土木技術 定期購読・最新号・バックナンバー

土木技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

土木技術雑誌の詳細です。


土木技術の公式サイトへ
本・雑誌 土木技術
本・雑誌内容 月刊誌「土木技術」は 1946 年の創刊以来、国内外の最新技術を土木技術者にお伝えすることを通じて、土木技術の高度な発展に貢献してきました。しかし近年、情報科学技術の発達やニーズの多様化などを背景として、土木技術と他分野技術との垣根が取り払われつつあります。 「土木技術」が今後も社会に貢献し続けるために、2017 年 1 月号より内容を大きく改変しました。「社会と土木を結ぶ総合雑誌」を新たな理念に掲げ、土木技術者に対しては土木が支える幅広い対象に関する総合的知識を、技術者でない方にも日常生活において土木が支えている様々な形態を、お伝えする雑誌でありたいと考えています。
本・雑誌内容詳細 土木技術 Vol.76 5月号
特集//曲線と土木

■イントロダクション●曲線と美と技術
月刊「土木技術」編集部 編集長/今枝 宏光

■特集1●岩国錦帯橋のアーチ構造―構想から実現へ,そして継承―
早稲田大学名誉教授/依田 照彦

■特集2●曲線と道路―安全な道路のために
国立研究開発法人 土木研究所 地質・地盤研究グループ/間渕 利明

■特集3●変化する川―川,本来の4次元曲線―
国立研究開発法人 土木研究所 水環境研究グループ/中村 圭吾

■特集4●アーチダムの曲線美
一般財団法人 ダム技術センター/川﨑 秀明

■特集5●曲線と鉄道線路―曲線が決める鉄道パフォーマンス―
株式会社 日本線路技術/高井 秀之

■特集6●シールドトンネルと曲線―曲線を掘るために―
奥村機械製作株式会社/広野 和正

■特集7●交通の接点「垂水ジャンクション」―建設の記録(23年前の記憶)―
前 国土交通省 近畿地方整備局 道路部/河合 良治

■新連載 机の上の土木の模型●『都市を作る模型 GEOCRAPER』

■構造物偏愛のすすめ●ロシアの地下鉄駅

■スポットライト●「橋」に,恋して
株式会社 エイト日本技術開発 国土インフラ事業部/椛木 洋子

■戦後国土計画の軌跡 下河辺淳とその時代●国土計画と戦後港湾整備(1)
千葉大学 工学総合工学科 都市環境システムコース/豊川 斎赫

■新連載 明治・大正の土木技術者らに学ぶ“気概”と“志”●明治を牽引した密航者たち
いであ株式会社 営業本部/原 稔明

■土木の博物館●青函トンネル記念館-世界一体験ゾーン-
一般財団法人 青函トンネル記念館 事務局/工藤 幸治

■松田芳夫の内視鏡●農業の衰退と農地の在り方を考える
一般社団法人 全日本建設技術協会/松田 芳夫

■女性技術者からのメッセージ●今までの土木人生の歩みとこれからへの思い
株式会社 東急設計コンサルタント 都市・土木本部/広沢 望

■書評のコーナー●「進化」の本質をあらためて問う
サイエンスライター/細川 博昭
プロダクトNo 1884
出版社 土木技術社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。