脳神経外科 定期購読・最新号・バックナンバー

脳神経外科の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

脳神経外科雑誌の詳細です。


脳神経外科の公式サイトへ
本・雑誌 脳神経外科
本・雑誌内容 脳神経外科の臨床的研究を幅広く紹介する原著雑誌として,Index Medicusにも収載され評価は高い。各領域の第一線の著者による総説,写真やイラストを多用した手術手技も毎号掲載。基礎研究から医療問題にいたるまで,脳外科医に必要な知識を幅広く掲載中。雑誌略称は「No Shinkei Geka」。
本・雑誌内容詳細 ■特集 脊髄脊椎・末梢神経外科ことはじめ■
Editorial(竹島 靖浩,中瀬 裕之)
□Ⅰ脊髄脊椎・末梢神経外科のすゝめ
脊髄脊椎・末梢神経外科の魅力と醍醐味(高橋 敏行)
低侵襲手術の到達点――脊椎内視鏡(西村 泰彦,Thomas Lubbers,北山 真理,吉村 政樹,服部 剛典)
▼ コラム 脊髄外科医を育てる(寳子丸 稔)
□Ⅱ脊髄脊椎疾患の基礎知識
脊髄の神経機能解剖――最低限の基礎知識は?(岩﨑 素之)
脊髄脊椎外科における神経診察――脊髄高位診断のコツは?(遠藤 俊毅,伊藤 明,冨永 悌二)
脊髄脊椎手術と術中モニタリング――開頭術との違いは?(松岡 龍太,池田 紘二)
□Ⅲ頚椎変性疾患
頚椎変性疾患のバリエーション――診断におけるポイントは?(竹島 靖浩,中瀬 裕之)
頚椎前方除圧固定術――解剖の理解に基づいた安全な手術操作とコツは?(伊東 清志,猪俣 裕樹,丸山 拓実,荻原 直樹,佐藤 大輔,八子 武裕,四方 聖二,北澤 和夫,小林 茂昭)
頚椎前方除圧単独手術――適応とポイントは?(大竹 安史,福田 衛,石田 裕樹,中村 博彦,花北 順哉,高橋 敏行,兼松 龍,南 学,妹尾 誠)
頚椎後方除圧術――バリエーションと手術手技のポイントは?(梅林 大督,永井 利樹,西井 翔,橋本 直哉)
頚椎椎弓切除術から頚椎後方固定まで――その選択基準は?(大隣 辰哉)
□Ⅳ腰椎変性疾患
腰椎変性疾患のバリエーション――診断におけるポイントは?(安原 隆雄,佐々田 晋,伊達 勲)
腰椎後方除圧術――バリエーションと手術手技のポイントは?(尾原 裕康,原 毅,阿部 瑛二)
腰椎変性疾患に対する固定術――基本的なバリエーションと適応は?(佐々木 学,貴島 晴彦)
腰椎固定術――確実な骨癒合を得るためのコツは?(上田 茂雄,小原 次郎,豊嶋 敦彦,福田 美雪,佐々木 伸洋,黒田 昌之,眞鍋 博明,寳子丸 稔)
骨粗鬆症性椎体骨折――その対処法は?(尾原 裕康,原 毅,阿部 瑛二)
□Ⅴ末梢神経絞扼性障害の基本
脊髄変性疾患と末梢神経絞扼障害――鑑別診断は?(原 政人)
必ず遭遇する手根管症候群――見分け方と治療法は?(國保 倫子,金 景成)
□Ⅵ脊髄脊椎外傷・脊髄腫瘍・脊髄血管障害の基本
脊髄脊椎外傷――診断と治療のポイントは?(秋山 雅彦)
脊髄腫瘍――分類と治療予後は?(角田 圭司)
脊髄動静脈奇形――分類と診断のコツは?(内藤 堅太郎)


●海外での手術経験から学ぶ――手術環境・道具・技術そして心の重要性
連載 扉 ([企画]森田 明夫,[協力・扉執筆]大畑 建治)

vol. 1 海外で行う脳神経外科手術の準備と留意点
 (菊田 健一郎,北井 隆平,松田 謙,磯﨑 誠,東野 芳史,山内 貴寛,
 根石 拡行,山田 真輔,赤澤 愛弓,荒井 大志,木戸口 正宗,四方 志昂,
 川尻 智士,有島 英孝,小寺 俊昭,竹内 浩明)
プロダクトNo 2017
出版社 医学書院
発売日 毎奇月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。