ESSE(エッセ) 定期購読・最新号・バックナンバー

ESSE(エッセ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ESSE(エッセ)雑誌の詳細です。


ESSE(エッセ)の公式サイトへ
本・雑誌 ESSE(エッセ)
本・雑誌内容 料理、インテリア、収納、家事、ファッション、美容、マネー、エンターテインメントなど、暮らしに役立つ情報が満載!朝の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)との連動企画も好評連載中です
本・雑誌内容詳細 <巻頭特集>
大好評!第2弾 もう毎日のごはんづくりに悩まない!
「レシピはなくても、もっと料理はできる!」

2018年ESSE9月号でレシピなしでつくれるごはんを紹介したところ「毎日がラクになった」との声多数。レシピに頼らなくても簡単でおいしい料理を、もっとお届けしちゃいます!

<雑貨特集>
イケア、ニトリ、無印良品、ダイソー、キャンドゥ、Seria
人気6大ショップから選ばれた
本当に使える神アイテム総選挙

ESSE読者が通いつめる人気の6大ショップのアイテムから「本当に買ってよかた」ものを一斉調査。読者300人、約3000件の口コミの中から選ばれたアイテムとは…!? ロングセラーから新商品まで、“買って損なし!”のアイテムを紹介します

<収納特集>
無理なくきれい! をかなえる新ルール
収納上手な人はやめています

収納上手な人がこぞって実践しているのが、今まで当たり前のことのように使っていたアイテムや習慣を「やめる」こと。固定観念に縛られずに、思いきってやめてみることで、家もすっきり! 日々の暮らしも驚くほどスムーズに変わります

<節約特集>
「なんとなく赤字…」「気づけばボーナス残金ゼロ」を脱出!
貯まる! お金のチェックリスト

なかなか貯蓄できないのは、年間の支出を正しく把握していないのが原因かも。”急な出費”や”お金がかかるイベント”を年単位でチェックして備えれば、自然と貯まる仕組みができます。トクする確定申告マニュアルも参考にして!

<旅行特集>
食べる、買う、癒やすがかなう
ワタナベマキさんとめぐる新しい台湾

日本から約3時間という近さや、のんびりした街の雰囲気、そしてなによりもおいしい食事が魅力の台湾。毎年台湾を訪れているというワタナベマキさんが、「食べる」「買う」「癒やす」がかなう、とっておきの場所を紹介します

<料理特集>
コンテナ容器で混ぜて入れるだけ!
「たっきーママのレンチンでできる手づくりスイーツ」

バレンタイン、ホワイトデー…と、甘いお菓子を手づくりしたくなる時季。人気ブロガー・たっきーママが提案するコンテナスイーツならオーブンも型も使わずに手軽に完成! 容器の中で生地を混ぜたらあとは電子レンジや冷蔵庫に入れるだけだから洗い物も少なくて、失敗知らず。ビギナーさんでも簡単にできますよ

<美容特集>
夜の”顔デトックス”で老け顔をリセット
クレオパトラ・マッサージで若々しく! 小顔に!

寝る前のたった5分の習慣で、疲れた老け顔がリセットされ、若々しい小顔をつくれるのが、クレオパトラ・マッサージ。人気ヘアメイクの小田切ヒロさんが、その方法を伝授します!

<防災特集>
地震、台風、豪雨…いざというときわが身を守る
自衛隊に教わる防災術

災害や大規模な事故などの非常時、先頭をきって支援活動を行う自衛隊。”危機管理のプロ”である自衛隊が、実体験をとおして身につけたテクニックを集めた動画番組『ライフハックチャンネル』が話題です。「皆さんの普段の生活に役立てていただくのが番組のコンセプト。緊急時、女性が家でもあわてずに自分と家族の身を守れる実用的な防災術が満載です」(番組担当の陸上幕僚監部・林田賢明3等陸佐)。そのなかから厳選した簡単ですぐに実践できる”スゴ技”を紹介するので、ぜひお試しください!

<ESSE’S INTERVIEW>
柴咲コウさん

<SPECIAL INTERVIEW>
北山宏光さん

<クーポン>
おトクなクーポンつき
イタリア産トマトを使った大人気パスタをチェック!

<その他>
・大人かわいいスヌーピーの世界が広がっています
・健康になれる新・掃除術

プロダクトNo 228
出版社 扶桑社
発売日 毎月7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。