日経ビジネス 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ビジネスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ビジネス雑誌の詳細です。


日経ビジネスの公式サイトへ
本・雑誌 日経ビジネス
本・雑誌内容 日経ビジネスは、経営トップをはじめ、多くのビジネスリーダーが選ぶNo.1経済誌です。日々のより良い決断や行動に必要なのは、ビジネスの最前線、現場で生まれている「本物の情報」に他なりません。日経ビジネスは、経済分野における圧倒的な取材力で、各業界・企業の現場に食い込み、生きた情報をいち早くリポートします。各社が知恵を絞り、新たな事業や目の前の課題解決に挑む実例の中には、「そんな一手があったのか」と、あなたの発想力を刺激する“価値ある情報”が満載。また、注目の経営者、気鋭の人物へのインタビューでは、組織を背負って戦うリーダーたちの本音を引き出し、「リーダーがどう決断し、動こうとしているのか」に迫ります。「自分ならどうするか」―そう考えながら読み続けることは、新たな視点をもたらす糧となるに違いありません。鋭い先見性で「一歩先」を提示する日経ビジネスをぜひ定期購読いただき、あなたのお仕事、新たな挑戦の信頼に足るパートナーとしてお役立てください。
本・雑誌内容詳細 ▲2022年1月10日号 no.2123 1月10日発行


■特集 孫正義の 「資本論」 ソフトバンク、巨大ファンドの内幕

●孫正義の 「資本論」 ソフトバンク、巨大ファンドの内幕(010p)
●逆境を再び乗り越えられるか(012p)
● 「ポスト孫」 への備え 深夜の30分1本勝負と毎週変わる15年計画(014p)
●ラジーブ ・ ミスラ ソフトバンク ・ ビジョン ・ ファンド運営責任者に聞く 「楽観の孫さん」 と役割分担 15年間生き残る組織を(020p)
●後藤芳光 ・ ソフトバンクグループCFOに聞く 非常時には 「撃ち方やめ」 もできる(023p)
●金の卵の育て方 「群戦略」 の主役は我ら PayPayモデル世界に(024p)
● 「未来の孫正義」 を生めるか 起業家の目を覚ます日本上陸の余波(030p)


■第2特集 細切れ ・ 簡単 ・ 時短がキーワード 「タイパ」 時代に勝つマーケティング新潮流

●細切れ ・ 簡単 ・ 時短がキーワード 「タイパ」 時代に勝つマーケティング新潮流(042p)


■有訓無訓

●柳下 浩三 角上魚類ホールディングス会長兼社長 魚離れは問題じゃない客だけを見て、創意工夫で道を開く(005p)


■編集長インタビュー

●[ソフトバンクグループ会長兼社長] 孫正義氏 「いかがわしく」 あり続ける(034p)


■テックトレンド

●小売りDXの先兵 電子棚札に普及の 「第2波」 (050p)


■戦略フォーカス 新規事業開拓

●オプティム(農業向けAI ・ ドローンサービスを提供) 農業DXで 「エコ」 を価値に(056p)


■グローバルインテリジェンス

●アルゴリズムと人間の行動変容 「ユーザー目線」 が人類を救う(060p)


■小田嶋隆の 「pie in the sky」 絵に描いた餅ベーション

●虎の年にやるべきこと(062p)


■電子版編集長セレクト

●ゴーン元会長 「日本に攻撃され、フランスに捨てられた」 (066p)


■連載小説 小説 国産紙幣誕生

●(072p)


■エッセイ 故きを温ねて

●第14回 阿倍仲麻呂 ~ふるさと紀行 その1(078p)


■敗軍の将、兵を語る

●ホテル撤退、真の理由 平良朝敬氏 [かりゆしグループ会長](082p)


■ファクターXを探して

●第2回 医師200人へのラブレター(086p)


■今週の一冊

●自然とつながり心を耕す(090p)


■世界鳥瞰

●エコノミスト 巻き返し図るアストラゼネカ(092p)
●フィナンシャル ・ タイムズ 類人猿が示す、Web3の世界(094p)


■時事深層 新春スペシャル ニッポンの活路(上)

●人材育成 「突然変異体」 の10代を鍛えよう(096p)
●脱炭素 「分厚い付加価値」 で勝負しよう(098p)
●イノベーション 顧客が抱える問題を発見しよう(100p)
●新規事業 失敗恐れず経営資源の3割注げ(102p)


■ニュースを突く 企業経営

●EVシフト、トヨタの本音(105p)


■編集長の視点/取材の現場から

●大ぼら吹きから資本家への転身(106p)


■賢人の警鐘

● 「成長力生かせぬ日本人、閉塞感の源はリスク回避。可能性を信じて前進を」 人事院 総裁 川本裕子(110p)
プロダクトNo 1934
出版社 日経BP
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。