ニューモデルマガジンX 定期購読・最新号・バックナンバー

ニューモデルマガジンXの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ニューモデルマガジンX雑誌の詳細です。


ニューモデルマガジンXの公式サイトへ
本・雑誌 ニューモデルマガジンX
本・雑誌内容 迅速なニューモデル情報、鋭い視点のクルマ社会関連記事。「ニューモデルマガジンX」は真実のみを追いかけます。自動車メーカーに媚びない鋭い批評、有名評論家による記事などでクルマ好きの読者にとって本当に必要な情報をお届け。クルマの購入を考えている人は必読の雑誌。交通関連の政策など政治問題にも切り込んでおり読み応え抜群です。
本・雑誌内容詳細 ★国産車SCOOP★
みんなが知りたいのに、まだ誰も知らないアクアの真相
シビック・タイプRマイナーチェンジと同時にカーボンルーフ採用車発売
図解資料ならわかりやすい日産GT-Rニスモの要点
発売から1年で見えた新型クラウンの弱点
テスラ・モデルSを意識して(?)流麗シルエットに磨きかかるMIRAI
デイズ・ルークス&eKクロス・スペースが新型タント登場後1年以内に追撃
ヤリスGRのテスト目的は4WDシステム確認だった
発売後10年を迎えるのに改良&継続販売。レクサスGXはどこが変わる?
分散開催の東京モーターショーで漏らさずに見ておきたいオールスター大集合
マイナーチェンジでセレナがサポカーSワイドに該当
EyeSight用カメラの開発遅れが災いして次期レヴォーグ発売遅延の可能性も
我ら読者SCOOP探偵団
編集部予想ニューモデル発表スケジュール

★輸入車SCOOP★
メルセデスベンツBクラスはAクラスの15万円高で広い荷室が手に入る
ニュルでのテスト走行を激写!メルセデスベンツCクラス
メルセデスベンツGLBはGLAより少しサイズアップ
最終市販に近いモデルをキャッチメルセデスベンツSクラス
メルセデスAMG・CLA45世界最強レベルの2ɜターボ搭載
FRモードつきAWDシステム採用BMW・M3
セアト・レオン兄弟車のゴルフに合わせてモデルチェンジ
E43→E53のように車名変更あるかも?メルセデスAMG・E63
標準車をはるかに凌ぐ存在感メルセデスAMG・GLS63
伝統のFRからFFへ大きく変わるBMW・1シリーズハッチバック
お馴染みのイメージを踏襲ポルシェ911タルガ

★REGULAR&EXTRA★
マガジンX厳選 最新NEWS&TOPICS
高速道路120km/h適用区間拡大の可能性は?
バス業界の深い闇
《TOP PAGE》欧州環境規制へ対応急務だがクリアは至難の業
《道路問題》高齢者に免許返納させても交通事故は減らない
スズキ202万台リコールで自動車業界騒然!!
ある整備業専業店経営者の独り言【第5弾】
ユーザーに知ってもらいたい中古車流通の裏話【第9回】
国内乗用車メーカー7社2018年度決算まとめ
4種類あるリコールの市場措置。保証延長には注意!
関伸一のものづくり直言【第33回】
自動車アラウンド・ザ・WORLD【第70回】
《トヨタRAVパワートレイン違い燃費実力対決》2Lガソリン vs 2.5Lハイブリッド
底値まで待って買いたい新車【三菱デリカD:5】
気になるCAR(か)らトコトン聞きたい【三菱eKクロスの巻】
よこ山昌一のディーラー車試乗記【日産デイズ/三菱eK】
第18回上海国際自動車工業展覧会レポート
西川淳のKYOtoKYO【BMW・M2コンペティション】
《試乗レポート》フィアット500X
《New Model Review》マツダ3
川端由美の世界を駆ける!!【 第20回】
《N.Y.マンスリーレポート》NYオートショーに行った!
《フォトレポート》開館30周年を迎えたトヨタ博物館
ニューカマー喜怒愛楽【メルセデスベンツAクラス】
《販売事情1》車名が復活したモデルの販売現場での評判
《販売事情2》レクサスブランドは迷走しているのか!
東日本大震災「8年目の真実」【第13回】
新車販売情報室2019
元木昌彦の一刀両断
自動車王国開拓者たちの挫折の歴史
ざ・総括【日産デイズ&三菱eK / BMW・3シリーズ/フォルクスワーゲンEA211エンジン】
インドネシア国際モーターショー(IIMS)レポート
今月の新車情報 WHAT’S NEW
静岡ホビーショー2019
プロダクトNo 1999
出版社 ムックハウス
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。