MEN’S CLUB (メンズクラブ) 定期購読・最新号・バックナンバー

MEN’S CLUB (メンズクラブ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

MEN’S CLUB (メンズクラブ)雑誌の詳細です。


MEN’S CLUB (メンズクラブ)の公式サイトへ
本・雑誌 MEN’S CLUB (メンズクラブ)
本・雑誌内容 「MEN’S CLUB」は2014年に創刊60年を迎えました。この60年間「MEN’S CLUB」は単なるファッション提案してきたのではなく、日本人男性の生活にどう取り入れられるのか、ということに真剣に向き合ってきました唯一の男性ファッション誌と自負します。当然、欧米人と日本人では体型もライフスタイルも違います。 トレンドの中心である欧米のファッション文化を楽しむことは良いことですが、なにより洋服は似合ってこそのもの。だからこそ『メンズクラブ』はこれからも日本社会の常識、生活に合うモノを厳選して紹介していきたいと考えます。
本・雑誌内容詳細 1.
大人のアウタースナップ

毎年恒例のスナップ企画を今年も開催!
今回は札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の5都市を巡る、約2年ぶりとなる全国版にてお届けします。
昨年思うように外出できず不完全燃焼気味だっただけに、街中では今年こそアウターをがっつり着込んだ
冬の装いを楽しみたいという洒落者を多数目撃。彼らの着こなしから導き出したリアルなトレンドをもとに、
今着るべきアウターは何なのか。どうすれば好印象に着こなせるのか。
さまざまな角度から分析し、カテゴリー別に徹底解説します。
さらにバイクやキャンプ、フィッシングなどアクティブなシーンでのアウター選びも紹介。
大人の男のための冬スタイルを網羅した総集編をぜひご覧ください。


2.
アウタースタイルの模範解答

今年は札幌、東京、名古屋、大阪、福岡と全国5都市を行脚! 日本中の洒落者たちを集めました。
ここでは今季のトレンドを鑑みて、6つのカテゴリーで紹介。もちろん軸となるのはトラッド、
なのですが、着こなしはどこかで抜け感を作り、リラックスしたものが主流となります。
「冬のアウターまだ買っていないな…」という方は選び方を、
「ゆったりシルエットの着こなしが難しい…」という方は合わせ方を参考に。
リアリティあるスタイルサンプル集で、あなたに合った冬の着こなしを見つけてください。


3.
TOKYO TRAD 三浦翔平

若くして俳優として注目を集め、映画やドラマ、
舞台まで、幅広いフィールドで躍動しつづける三浦翔平。
現在33歳。揺るがぬ自信を追い求めて走り抜ける、
彼の“今”を写したファッション・ストーリー。

4.
キアヌ・リーブスの謎を解明する

1964年生まれの映画俳優キアヌ・リーヴス。最新作の『マトリックス レザレクションズ』が12月17日より公開中。
彼は常に仕事をしてきた。俳優としてのキャリアは35年。
出演作は68本だ。殺人鬼やちょっと間抜けな少年、救世主、それに悪魔を演じたこともある。
だが、キアヌ・リーブスはどんな役に扮していても、スクリーンに現れる以上のものを私たちに感じさせてきた。


5.
ゲームチェンジャーに学ぶ 山田孝之 Kota Kawai 伊藤正裕 三好史恵

11月30日にオンライン配信された「The Mavericks of 2021」。今回はSDGsをテーマに掲げ、アワード形式ではなく、
時代の開拓者でありゲームチェンジャーである4人のMavericksの思考や経験談を聞く学びの場を共有。
そのメッセージのひとつひとつには、持続可能なライフスタイルへと楽しく刷新するヒントが詰まっています。


6.
テイクアウトすると株が上がる新名店

コロナ禍で思うような運営ができずだったレストラン業界。そんななか、店の味をもっと食べてほしいと、
テイクアウトに力を入れるお店が増えました。買って帰ると家族が笑顔になる、
「こんな店が家の近くにあれば~ !!」そんな新名店を3人の食いしん坊ライターが教えてくれました。

プロダクトNo 2635
出版社 ハースト婦人画報社
発売日 2,3,4,5,6,8,9,10,11,12月の25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。