Heart View(ハートビュー) 定期購読・最新号・バックナンバー

Heart View(ハートビュー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Heart View(ハートビュー)雑誌の詳細です。


Heart View(ハートビュー)の公式サイトへ
本・雑誌 Heart View(ハートビュー)
本・雑誌内容 循環器専門医とそれを目指す研修医を対象に[診る][識る][治す]を基本コンセプトとして臨床に直結した内容を毎号お届けする月刊誌です。特集では、循環器病学の重要テーマを最新の科学的裏付けに基づきながら、日常の診療に則してビジュアルに解説しています。それをより深く学びたい方には [Expertise]コーナーを設けています。また「循環器専門医に必要な知識」など連載記事も充実しています。年1回(10月)増刊号を発行しています。
本・雑誌内容詳細 2021年5月号
■特集:虚血評価はPCIの適応,治療をどう変えたか? 企画・構成/中村正人
診る
1. 核医学診断による予後予測 七里 守
2. 心臓CTによる虚血評価 谷澤(元山)貞子,皿井正義
3. 侵襲的な虚血評価のアップデート 大橋寛史,高島浩明
4.【Expertise】虚血診断 モダリティの使い分け 松本直也
5.【Expertise】負荷心エコーによる虚血評価 加藤奈穂子,渡辺弘之

識る
6. 核医学による虚血評価の精度を高める方法は? 笠井督雄
7. CFRとFFRのgapは何を表現しているのか? 民田浩一
8. COURAGE試験とISCHEMIA試験との違いは何か 香坂 俊
9.【Expertise】Resting indexとFFRの共通点と相違点 菊田雄悦
10.【Expertise】PETによるMBFR評価の意義 粟屋 徹,脇屋桃子,国正妙子,諸井雅男,中村正人

治す
11. AUCの概念によるpractice 石井秀樹
12. ORBITA試験後の最適な治療 塩野泰紹
13. ISCHEMIA試験後の最適な治療 田中信大,可児純也
14. SYNTAX Ⅱ試験から考える最適の治療 浅野 拓
15.【Expertise】iFR-pullbackを活用した左主幹部病変の治療戦略:state-of-the-art PCIのその先へ 割澤高行

●連載
・【心臓の解剖 知っておきたい知識-疾患の病態生理から治療へつなげる解剖学-】
第2回:右房②(基本構造と心血管疾患との関連) 井川 修

Keyword
PCI,虚血心筋量,安定狭心症,冠動脈CTA,CTP,
FFRCT,FFR,安静時指標,PCI optimization,
心臓CT,心臓MRI,負荷心エコー,運動負荷心エコー,ドブタミン負荷心エコー,
虚血性心疾患,SPECT,微小循環障害,血行再建,PET,MBFR,CVIT,
プラセボ対照二重盲検化比較試験,ISCHEMIA試験,至適薬物療法,Physiology,
iFR,“state-of-the-art”PCI,iFR-pullback,Pressure wire-pullback,Crosstalk現象
プロダクトNo 2029
出版社 メジカルビュー社
発売日 毎月9日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。