medicina 定期購読・最新号・バックナンバー

medicinaの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

medicina雑誌の詳細です。


medicinaの公式サイトへ
本・雑誌 medicina
本・雑誌内容 内科臨床医を対象にした内科総合誌。第一線の臨床医が実地診療の場で必要な情報をプラクティカルに、かつ簡潔に解説する。毎月特集テーマで話題を提供するほか、年1回、内科医必須事項をまとめた増刊号を発行。内科医必携・必読の月刊誌。
本・雑誌内容詳細 ■特集 糖尿病診療の“Q” 現場の疑問に答えます■

□特集 糖尿病診療の“Q” 現場の疑問に答えます(能登 洋)
□対談
糖尿病実地診療の理想と現実(坂上 太郎・能登 洋)
□糖尿病とは
疫学
日本の糖尿病の現状は?(杉山 拓也・山本 浩司・山田 祐也)
分類・成因・病態・診断
どのように診断し,病態を把握したらよいのだろう?(山本 かをり)
診察
限られた時間内でのポイントを押さえた診察法は?(五十川 陽洋)
血糖測定器
血糖測定を嫌がる患者にはどう対応したらよいだろう?(外池 美恵)
□血糖管理目標値
外来
ともかくHbA1c 7.0%未満が目標?(田中 隆久)
入院
血糖値523mg/dLで呼ばれた!-どうしたらよいか?(羽田 幹子)
□治療
食事療法
炭水化物摂取量は少ないほうが血糖コントロールによい?(杉山 雄大)
運動療法
「運動する暇がない」と言う患者をどう指導しよう?(大杉 満)
薬物療法(経口血糖降下薬総論)
どの薬から使用すればよいのだろう?(辻本 哲郎)
薬物療法(経口血糖降下薬)
ビグアナイド薬の使い方(飯坂 徹・長坂 昌一郎)
DPP-4阻害薬の使い方(田中 肇・河合 俊英)
スルホニル尿素薬・グリニド薬の使い方(西村 明洋)
SGLT2阻害薬の使い方(櫛山 暁史)
α-グルコシダーゼ阻害薬の使い方(岸本 美也子)
チアゾリジン薬の使い方(納 啓一郎)
薬物療法(注射薬)
インスリン製剤-いつどうやって投与量を決めたらよいのだろう?(神田 周平)
GLP-1受容体作動薬-インスリンとはどうやって使い分けるのだろう?(大西 由希子)
□糖尿病患者のマネジメント
糖尿病セルフマネジメント教育・療養支援
「変わる」を支える対話とは?(大橋 健)
シックデイ対策
食事が摂れないとき,投薬はどうしたらよいのだろう?(渡邊 知一・村田 敬)
低血糖対策
合併症予防には血糖値はthe lower, the betterのはずでは?(後藤 麻貴)
糖尿病ケトアシドーシス・高浸透圧高血糖状態
DKA/HHSの診断法・初期治療は?(林 聖子)
口腔ケア
歯周病は血糖コントロールに影響する?(小倉 雅仁・矢部 大介)
病診連携・教育入院
どのような患者をいつ紹介すべきか?(坂上 太郎)
□合併症
予防は血糖コントロールだけで十分?
糖尿病網膜症(三井 理瑛)
糖尿病性腎臓病(坂本 昌也)
糖尿病神経障害(今井 健二郎)
大血管症(財部 大輔)
足病変(疋田 香代・岡本 将英)
□困難症例の治療
糖尿病×高血圧-血圧は低いほうがよい?(磯尾 直之)
糖尿病×脂質異常症-どこまでLDL-Cを下げる?(原 眞純)
糖尿病×肥満-肥満の有無で診療方針が変わる?(柴 久美子・山田 哲也)
糖尿病×高齢-安全な治療法は?(井花 庸子)
糖尿病×がん-糖尿病だとがんになりやすい?(後藤 温)
糖尿病×骨粗鬆症-糖尿病では骨折しやすい?(會田 梓)
□特集の理解を深めるための31題
問題
解答


●見て,読んで,実践! 神経ビジュアル診察(13)
しびれの臨床-触覚・痛覚の所見(難波 雄亮)

●ストレスと病気のやさしい内科学 診療の幅が広がる心療内科の小ワザ集(7)
体重が増えるのが怖い……(神経性やせ症のケース)(大武 陽一)

●物忘れ外来から学ぶ現場のコツ 認知症患者の診かた(12)
BPSDへの対応はどうしたらよいですか?(1)老々介護の場合(重松 一生)

●母性内科の「め」 妊婦・授乳婦さんのケアと薬の使い方(11)
急に腰が痛くなったんです(三島 就子)

●医師のためのビジネススキル(12)
オペレーション オペレーションを見直し無駄な在庫・作業を削減せよ!(胡 暁華・金子 浩明)

●目でみるトレーニング(岩崎 靖/田代 将人/北島 信治)
プロダクトNo 2626
出版社 医学書院
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。