Newton(ニュートン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Newton(ニュートン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Newton(ニュートン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Newton(ニュートン)雑誌の詳細です。


Newton(ニュートン)の公式サイトへ
本・雑誌 Newton(ニュートン)
本・雑誌内容 科学雑誌Newton(ニュートン)は1981年の創刊以来、多くの方々に御愛読いただいております。ページ全面に展開するスーパーイラストレーションや美しくダイナミックな写真の数々、そして第一線の研究者に取材した正確でわかりやすいレポートがNewton(ニュートン)の特長です。Newton(ニュートン)は国際的にも高い評価を得ており、台湾版、韓国版、イタリア版、スペイン版、中国版も刊行されています。IT革命によって、私たちの周辺のメディアは驚くべきスピードでデジタル化しはじめています。ニュートンプレスではNewton(ニュートン)の編集を通じて蓄積された膨大な情報をデータベース化し、ネットワークや多様なデジタルメディアを通じて発信していきます。
本・雑誌内容詳細 Newton Special(1)

イーロン・マスクの
火星移住計画
どのようにして人類を火星に送るのか?
協力 森田泰弘/宮本英昭
執筆 小松研吾(編集部)

火星に100万人の都市をつくる─。民間宇宙開発企業「スペースX」を率いるイーロン・マスク氏が発表した壮大な計画とはどのようなものなのか? 火星への旅に必要なものとは?

Newton Special(2)

人工知能革命 第2回
会話するAI【試し読み】
人工知能が言葉を“理解”するしくみ

スマホの音声アシスタントなど,会話できるAIの存在はかなり身近になってきた。 人の声を聞き取り,まるで人間のような返事をするAIのしくみにせまる。

協力 青野裕司/岡崎直観/坪井一菜
執筆 福田伊佐央(編集部)

Newton Special(3)

時間を科学する 第2回(終)
心の時計,体の時計【試し読み】
大人の1年はなぜ短いのか?

心と体に流れている時間は,物理的な時間とはずいぶんちがう。 私たちにそなわっている「心的時計」と「体内時計」は,どうやって時間を“はかる”のか?

協力 石田直理雄/一川 誠/田中真樹
執筆 松田壮一郎(編集部)

Newton Special(4)

ランダムと乱数の奇妙な世界【試し読み】
「究極の不規則さ」をめざして

コンピューターゲームやAIの開発,ネット上の情報セキュリティなどを支える「乱数」。真にランダムな数字の並びをつくることは,実は一筋縄ではいかない問題だ。ランダムと乱数の奥深い世界をのぞいてみよう。

協力 田村義保
執筆 板倉 龍(編集部)

FOCUS
Biology
眠気の正体をつきとめた!
協力 柳沢正史
執筆 尾崎太一
Planetary Science
火星の地下から約30種類の有機物を発見
協力 杉田精司
執筆 中野太郎
Paleontology
恐竜絶滅の隕石衝突から生物は数年で復活した!?
協力 山口耕生
執筆 荒舩良孝

世界の絶景
ワイオタプ/チヴィタ・ディ・バーニョレージョ
編集部
 
Photo Report
化石を保存するタイムカプセル【試し読み】
生物の遺骸を材料にしてできた「球状コンクリーション」
協力 吉田英一
執筆 土屋 健
 
Topic
火星が地球に大接近!【試し読み】
15年ぶりの好機。秋まで観測を楽しもう
協力 渡部潤一
執筆 竹村真紀子(編集部)

Topic
掘削船「ちきゅう」が南海トラフ巨大地震に挑む!【試し読み】
海面下7000mの断層を掘り抜く航海へ
協力 JAMSTEC(海洋研究開発機構)/高知コア研究所/京都大学防災研究所/東京大学地震研究所
執筆 永原和聡(編集部)

トップランナー
軽量で曲げられる太陽電池【試し読み】
製造コストが半分以下の「ペロブスカイト太陽電池」
協力 宮坂 力
執筆 山田久美

身近な"?"の科学
辛味
協力 富永真琴
執筆 大嶋絵理奈

from Miraikan
ウシはすごい! 共生微生物を利用して栄養補給
日本科学未来館

宇宙天体百科
ペルセウス座流星群
執筆 渡部潤一

Basics of Science
振り子の等時性
協力 諏訪田 剛
執筆 永原和聡(編集部)
プロダクトNo 1991
出版社 ニュートンプレス.
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。