庭 定期購読・最新号・バックナンバー

庭の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

庭雑誌の詳細です。


庭の公式サイトへ
本・雑誌
本・雑誌内容 全国各地を丁寧に取材し、地域固有の自然・風土・文化に根差して作られた庭、代表的な作庭家の技や人物そのものと主要作品、伝統を現代に生かす試み、自然の造形や現代アートとのコラボレーション、大型イベントやプロジェクトなど、様々な視点から多様性を引き出す庭など、住宅庭園から茶庭、坪庭、そして公園まで、あらゆる庭を紹介します。写真はすべて庭園専門のカメラマンによる撮影で、美しい空間をリアルに再現します。
本・雑誌内容詳細 特集
庭から緑へ 店舗の庭

古代の環状列石が現れた庭
小田垣商店
 造園設計=杉本博司/新素材研究所

京町家の坪庭に描く無作為の中の作為
となりの村田
 造園設計・施工=曽根造園

クライアントに聞く
京都らしさと自然が共存 世界中の人たちを招く店と庭
 村田 森、村田扶佐子/となりの村田

滋賀の自然を料亭の庭に 若女将によるリノベーション
魚万楼
 造園設計・施工=LANDSCAPE NIWATAN

蕎麦と菓子、過去と現在をつなぐ庭
本家尾張屋・本家尾張屋 菓子処
 造園設計・施工=西海園芸

対談 
庭が醸し出す空気感が時をつなぐ
山口陽介/西海園芸副社長×稲岡亜里子/本家尾張屋代表取締役

都市空間で新たなアウトドアフィールドを提示する
UPI京都
 造園設計・施工=西海園芸

室内で循環する環境がつくるリアルな森
UPI表参道
 造園設計・施工=西海園芸

座談会
「自然とは何か」を模索し続ける実験的空間
山口陽介/西海園芸副社長
山﨑智貴+ハビエール・ビヤール・ルイズ/ハプンスタンス・コレクティブ共同代表
大社善信/アンプラージュインターナショナル


NIWA SPECIAL REPORT
古民家再生と作庭で描く那古野・四間道の情景
名古屋市西区
biquette 四間道店/那古野茶房 花千花
旬魚 すし和/HOTEL和紡
 造園設計・施工=四季庭 仲本造園

対談
食文化・伝統・観光を軸に那古野をブランディングする
仲本昌敏/四季庭 仲本造園代表×伊藤維雄/不動産工房代表取締役


NIWA SPECIAL REPORT
町家を今に生かす奈良町の庭

奈良県奈良市
奈良町宿 紀寺の家
 造園設計・施工=古川三盛
 庭園管理=大岸禄弥造園所

木屋/西村邸/cizima
 造園設計・施工=土屋作庭所

寄稿
ノコギリとハサミの妙技  文=古川三盛


連載
磐座探訪(第11回)
七五三ヶ浦の目玉石(愛媛・今治市)
 写真・文=須田郡司/巨石ハンター

歴史をひもとき未来へつなぐ永遠の名庭園(第9回)
巧な場面転換で来訪者を魅了する庭園
真如苑真澄寺別院流響院庭園(京都・左京区)
 文=吉村龍二/環境事業計画研究所 代表

石造文化財の新たな視点 命石をめぐる(第2回)
益田岩船・橘寺石燈籠
(奈良・橿原市、明日香村)
 取材・文=中川晋輔、吉田浩志/日本命石協会

現場で役立つ 職人の知恵と技術(第34回)
石積編24 富山の石
(1)富山城の石垣
 文=内田 均/東京農業大学 地域環境科学部 地域創成科学科教授

庭道具考(第11回)
対話と研鑽のアール
根切りバール/京都カネブン・成瀬農機具
 取材・文・写真=浦田浩志

未来を植える人びと~植木生産者を訪ねて~(第18回)
晝間智嗣/秀花園


NIWA COLUMN
みどりの力(第30回)
アートコレクターの顔を持つ
造園家・寺田小太郎が目指した「開かれた庭」
 文=渡辺眞弓/多摩美術大学美術館 学芸員

時代の気分(VOL.30)
暮らしのメリハリづくりで気づく真のライフスタイルのあり方
 文=小原直花/伊藤忠ファッションシステム ナレッジ開発室 室長


NIWA NEWS

NIWA BOOK
NIWA CALENDAR

246号に協力いただいた方々

庭NIWA倶楽部

NIWA info
プロダクトNo 2000
出版社 建築資料研究社
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。