脳と発達 定期購読・最新号・バックナンバー

脳と発達の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

脳と発達雑誌の詳細です。


脳と発達の公式サイトへ
本・雑誌 脳と発達
本・雑誌内容 本誌は日本を代表する小児神経専門誌。小児の神経疾患多発にともない神経を専門としない小児科医にとっても必読の雑誌。
本・雑誌内容詳細

脳と発達
第51巻第3号(2019年5月号)

= 巻頭言 =
ハルコガネとはやぶさ  酒井康成

= 小児神経施設紹介 =
科学的思考を持ち患者・家族に寄り添える小児神経科医の育成  鳥取大学医学部脳神経小児科

= リレーエッセイ =
すべては必然に起こり未来につながっている  長嶋雅子

= 総 説 =
先天性サイトメガロウイルス感染症の診療の進歩:診断の進歩  森内浩幸

= 特集・第60回日本小児神経学会学術集会 =
(2018年5月31日~6月2日,千葉)
<シンポジウム1:急性脳症の最新知見>
序論  髙梨潤一
小児急性脳症診療ガイドラインのポイント  奥村彰久
興奮毒性型急性脳症スペクトラムの拡がり  髙梨潤一
小児急性脳症の治療戦略  山内秀雄
<シンポジウム9:小児神経科医が知っておくべき末梢神経の臨床>
序論  藤井克則
Guillain-Barre症候群,Fisher症候群  藤井克則
慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー  武下草生子
遺伝性ニューロパチー  石山昭彦
<社会保険・薬事委員会主催セミナー>
神経発達症群における小児適応薬剤の意義とその使い方  宮島 祐,吉永治美
<医療安全委員会主催セミナー>
小児神経領域の医療安全を求めた更なる取組  是松聖悟,山内秀雄
<ガイドライン策定委員会企画>
小児けいれん重積治療ガイドライン2017をどのように活かすか
 ―診療現場からの意見,異見―  林 北見,前垣義弘
<倫理委員会・COI委員会主催セミナー>
臨床研究不正事例から学ぶ,研究公正  伊東恭子,三山佐保子,難波栄二
<市民公開講座>
災害時の子どもへの支援 ―障害のある子どもたちに焦点をあてて―
  高田 哲,米山 明,木村重美,山下裕史朗

= 短 報 =
ムンプスウイルス感染症が先行し視神経炎で発症した抗myelin oligodendrocyte glycoprotein(MOG)抗体陽性関連脱髄疾患の1例 
 水沼真也,川本大樹,津田祐子,田村 彰,南 弘一,鈴木啓之,高橋利幸

= 報 告 =
第48回小児神経学セミナー  浜野晋一郎,熊田聡子

= ニュース =
専門医ニュース
共同研究支援ニュース
人事往来
内外の学術集会
米子セミナー
第5回小児神経学サテライトセミナー
国立精神・神経医療研究センター小児神経セミナー
筋病理セミナー
千葉県小児神経懇話会
平成30年度小児医学研究振興財団優秀論文アワード

= 議事録 =
理事会
脳と発達編集委員会

編集後記

English contents are on the last page.






















プロダクトNo 2020
出版社 診断と治療社
発売日 毎奇月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。