲気温度、液体内の温度分布などをフィールド計測する技術に対しては、産業界からの要請が特に強い。そこで、サーモグラフィー、LIF法、感温液晶、感温塗料といった計測技術の動向と実用化に向けた取り組みについて紹介する。

○EMC試験機関連、空間電磁界可視化/㈱ノイズ研究所/石田 武志
電子機器のノイズ対策は、目に見えない電磁波の放射を抑えることにある。本稿では、EMCのノイズ対策における手法及び課題を整理し、電磁界可視化の必要性と原理を紹介する。また、実際の電子機器における電磁ノイズの可視化結果とその活用・応用例を解説する。

○非破壊検査技術とは/非破壊検査㈱/森 雅司
非破壊検査技術とは、モノを壊さずにキズを見つける技術であり、構造物の事故防止や製造品の品質管理に利用されている。本稿では、非破壊検査の必要性、非破壊検査の基礎および非破壊検査によるキズの可視化について解説する。

○ロボットのセンサと自己位置推定・地図生成/千葉工業大学/上田隆一
本稿では、移動ロボットで用いられる自己位置推定と地図生成技術について解説する。また、これらの技術のために用いられるセンサや測位技術(エンコーダやジャイロ、カメラ、LiDAR、GNSS)、確率論などの理論的背景についても説明する。

■製品と技術
○LoRa無線によるパルス対応デジタル入出力装置/㈱アイエスエイ/三反﨑好弘
IoTの方向の一つにLPWA無線の活用がある。これまでの無線方式がIoT前提で開発された訳ではなかったのに対し、幾つかの有力な無線方式が登場し使われ始めた。本稿ではその内、LoRa規格のアナログ/デジタル入出力装置を中心に、LoRaの基礎も含め解説を試みた。

○コンパクト・コリオリ式デジタルマスフロー/ブロンコスト・ジャパン㈱/杉山彰教
当社は流量レンジ最小0.1~5g/h、最大6~600kg/hの比較的小さい流量域向けのガスおよび液体用コリオリ式質量流量測定・制御機器を販売している。本稿では、これらの原理と機能について述べ、他原理(熱式・超音波式)の流量計との比較を通じて特徴をまとめる。

■シリーズ:わが社を支えてきたロングセラー製品
○可搬式小型電動ポンプ(SMPシリーズ)/理研機器㈱/田中邦彦
装置の小型化・高出力化といった油圧機器のメリットを活かすべく開発されてから、およそ40年間にわたり、幅広い分野にて様々な用途で使用されている可搬式小型電動ポンプ(SMPシリーズ)について紹介する。

■連載
○機械設計の楽しい人生 (第 17回)/長谷川和三

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○油圧ポンプ

プロダクトNo 2698
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。