NEW MEDIA (ニューメディア) 定期購読・最新号・バックナンバー

NEW MEDIA (ニューメディア)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

NEW MEDIA (ニューメディア)雑誌の詳細です。


NEW MEDIA (ニューメディア)の公式サイトへ
本・雑誌 NEW MEDIA (ニューメディア)
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細
【巻頭 オピニオン・インタビュー⑮】
P7  テレ東BIZ『豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス』
ジャーナリストとしての立ち位置
豊島晋作・テレビ東京 報道局 ニュースセンター
『News モーニングサテライト』キャスター、デジタル副編集長

【特集】ウクライナ侵攻がむき出しにしたデジタル空間の課題
P11 「ウクライナ侵攻報道におけるネット上のフェイク対応」NHK文書回答

P11 詩「連帯と祈り ウクライナの障害のある同胞へ」
ふじいかつのり作

P12 山本龍彦・慶應義塾大学大学院法務研究科 教授に聞く
「情報戦と放送の役割」

P14 SNS動画戦争の衝撃とマスメディアの存在意義
文:辻 泰明・筑波大学教授

P16 デジタル政策フォーラム「緊急提言 3つの論点」
文:谷脇康彦・融合研究所 顧問

【特集】3・16 福島県沖の地震と災害対応「次のデジタル一手」
P20 3・16福島県沖の地震に即対応
東北大学「災害科学国際研究所」注目の動き

P22 京都大学「訓練アプリのビッグデータを南海トラフ避難に活用」

P24 東京都江戸川区「70万人区民の事前広域避難を促進する新施策」

P26 J:COM「福島県沖地震で活躍した災害対応放送・配信技術」

P27 サテライトコミュニケーションズネットワーク「マルチ画面をさらに強化“発災前の避難判断”を支援」

P29 都心部「防災」官民連携、分散電源の確保、安否確認にチャット活用
これが「次の一手」だ

P32 スカパーJSATの防災ソリューション
これまで以上に衛星は防災に役立っていく
對馬義行・スカパーJSAT 法人事業部長
池野 陽・スカパーJSAT 法人事業部 第1チーム長
古川 操・スカパーJSAT スペースインテリジェンス事業部長代行

P34 【連載】Mr.Tedのアメリカ最新メディア速報〔第144回〕
子どもの新しいオンライン保護規制

P35 【連載】趙章恩のKoreaメディアWatch〔第52回〕
Kコンテンツの飛躍を支えるバーチャルプロダクション(その2)
『愛の不時着』で有名な制作会社CJ ENMの拠点

【レポート】「NAB Show 2022」本誌カウントダウンセミナー
日本と比較しながら知る「米放送業界の広告ビジネスモデル」
P36 米・日の放送制度 ビジネス構成の違いからDXアプローチを考える

P37 大きく変化する広告と視聴調査

P39 日本の放送メディアが生かしたい米国の動向は何か

P41 Mizuno’s EYE
民放が「勝算なき同時配信」に本格参入
レポート:水野泰志・メディア激動研究所 代表

P42 【4者座談会】テレビから離れるのは若者だけではないようだ
では、どうする!?
小出 誠・日本アドバタイザーズ協会 専務理事補佐
伊藤隆行・テレビ東京 制作局エグゼクティブプロデューサー
奥 律哉・電通メディアイノベーションラボ 統括責任者
榊原 廣・大阪芸術大学 放送学科 教授

P48 放送局にゾクゾク ミステリアスtech集団❷
TBSテレビ未来技術設計部
国内とか放送とかにとらわれない“自由な発想”

P49 【連載】石川温の5G×DXレースを追う〔第25回〕
5G SAでゲームストリーミングのリアルタイム配信

P50 ウクライナ戦争で衛星ビジネス大異変
文:神谷直亮・衛星システム総研 代表/日本衛星ビジネス協会 理事

P51 3・24「日本vsオーストラリア戦」
ニッポン放送がオフチューブで実況中継
立川慎二・ニッポン放送 コンテンツプランニング部

P53 RX Japan主催「通信・放送Week」

P54 【連載】若林秀樹のニューメディア立国・都市開発シリーズ②
国家安全保障としての超伝導リニア新幹線

P58 飯田ケーブルテレビも大変身
リニア新幹線が飯田市にやってくる!

■広告
P2  一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会

P3  日本放送協会

P6  株式会社サーティファイ

P19  株式会社ビデオ・テック

P31  株式会社オーエスエム

P63  RX Japan株式会社

P64  株式会社ナノオプト・メディア

■連載執筆者紹介

テッド若山:米国放送業界アナリスト/NSIリサーチ 代表

趙章恩:ITジャーナリスト/KDDI総合研究所 特別研究員

石川 温:5Gジャーナリスト

若林秀樹:東京理科大学大学院 経営学研究科 技術経営専攻 教授
プロダクトNo 1998
出版社 ニューメディア
発売日 毎月2日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。