ドラマ 定期購読・最新号・バックナンバー

ドラマの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ドラマ雑誌の詳細です。


ドラマの公式サイトへ
本・雑誌 ドラマ
本・雑誌内容 1979年7月の創刊以来、脚本家志望者のための創作講座や作家インタビュー、テレビ ドラマの話題作や芸術祭などの受賞作の脚本を掲載しています。またテレビ各局主催の脚 本コンクールの公式発表誌となっています。フジテレビヤングシナリオ大賞、テレビ朝日 21世紀新人シナリオ大賞、日本テレビシナリオ登龍門(05年で終了)、創作テレビドラマ 大賞(放送作家協会・NHK)、BS-i新人脚本賞など。これらのコンクールの受賞者 の殆どが本誌の読者です。21世紀に入り、インターネットの普及と地上波デジタルによる 多チャンネル化で、映像ドラマの需要が増大しています。映像ドラマの基は脚本です。本 誌の役割はますます重要になっています。
本・雑誌内容詳細 ◆シナリオ
テレビ朝日 金曜ナイトドラマ
岡田惠和『セミオトコ』第1話・第2話・第3話
 主人公はセミ。何年もの間、地中で“その時”を待ち続け、ようやく羽化を迎えたそのとき、頭上から落下してきた女性・由香の下敷きになりそうになる。由香の機転により、ぺしゃんこの難は逃れたものの、由香の寂しそうな雰囲気が気になってしまったセミは「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願ううちに、人間の姿になってしまう。人間の姿で由香に、命を救ってもらったお礼を伝えたセミは、「恩返しに何でもしますから、7日間一緒にいましょう」と持ちかけ、ふたりの7日間限定の生活がスタートする……。
 セミとアラサー女子のひと夏の出会いと別れの物語――。
 岡田氏のコメント『作者ノート』も掲載。
出演:山田涼介 木南晴夏 今田美桜 三宅健 山崎静代 やついいちろう 北村有起哉 阿川佐和子 檀ふみ ほか

◆シナリオ
NHK総合テレビ(制作:大阪放送局) よるドラ
森下佳子『だから私は推しました』第1回・第2回
 「他人からのイイネが無いと不安……」 「みんなが良いって言うものしか良いって思えない……」
 そんな生きづらさを抱えるヒロインの人生を変えたのは、一人の冴えない地下アイドルだった……。地下アイドルと出会い、ヲタク沼にハマったOLを待ち受ける意外な運命とは――。 自ら愛したものに突き進むヒロインの転落と成長を、“地下”のディープな世界の中で描く。
 森下氏のコメント『作者ノート』も掲載。
出演:桜井ユキ 白石聖 細田善彦 松田るか 笠原秀幸 澤部佑 村杉蝉之介ほか

◆新鋭作家インタビュー
菊地百恵
 本誌連載でもおなじみ、北阪昌人氏から学び、昨年ラジオドラマ作家としてデビューを果たした期待の新星・菊地氏に、作家を志した経緯、ラジオドラマの魅力、今後の抱負などを伺う。

◆連載
北阪昌人の RADIO DAYS(5)
 ラジオドラマ脚本の第一人者としての日々の雑感など綴るパートと、ラジオドラマ脚本の誌上講座「3分でわかるラジオドラマ実践図解講座」の2部構成で、ラジオドラマを創る楽しさを紹介していく。

こうたきてつや(日大名誉教授)/平成ドラマ史への覚書〈一九八五~二〇一五年〉(6)
 「平成」時代にどんな作家が、どんなドラマを描いてきたのか? 平成ドラマの軌跡を辿る。今回は「プロデューサー時代の次世代作家(2)《一九九〇~九四》」。

寺田憲史『創作願い クリエイティブの鉱脈を探す旅』(33・最終回)
 アニメシナリオを起点に様々なジャンルの作品を手掛けてきた寺田氏が、自身の経験などを基に、激動の現代を生き抜くヒントを綴る。最終回の今回は「自分流のすすめ2」。

放作協通信(82)
 一般社団法人 日本放送作家協会の最新情報を伝える広報ページ。
 今回も日本放送作家協会創立60周年記念特集と題し、協会が長年審査で携わっている『NHK杯全国高校放送コンテスト』について、さらだたまこ理事長が紹介する。

◆シナリオ公募情報
(審査結果)
第15回 北のシナリオ大賞
日本放送作家協会60周年記念企画 にしき堂プレゼンツ ラジオドラマ『広島もみじまんじゅう物語』シナリオ募集
(中間審査結果)
第44回 創作テレビドラマ大賞大賞 一次審査通過作品
(募集要項)
城戸賞
南のシナリオ大賞
シナリオ・センター大阪校5枚シナリオコンクール
橋田賞新人脚本賞
『聖教新聞Presents ラジオシアター~文学の扉』ラジオドラマ脚色大賞
テレビ朝日新人シナリオ大賞

◆ライター掲示板
新井友香/太田ぐいや/鹿目由紀/スギタクミ/高木登/土橋章宏/伴一彦/三上幸四郎/吉本昌弘

◆トピックスコーナー
ギャラクシー賞受賞作/ATP賞グランプリ/新刊案内

◆オーディオドラマコーナー
プロダクトNo 1891
出版社 映人社
発売日 毎月18日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。