法学教室 定期購読・最新号・バックナンバー

法学教室の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

法学教室雑誌の詳細です。


法学教室の公式サイトへ
本・雑誌 法学教室
本・雑誌内容 『法学教室』は、最高の執筆陣により、様々な法的論点を明解に解説。また、毎号のタイムリーな特集は、法的関心をさらに広がりのあるものにします。他にも憲法・民法・刑法をはじめとした連載は既刊の法律書を理解をさらに深いものにします。
本・雑誌内容詳細 特集 講義・刑法の重要判例
Ⅰ 過失犯における結果回避可能性(最判平成15・1・24)◆古川伸彦
Ⅱ 中立的行為による幇助(最決平成23・12・19)◆曲田 統
Ⅲ 名誉毀損罪における真実性の誤信(最決平成22・3・15)◆嘉門 優
Ⅳ 親族相盗例の適用範囲(最決平成20・2・18)◆田山聡美
Ⅴ 電子計算機使用詐欺罪における「虚偽」の情報(最決平成18・2・14)◆渡邊卓也
Ⅵ 放火罪における「公共の危険」(最決平成15・4・14)◆佐藤輝幸


巻頭言◆川出敏裕

法学のアントレ◆栗田佳泰

法律用語のトリビア「心裡留保」◆石川博康

時の問題
「水道法の改正――民営化と保障責任」◆板垣勝彦
「プラットフォーマー型ビジネスに対するルール整備」◆泉水文雄

講座
探検する憲法◆吉田俊弘・横大道 聡
スタンダード行政法◆村上裕章
ケースで考える債権法改正◆伊藤栄寿
会社法判例◆髙橋陽一
事例で考える民事訴訟法◆鶴田 滋
刑法事例の歩き方◆佐藤拓磨
プロダクトNo 2412
出版社 有斐閣
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。