農業と経済 定期購読・最新号・バックナンバー

農業と経済の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

農業と経済雑誌の詳細です。


農業と経済の公式サイトへ
本・雑誌 農業と経済
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 農業と経済 2021年4月号(vol.87 No.4) 889円+税

東西南北 月刊から季刊へ、本誌は新しくスタートします 『農業と経済』編集委員会

◆第I部 都市の拡大とローカル・フードポリシー

食政策の統合によって地域の魅力を取り戻す──日本版ローカル・フードポリシーの意義と役割 (秋津元輝)
参加型で地域の食政策をつくる──米欧のローカル・フードポリシーの歴史と特質 (立川雅司)
図解・「都市食料政策ミラノ協定」の特徴と世界への展開 (山崎嵩拓)
ローカル・フードポリシーの要素となる活動分野
1食からの貧困対策からコミュニティ形成へ──子ども食堂の展開過程 (加藤悦雄)
2ローカルの範囲と食の担い手──宇都宮市での調査分析からの試論 (西山未真、児玉剛史)
3「産」「消」でつくる豊かな自然と食の安全──有機農業のまちづくり 〈岐阜県白川町〉 (西尾勝治)

◆第II部 日本版ローカル・フードポリシーを創成する

動き出す実践――「食と農の未来会議」の取り組み
1「食と農の未来会議・京都」の取り組み──京都市の事例 (真貝理香)
230年後の学校給食をめざす取り組み──長野県小布施町の事例 (吉田百助、スティーブン・R・マックグリービー)
3ローカル・フードポリシーの可能性──亀岡市の事例 (田村典江)
食から広がる地域政策――ローカル・フードポリシーへと育てる
1山形県庄内地域──食からの地域づくり (三浦知子)
2環境と食がつながるまちづくり──東京都日野市「農のある暮らし」にむけて (長野浩子)
3食料品アクセス問題からみる未来のまち (高橋克也)

【コラム】フランスにおける2都市のローカル農業・食料政策のガバナンス (ペラン・コーリン、ピエール・ガスラン、スーラール・クリストフ・トゥサン、辻村英之)

【ブックガイド】
村田 武編『新自由主義グローバリズムと家族農業経営』 (小池恒男)
桂 瑛一著『青果物流通論――食と農を支える流通の理論と戦略』 (板橋 衛 )
八木洋憲著『都市農業経営論』 (原田英美)

【今月の農林統計】
令和元年漁業構造動態調査結果(令和元年11月1日現在)の概要
農林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課センサス統計室農林漁業担い手統計班

【ワールドリポート――世界の最新農産物事情】
穀物市場の高騰は、中国の需給引き締まりが原因 (岩﨑正典)

【投稿】
世界農業遺産はどのように地域振興につながるか
──徳島県にし阿波地域における農業者の農業継続意思に着目して (岩男 望)

農政談義 (大柿好一)

最近の文献
プロダクトNo 2015
出版社 昭和堂
発売日 2,3,4,5,6,8,9,10,11,12月の11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。